FC2ブログ
2018 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 10

【熟女体験談】ネットの友人に公認寝取られプレイに誘われ、Wピースしながらフェラの写メを撮るムッチリ人妻

kage

2018/09/26 (Wed)

俺はジオラマが趣味で
ネットでも共通の趣味もつ人達と
SNSを通じて知り合いました

それで、スカイプとかで
会話とかもしていたんだが
ある既婚者の男性と二人でジオラマについて
色々話をしていると

次第にエロばなになっていた

その既婚者の男性はハンドルネームが
「マンボウ太郎」って名前で
太郎さんって呼ばれていたんだが

太郎さんはM男で妻が寝取られて
目の前で他人棒でヨガる妻をを見たいと言ってきた

それで良ければ妻を抱いてくれないか?

っと公認寝取られプレイに誘われたんです

俺は全然かまわないけど
トラブルになっても嫌なので

本当にいいんですか?

って何度も確認すると

是非とも!お願いだ!

というので
後日、太郎さんの奥さんとSEXする事になった

【熟女体験談】キチガイ痴女な母二人という異常な三人暮らしが始まり、騎乗位で逆レイプされてしまった・・・

kage

2018/09/26 (Wed)

「たっくん、ご飯できたわよ」

土曜日で予定がなかった僕は
漫画を読みながら
ベッドでゴロゴロしているといつの間にか
眠ってしまったらしい

僕は母が呼ぶ声で目が覚めて
リビングに行くとテーブルには
お皿の上にコロッケが山盛りに出来ていた

「今日はたっくんの好きなコロッケだからねー」

と笑顔で言う母に
継母が

「あら、たっくんはもうちょっと
カリって揚げたコロッケが好きなのよ~」

と得意そうな顔で言い始めた

「あら、紗英子さん、そんな事ないわよ
たっくんは私が作るコロッケが
昔から大好きなんだから」

「美佐さん、それは昔の話でしょ?
今は私の作るコロッケが一番好きなんだから!」

と一触即発の雰囲気になってしまう

【熟女体験談】事務所のカギを閉め、誘惑してきた女上司と残業中に中出しSEX

kage

2018/09/26 (Wed)

クリスマス前に48歳の女上司と
二人っきりで残業をしていた

女上司は人妻でグラマースタイルの
豊満熟女フェチにはたまらない体型をしている

俺は33歳ですけど
前々からグラマーな熟女上司の事は
女性としても気になっていました

仕事も有能でインテリだし
尊敬の出来る美熟女上司でした

そんな女上司と残業をしていて
食事ということになり

コンビニで簡単な弁当を買って、
二人で会社のソファーで向かいあって
食べている時だった

向かいあっていると、
美熟女上司がミニスカートで
むき出しの足と動きによってははっきりと見える
スカートの奥、三角地帯が気になって
目のやり場に困ってしまったのです

そうこうしているうちに、
女上司もそんな私に気づいたらしくて、
隣に移動してきたのです

【熟女体験談】玄人女とばかりSEXしていた板前が新しく入った仲居の声に惚れた結果

kage

2018/09/25 (Tue)

九州にあるとある旅館で
板前として働きはじめたのは41歳の時でした

私は一箇所に定住する事や
働き続ける事が元来無理な性格でして
数年経つとまた仕事を辞めての繰り返し

全国各地の旅館や居酒屋で板前として働き
根無し草のように生きてきました

そしてその旅館で働き2年が経った頃
いつもの虫が騒ぐのです

もう少ししたら
ここともおさらばだ

どこかまだ別のところに行こうと
思い始めした時でした

新しい仲居が入ってきたのです

年は53歳で見てくれは
普通の太ったおばさんでして
私は気にもとめませんでした

【熟女体験談】露天風呂で離婚後もSEXはしている元夫婦に誘われてはじめての3p乱交

kage

2018/09/25 (Tue)

父親として家族サービスも大事なお仕事です

ってなわけで私は
ゆっくり家族旅行に行く為に

世間がシルバーウィークで
休みのときに出勤して
振替で平日に家族旅行にいきまいた

まだ息子も幼稚園なので
こういう事ができるんですねー

小学生になると、さすがに学校休んで
家族旅行なんて無理ですから

という事で平日の空いている時に
2泊3日で某有名温泉の旅館に家族でいきました

初日は生憎の雨天で
観光予定も半分になってしまい

ほぼ旅館中で家族三人で
ゴロゴロしたりしてました

でも、毎日働くパパな私にとって
観光して色々行くよりも
こうやって部屋くつろぐ旅行の方が
優雅でありがたいんですけどね

それで、夜になり久々の旅行ということで
テンションの上がる妻はお酒も進み
酔いつぶれてしまいました

【熟女体験談】セフレの淫乱痴女でドスケベなおばさんと残業中に会社でガチイキ絶頂SEX

kage

2018/09/25 (Tue)

