FC2ブログ
2017 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 01

【熟女体験談】単身赴任先で熟女と浮気し、オシッコ臭いシミ付きパンティーをもらってコレクション

kage

2017/12/16 (Sat)

単身赴任先でつい熟女の毒牙にかかり
浮気してしまった!

というのは嘘で、
自分からデートに誘ってしまったんだがw

相手は同じ仕事でパート主婦をしている
42歳のバツイチおばさんのシングルマザー

見た目はデカオバサンで
1m60cm少し有ると思う

いつもジーンズだが
ローライズのジーンズで、
しゃがんだり腰を曲げると
豊満な尻の割れ目も何度も見ている

おっぱいも大きいダイナマイト熟女

毎日顔合わすうちに次第に仲良くなり
色々話をするようになった。

ある休みの前日のこと、
俺がドライブに誘うと二つ返事でOKしてくれた。

朝待ち合わせの所へ迎えに行くと、
スキ二ージーンズっていうのか細身のピチピチのジーンズ。
おまけに本当に股上の短いものを穿いて、
上はTシャツのお腹の
下部の生肌が見える姿だった。

【熟女体験談】借金の肩代わりに妻がレイプされ、ソープ落ち

kage

2017/12/16 (Sat)

事務所に入ると、犯されている
妻の声が聞こえてきました

入り口にはあの男が立っていました。

口髭にサングラス、
黒の革ジャンを着た借金取りのヤクザ

私を見るとニヤニヤと笑います。

部屋の奥を見ると、なんと妻が
刺青の入った別の男に
背後から犯され凌辱されているんです

机の上に両手をつかされ、
仕事着の黒のスカートをたくし上げられ、
パンストもパンティーも無残に破られて
むき出しになった妻の尻

下半身裸になった格闘家のような
体格の刺青ヤクザが、
背後から腰を激しく打ち付けレイプしているんです

「ああっああ」

と苦しそうに呻く妻。

「やめろよ」

私はその男を止めるために近づこうとしたのですが、
入り口の男が私の腹に膝蹴りをして、
あまりの痛さに床に倒れてしまいました。

【熟女体験談】痴女な高齢オバサンに逆夜這いされ、M男体質に調教されてしまった

kage

2017/12/16 (Sat)

中学生になると俺は
家の離れの部屋で一人部屋を貰った

そして、高校生になると、
隣に住んでいる痴女な高齢オバサンが
逆夜這いしてきて
性処理をお願いするのが日課になった

隣のオバさんは55歳で、
お母さんよりも年上の高齢熟女

しかし厚化粧して派手で
髪も茶髪に染めているケバいおばさんだった

キッカケはよく覚えていないんだが、
夜中になると勝手口から抜け出してきたオバさんは、
寝間着の姿で俺の部屋に入ってきて
寝ている俺のチンポをしゃぶって逆レイプしてきた

気持ち良さのあまり俺が目を覚ますと、
寝間着を脱ぎ捨て俺の上に跨がり腰を振ってグラインド

腰をスライドさせながら野獣のように
激しく俺の唇や首筋、乳首に吸い付いて
何度も身体を痙攣させイキまくっていた。

淫獣のようなケバいドスケベおばさん