FC2ブログ
2018 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 01

【熟女体験談】嫌いな上司への復讐として、黒いマンコの上司の奥さんに中出しSEXで孕ませた

kage

2018/12/04 (Tue)

僕は上司が嫌いです。

話が合わないと言うか、やり方と違うと言うか、なんか感じが違うので、とても苦労します。

上司と言っても年は3つ上くらいで、年齢が近いのでちょっとやりづらいです。

上司が大嫌いでも会社を辞められないのが、サラリーマンのつらいところです。

いつか上司をギャフンと言わせてやろうと、いろいろ考えていました。

上司の奥さんは25歳くらいで若く、正直とても綺麗です。

小さい会社なので、上司に弁当を持ってきたり、遊びに来たりする際に何度か顔を合わせて話したことがあります。

すこしの時間しか話していないのにとても気があって、話が弾みました。

もう上司の奥さんだということも忘れてしばらく話していると、上司に「仕事に戻れ」と怒鳴られてしまいました。

こんなことはしょっちゅうで、自分のミスを僕のせいにして僕に始末書を書かせたり、1分でも遅刻すると10分くらいくどくどと怒られます。

さらに僕だけ昼食に誘わないとか、仲間はずれも日常茶飯事です。

仕事でも僕にだけ資料を見せずに、会議中「資料を見てないのか?」と怒鳴られます。

「見せてもらってません」と口答えをすると

「見せなくても、自分から見に来るもんだろ!」とみんなの前で怒鳴られてしまいます。

そんな胃の痛い毎日を送っていました。

年末に会社で忘年会をやることになりました。

【熟女体験談】溺愛する息子のオナニーサポートをし、SEXしたくなってしまっている母

kage

2018/12/04 (Tue)

私は息子のオナニーを手伝っています。

私の年齢は37歳、息子15歳で高校1年です。

オナニーの手伝いを始めたのは、
一ヶ月ほど前の夏休みからです。

夫はファミリーレストランに勤めています。

そのため巷が休みの時は家に居たためしがありません。

当然夏休みの間はほとんど息子と二人です。

以前より私は息子を溺愛気味でしたので、
息子と二人きりの生活が楽しくてたまりませんでした。

買い物に行くにしても息子を連れ、
デート気分で行くほどでした。

そんな日が数日続き、
息子の部屋の掃除中にHな本を見つけました。

私は年相応の事と思いながらも、
いたずら半分でその本の事で息子をからかってみたのです。

帰ってきた息子をリビングに呼び、
本の事を咎めるそぶりを見せて反応を楽しんでいました。

【熟女体験談】父のDVから逃げてきた母と尻の穴からおまんこ迄、しゃぶりまくり、3度は中出しSEXしないと物足りない

kage

2018/12/04 (Tue)

オレは28歳、普通の会社員。

オレの両親は仲が悪く、いつも喧嘩が絶えなかった。

そんな家庭環境が嫌でオレは独り息子だったが家を出て働いていた。

以来、近くに住んでいるにもかかわらず実家にはよりつかずにいたが、
今年の春、今年55歳になる完熟母がオレのアパートに転がりこんできた。

その頃からオレと母の関係が徐々に変化していった。

聞けば、やはりオレが出て行ってからも親父のDV,暴力は無くならず、
堪えてきた母も限界に達して家を飛び出したらしい。

夫婦喧嘩のとばっちりは嫌だったのに結局巻き込まれた挙句、
離婚もままならないまま、親父公認でオレと母は一緒に住むことになった。

しかもオレの部屋は1ルーム、大家にばれたら不味いと思い、すぐに、2DKのマンションに移った。

最初は迷惑極まりないと思っていたが、母のいるおかげで炊事、洗濯などが楽になったもので次第にそんな事どうでもよくなっていた。

で、ここまでは普通の母子だったが、母も生活の足しにと、働きはじめた。

知り合いのブティックで働き始めた母の姿は俺の知っている所帯じみた母の姿ではなかった。

髪型を整え、きっちりと化粧をして正装をした母は品があり息子であることを差し引いてもきれいな女性だった。

確かに母は肉感的で、鼻筋の通った顔立ちをしている。

小さかった頃、学校の女の先生に「K君のお母さんって綺麗なヒトねぇ」と言われた事があったのを思い出した。