FC2ブログ
2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

【熟女体験談】スケベ心に勝てず、チャットで知り合った主婦に会いに行ったら萎んだおっぱいを持ったおばさんだった

kage

2017/09/22 (Fri)

チャットで知り合った四十路の主婦と
その日に、会える事になった

あまりにも話がうますぎて、
悪戯だろうと思っていたが
それは男の悲しいさが

スケベ心に勝てず、四十路の人妻熟女との
待ち合わせ場所に向かった

チャットの内容も積極的過ぎて
冗談みたいなエロい話だったので期待はしてなかった。

騙されに行こうぐらいの気持ちで行っていた

待ち合わせしたのがショッピングセンターの駐車場だったんだが、
どの車かわかりゃしねぇw

家族が多いから白いワゴンタイプの車、
と言ってたので屋上の駐車場を車でぐるぐる回ってみる。

そこへメールが来た。

「今駐車場ぐるぐるしてるのが俺君?
私車の前に立ってるから分かったら来て」

もっとどのあたりにいるか書いてくれればいいのに、
と思いながらもイタズラじゃないならいいか、
と思い直して目を凝らしながら前方を確認。

すると、連続して車が止まっている中に一台ワゴンが。

【熟女体験談】両親を亡くし、叔母に引き取られたが、叔母の裏の顔を知り毎日性教育を受けることになった

kage

2017/09/22 (Fri)

母を亡くし、父を交通事故で亡くしたのは
私が中学生の時

両親を亡くしてしまったが、
金銭面では問題なかったが
中学生という事で誰が保護者になるのか

という問題があった

両祖父母は既に亡くなっていたし、父は一人っ子、
母も妹がいたが連絡は取っていなったらしい。

母の妹の叔母が唯一の親族だったが、
見たことも無い人だったのでどうしようもない。

それでも、父の知り合い、近所の人たちの協力を得て、
私は何とか父の葬儀を済ませることが出来た。

その後が最大の問題だった。

私は、一人でも大丈夫だと思った、
でもそんな私の考えなど聞くわけも無く、
私をどうするかと積極的に意見するものが出てきた。

そう、この人たちは私に恩を売ろうと考えていたのだった。

父はそれなりの遺産を私に残していた。

そしてそれには幾つかの条件があったらしい。

暫くすると、表から一人の女性が家を訪ねてきた。

黒いスーツ姿の女性としては長身の人だった。

【熟女体験談】小柄なのにメロンみたいな大きなおっぱいを持つおばさんとの夢みたいな素敵な経験

kage

2017/09/22 (Fri)

岡山在住の55歳のおばさんと知り合った

そのおばさんのお子さんは都内の大学に通っていました。

知り合ったのはエキサイトです。

面白くもない私のメールに返事をくれた理由は、
家族がいて安全そうだった事と、
頼子さんの子供の大学の近くに住んでいて、
いざとなったら情報収集してくれそうだからですって。

最初は、世間話ばかり、
それから口説くのに実に4ヶ月です。

その間に一度だけ出張時に中年おばさんとお会いしました。

その時はお茶しただけで、
また岡山駅まで車で送ってもらいました。

頼子さんは小柄でお洒落な感じの人で、
結構グラマーなのに足が細いのです。

本当に普通の奥さんって感じでした。

そんなわけで、彼女が子供の
大学の下宿先に来る時があるので、
そのときに思い切って誘いました。

彼女はいたって真面目というか、
人間的にも立派で優しい感じの人でした。