FC2ブログ
2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

【熟女体験談】南国一人旅で、露天商の青年との予想外の夢のような夜の営み

kage

2017/09/06 (Wed)

娘が南の小島に嫁ぎました

そして、この夏に
一人で娘を訪ねる為に旅行に出かけました。

最後の日は娘の住む小さな島から大きな島へ渡り
一泊することにしました。

私は50代です。

これまで平凡に生きてきた主婦です

夫にも子供にも恵まれて特に不自由も
無く幸せに生きてきました。

大きな島も何度か訪れていて、
観光地も殆んど回り、特に行きたい場所もありませんでした。

一人旅は久しぶりでした。

午前中に大きな島に飛行機でつきました。

ボストンバッグは空港のコインロッカーに預けて
モノレールに乗りました。

そのまま市内のにぎやかな市場などを歩き、
昼食を食べてメイン通りを歩いていると、
歩道にアクセサリーを並べて売っている露天がありました。

何気なく立ち止まって見ていました。

【熟女体験談】息子が私のパンティーでオナニーをしているのを見て、たまらず近親相姦

kage

2017/09/06 (Wed)

用事があり、5時過ぎまで外出していました。

学期末試験を控え、
息子の学校は試験一週間前になると部活動を休止させる為、
息子の帰宅時間はいつもより早いんです

ということは、息子と一緒にいる時間は長くなります

私が帰宅すると息子の部屋は電気がついていました。

帰宅が予定よりも遅くなった事、
夕食の準備が遅くなった事、
息子とあれ以来会話をしていない事を詫び、
せめて「ただいま」ぐらいはとそう思い、
外出用の洋服を着替えるついでに二階の息子の部屋へと足を運びました。

その時、息子の部屋のドアは半開きになっており、
中が覗ける状態でした。

息子の唸るような声が部屋の近くに行くと聞こえてきました。

「まさか病気でも」

と一瞬思いましたが、ドアの隙間から
ズボンとトランクスが足先に絡んでいるのが見えた瞬間、
「ヤッパリ」と思いました。

すぐに、その場を離れればよかったのですが、
私の足は私の意思に反してその場から動きませんでした。

【熟女体験談】閉経の淫乱熟女は中出ししても余裕でぶりっこするからさすが違うと思った

kage

2017/09/06 (Wed)

大阪の某有名百貨店でパートをしている
53才の人妻おばさんと知り合ったのは、
俺がセールスをしてた時の事。

人妻は身長160位で、
ボディは普通だけど尻がデカイ

肉付きのデカ尻で
スケベそうな中年特有のお尻

またそのハスキーな少し低い甘えるような
声はなんともイヤらしかった。

たまに作業中にこちらに背を向けて
尻をつきだしている時等は、タイトスカートに
バンティラインが出ています。

おもわずそのまま捲ってバックから
犯してやりたくなるほどフェロモンがプンプン匂う
エロ熟女でした。

ある日、百貨店の飲み会があったのだが、
俺も関係者ということで呼ばれた。

二次会まで参加したが、
そのエロおばさんもやはり参加していた。