FC2ブログ
2018 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 01

【熟女体験談】小柄で大人しい感じの熟女を紹介され、ベッドに行っても大人しいことに興奮し、新鮮な気持ちで中出しSEXできた

kage

2018/12/20 (Thu)

20代後半の独身彼女なし。

俺は熟女が好きでAVも熟女モノをよく見ます。

趣味はパチンコですが好きになった理由もパチ屋に行くと熟女さんも多いし

夏なんかだと下着が透けてるような熟女さんもいてそれを見るのが楽しみで行っていた。

いつの頃からか1人のおっさんと仲良くなって

ベンチで休憩しながらいろんな話をするようになった。

お互い勝っているときは缶コーヒーやタバコをおごったりしていた。

ある日、おっさんとベンチに座って女性の評価みたいなのをしていた。

「あの女はそうとうヤリマンだぞ・・」とか

「あれはデリの時間潰しくらいだろうな~・・」とか

おっさんは好き勝手言ってた。

そんな中、1人の熟女さんが前を通った時に

「あ・・今の熟女さん俺の好みだ・・」と言うと

「兄ちゃん・・若いのに年増好きなんか?」と聞かれ

パチ好きになった理由も含めて熟女好きの話をした。

【熟女体験談】孫がオナニーをしていたら、おばあちゃんに見られてしまい、手コキからの近親相姦筆下ろし

kage

2018/12/20 (Thu)

俺は物心ついたころには父親はいませんでした。

母親と祖母と俺の3人が小さな部屋に住んでいました。

母親はずっと仕事をしており俺が中学から帰ってもおばあちゃんがいるだけでした。

ずっとおばあちゃんこでした。

今、数えると俺が14歳。母が35歳、おばあちゃんが還暦の六十路の時でした。

学校から帰ると誰もいませんでした。

おばあちゃんはもしかして買い物にでも行ったのかなと軽く思っただけでした。

することもなく2部屋しかない一部屋でぼんやりと思向けになっていると、

自然に手がペニスへ行っていました。

次第に興奮してきて、俺は全裸になり仰向けになってゆっくりと擦っていました。

其の時は神経を集中していたのか、

おばあちゃんが帰ってくるなんて思ってもみませんでした。

そこへ、突然、ドアを開けてあばあちゃんが入って来ました。

【熟女体験談】奇跡のような上玉援交おばさんが美魔女を連れてきて3Pしようと誘ってきた

kage

2018/12/20 (Thu)

人妻の朋美は子供を産んでないせいか、

引き締まったプロポーションと

しまりのいいキツいおまんこで、

整った顔といい、たわわなおっぱいといい、

奇跡のような上玉援交おばさん

出会い系で会った朋美とは、

セフレとしてたびたびセックスするエロい関係だった。

ホテル代や食事代などの費用を負担してもらえることを考えると、

風俗なんてアホらしくなるくらいのすばらしい相手だ。

こんな出会いがあるのもまさに出会い系ならではだと思う。

待ち合わせ場所で待っていると、

朋美の運転するシルバーのベンツが止まった。

いつものように助手席に乗り込むと、

後ろの席に朋美とはタイプの違う

清楚な感じのショートカットの美熟女が乗っていた。