FC2ブログ
2017 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 02

【熟女体験談】娘婿が義母に性感マッサージをしたら何度も膣イキさせてもヒルのようにしつこく求めてくるようになった

kage

2018/01/17 (Wed)

妻と結婚し、私は次男坊という事もあって
妻の実家に婿入り

その当時、義父は他界

妻は一人娘

そして、娘婿になり
義母と同居する事になり
1人で生活するのに不安を抱えていた
義母は大喜びで私を迎え入れてくれました

私が妻に惹かれたのは、
大柄で豊満なおっぱいと
腰の大きなナイスバディなところ

結婚して、その身体を抱けることが
何よりの楽しみで、若かったので、
毎晩喜んで妻を抱いて夫婦の営みをしていた

だんだんと妻も性の喜びがわかってくると、
喘ぎ声をあげ悶絶するようになった

私は、隣の部屋で寝ている義母に気兼ねして、
口を押えたり、声を出さないように言ったが、
こらえても、やはり自然に洩れるのである

そのうちに、義母の態度がだんだんと、
私と妻に辛くあたるようになってきた

【熟女体験談】大学を卒業しても童貞だった俺は新米社員の時に営業先の超熟女社員に逆ナンパされて筆下ろしされた

kage

2018/01/17 (Wed)

大学を卒業しても童貞だった俺は
新米社員の時に
営業先の超熟女社員に逆ナンパされて
筆下ろしされたんです

あれは新卒入社し、田舎にある支店に
配属された時のhな体験です

見ず知らずの町での営業で
全く成果があがりませんでした。

飛び込みで入ったある小さな工務店には
五十路前後の一人のおばさん事務員さんがいました。

俺の顔を見るなり、

「なにか営業に来たの?」

とニコリとほほ笑みながら対応してくれる
優しい年増事務員

通常カウンター越にしか対応してくれないんですが、
この愛嬌たっぷりのおばさん事務員は

「新入社員なの?初々しいわえ
まあコーヒーでも飲んで行きません?」

と椅子をすすめてくれ、コーヒーを出してくれました。

【熟女体験談】農家をしている嫁の家に婿入りしたオレは数の子天井を持つ義母の名器を味わっています

kage

2018/01/17 (Wed)

農家をしている嫁の家に婿入りしたオレ

毎朝、義父は田んぼに向かい
畑仕事をしている

妻は結婚してからも
仕事を続け出勤している

一方の娘婿なオレは
義母と軽トラックに乗り込み農作業に出かける

義母はレギンスにロング丈のTシャツ姿

農業からは想像も付かないが、
義母が着ると様になる。

義母が軽トラックに乗り込んだ瞬間、
何とも言えない甘い香りが漂い、
それだけで私はムラムラして勃起しそうになる

「今日は暑くなるかなぁ?」

「そうだね!もう既に暑いし」

田んぼに向かうと、義母は刈取り前の
田んぼに入り隅の稲を手狩りし始めた。

私も一緒に行き、手狩りを手伝いながら
義母のお尻を舐める様に直視