FC2ブログ
2018 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2018 03

【熟女体験談】停電中に隣に住む旦那さんに天然妻を寝取られてしまった

kage

2018/02/17 (Sat)

実話なんですが
妻が寝取られたんです

私達家族が住むのは
山間に出来た田舎の住宅地

週末の午後7時位に、
仕事を終え自宅に向かっていると、
いつもは家の明かりが
いっぱい点いているんですが

何処の家も暗く
ホラー映画のように
不気味な雰囲気を醸し出していました。

パラレルワールドに
迷い込んでしまったのか?

恐る恐る自宅に着くも
我が家も例外では無く、
明かりは点いていません。

車を止め、玄関を開けようとしても
鍵が掛っていました。

その時です

隣の家から妻が出て来たんです

【熟女体験談】独身小デブ熟女店員に告白してエッチをしたものの遅漏でなかなか射精できず・・・

kage

2018/02/17 (Sat)

アルバイト先に一回り年上のムッチリとした
独身小デブ熟女店員がいたんです

当時俺は大学生でした

ぽっちゃり小デブフェチな俺は
熟女店員に告白したんです

「付き合ってほしい!」

って告白したが、
歳が離れてるって理由で振られ失恋!

せめて思い出だけでもと
12月の飲み会の帰りに
小デブ熟女の車で送ってもらってる車中で
童貞だった俺は

「筆おろしお願いします!」

と酒の勢いもあって
をお願いしまくったらokでた

「今は心の準備が出来てないから
明日で良ければ」

と言われ、俺には当然異論はなく約束した。

小デブ熟女の裸体を見ると
俺のみのスタイルが抜群

【熟女体験談】雰囲気も最高な豪華な旅館で童顔熟女とのセックス三昧

kage

2018/02/17 (Sat)

転任先でバツイチ熟女と
官能的な情事を体験し、
セックスパラダイスでした

自分が勤務している会社は
全員が年に数回地方に行くシステムがあります

僕はもう2回目の出向でした。

場所は詳しく言えませんが、
東北地方の小規模な地方都市

地方に行くとデカい地主だったり
力のある人っているんですよね

まずはそんな人達に
挨拶回りをするのが恒例なんです。

都内じゃ考えられない規模の屋敷に住む
地主さんに挨拶に行きました

見渡す限りの畑は全部その地主さんの土地で、
都市部にもかなり持っているとか

だいたい偏屈な老人が多いので、
元気良く礼儀正しく訪問しました。

10時頃行ったのですが、
まだ旦那さんは農作業中とのこと

そこで現場に向かいました。