もう5年も性ペットして飼っている
セフレの六十路の高齢おばさん?老婆がいる

出会って頃はまだ50代だったがが
還暦を過ぎても男に甘えるしか脳がない
メンヘラなぽっちゃりオバサンで
俺は可愛がっているんです

ちなみに62歳のおばさんはバツ2で独身で
普段は清掃員のバイトをしている

それで俺が残業をしていると
メンヘラ還暦熟女からメールがきた

「今日はとっても会いたい
抱かれたい
近くにいるんだけど・・」

とストレートにエロエロメールがきた

職場にはもう僕しかいないから

「じゃあ、来なよ」

ってメールしたら

ガチャってドアが開き
ぽっちゃり豊満で厚化粧のセフレ熟女が
入ってきた

【熟女体験談】脇毛フェチが脇毛風俗嬢を見つけ出し、脇毛パーティを行う変態

kage

2018/09/24 (Mon)

私は映画鑑賞が好きでして
そのお陰といったらおかしいと思いますが
脇毛フェチになったのです

昨今では脇毛を
なかなか見かけるチャンスはありませんが

昭和時代の古い日本映画を見ていますと
美しい銀幕女優さん達が
ボーボーに脇毛を生やしているんです

美しい映画女優がまるでマン毛のような
脇毛を無邪気に晒している

そのギャップ、違和感に脳天を突き刺される程の衝撃を受けて
映画女優の脇毛が見えるシーンで停止して
静止画を食い入るように見つめ

そして、私はセンズリをするようにまでなりました

なんて艶やかな脇毛なのか・・・

美しく官能的な脇毛の匂いを嗅ぎ、舐め
そして脇にペニスを挟み腋コキしたい・・

と熱望するようになりました

しかし、素人で脇毛の生えた女性と知り合い、
そして卑猥な事をしてくれるという
アダルトな機会を得るのはほぼ無理、不可能だと思い
私は風俗を調べてみる事にしたんです

【熟女体験談】可愛がってくれたデブなおばさん事務員が逆レイプするように激しく上下運動してきた筆下ろし体験

kage

2018/09/24 (Mon)

僕は大学に進学せずに
すぐに正社員として働きはじめました

緊張&不安だらけの新入社員生活が
スタートしましたが
上司や先輩社員達は皆優しくていい人で

僕も足も引っ張らないようにしなければ!

って一生懸命働いていました

それで、そんな僕を凄く可愛がってくれたのが
54歳のデブなおばさん事務員のアキコさんでした

「可愛いわねー」

「ガンバって偉いわねー」

とかやたらと僕を気にかけてくれていて
それで、僕が20歳の誕生日の日

机を並べて座っているアキコさんから

「ちょっと」

と言われ、会社の屋上に呼び出されました

【熟女体験談】垂れ乳爆乳な義母と公衆トイレで青姦SEXしていたら男がやってきたので、義母を犯してもらった

kage

2018/09/24 (Mon)

垂れ乳爆乳な60歳義母と同居するようになって
5年目を迎えました

同居するようになって
すぐに60代義母と近親相姦するようになりました

義母との愛欲関係は、
亡くなった義父が亡くなる1ヶ月くらい前に

僕が垂れ乳爆乳な義母を
襲ったのが始まりでした

義父が入院した頃から義母の下着を物色して
義母もシミ付きショーツでオナニーしたり

わざと義母にわかるように
精液で汚れた下着を洗濯物の上に置いて
誘う様な行動をしていたんです

だから、垂れ乳爆乳の義母の方も
娘婿な僕との近親相姦を期待していた様で

義母の垂れ乳爆乳に吸い付きながら
オマンコを弄ってやったらすぐに
ヌルテカマンコになって
僕とSEXする気満々になっていました

挿入後は、
義母と言う立場も忘れて身悶えながら喘ぎ、
僕が膣奥に射精するまでに
興奮して二回続けてオーガズムに達していました

【熟女体験談】魔女っ子ヒロインのコスプレをした妻に逆レイプされた

kage

2018/09/23 (Sun)

不妊治療を諦めたのが33歳の時でした

年齢的にはまだチャンスが十分あったんですが

肉体的、そして精神的にも妻がきつそうだったので

夫婦で長い間話し合って
二人で仲良く生きていこうと決めたんです

最初はやはりお互いショックで沈み、
妻は妊娠・出産という言葉を頭から追い出そうと
必死に働いていて、
見ているだけで辛そうだけど

そんな妻に何も出来ない
自分が不甲斐なくてしょうがなく
妻、そして私にとっても物凄く辛い時期でした

でも不妊治療を諦めて
一年経った頃
妻は突然

「会社を辞めていい?」

と私に言ってきたんです

「もう一度人生を見直して
ちゃんとアナタと幸せになれるように
歩き出したいの・・・」

と自分の人生を妻は本気で向き合いたいと
言ってきました