FC2ブログ
2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

【熟女体験談】男の子を性的に虐めるのが好きな痴女

kage

2017/09/30 (Sat)

私は痴女で、男性を性的に虐めるのが好きなんです

「なんでココもうこんなにおっきくしてるの?
エッチなこといっぱい考えてたんでしょ」

ってマゾな男の子を言葉責めしてイジメたい

耳に息を吹きかけたり、
耳たぶをはみはみしたり、
耳裏から首筋を、唾液がたっぷりついた舌で
全身リップして、M男を私の涎で恥辱したいんです

気持ちよさでつい漏れてしまう男の
吐息を聞くと私まで感じてしまう

男の乳輪をじらすように舐めたり、乳首を舌先で転がしたり、
唾液まみれにしたあとぢゅっと吸ったりして、
男の声がだんだん甘く恥ずかしい
喘ぎになっていくのを聞きたい。

騎乗位で挿入したら、上から乳首を指先でコリコリしながら、
いやらしくグラインドして、いっぱいマゾな男の子を虐めるの

そして、両乳首とおちんちんの三点が同時に気持ちよくなって、
時折体をひくつかせながら口を半開きにして感じている男の
恥ずかしい顔をじっと見つめてあげる。

【熟女体験談】母と風呂場で洗いっこし、男性器を優しく揉み解して近親相姦

kage

2017/09/30 (Sat)

お母さんの膣の温もりをペニスを感じ

全身に快感が走る

母も自分のペニスで快感を感じてくれるのか

小刻みな痙攣を数回繰り返し、

「あぁ~」と淫靡な嗚咽を漏らし絶頂し、

自分も射精した。

ペニスの痙攣が止むと、母は放出された精液をすべて

吸い取るかのように膣を締め、

ゆっくりと腰を上げて、結合を解いた。

立ち上がった母の女性器から、

精液が滴り落ち、膣口はザーメンに染まっている

浴室は、青臭い精液の臭いで満たされた。

その光景は、インスタントカメラやデジカメましてや

ビデオカメラなどのお手軽な記憶装置がない時代であったから、

いっそう鮮明な記憶となって、残っている。

その日、当時はすこぶるマイナーであった、

サッカー部の練習から自宅に戻ると、母は風呂を使っていた。

【熟女体験談】青春時代の中学生の時、激痛のお陰で熟女な看護婦さんにオチンチンを触ってもらった事がある

kage

2017/09/30 (Sat)

もう30年以上前

俺の青春時代の中学生の時
激痛のお陰で熟女な看護婦さんにオチンチンを触ってもらった事がある

朝、お腹に激痛が走った

歩けない、起き上がれないぐらいの激痛。

急性盲腸だったんだけど、
その時の診察での出来事。

診察台に左肩を下にして
膝を抱える形で寝かされた。

それで40代後半のナースさんが

「ちょっとごめんねー」

と言いながらジャージとパンツをぐいぐい下げて、
俺のお尻は丸見え男の医者が俺の背中側にいて、
肛門に指を入れながら

「ここは痛い?じゃあここは?」

なんて言いながらアナルをグリグリやってるの。

【熟女体験談】農家の奥さんが酔っていて腰砕けになっていたので、離れの倉庫に連れて行き、おいしくいただいた

kage

2017/09/29 (Fri)

田舎の農家でして、
冬になると50歳になる旦那さんは
単身出稼ぎにいきます

そして、この農家の奥さんは
48歳で年齢よりは若く見える。

子供も2人居る。

私は40歳、独身男

旦那さんがもう2ヶ月以上出稼ぎに出ているある日、
村で飲み会が行われ、タダ酒ということもあり、しこたま飲んだ。

隣の農家の奥さん、マコさんも相当飲み、
家が隣ということもあり、肩をかして歩いていた。

「ションベンしたいな。ちょっとしてきますよ」

女性が居るのに酔いで麻痺したのか、
5メートル位の所でシャーーと立ちション

「ちょっとーー、あたしも、お○○
漏れそう!しちゃおうかなー」

「えっ!」

思わず振り向いていると、
もぞもぞズボンを脱ごうとしている。

【熟女体験談】夫の朝起ちに興奮し、逆夜這いで朝から夫婦の営みする性欲過多な主婦

kage

2017/09/29 (Fri)

43歳になる主婦ですが、
最近本当に性欲が強くなってきました

幸い、四十路を迎えても夫も元気で
夫婦の営みは週に1~3回程あります

そんな仲良し夫婦ですが、
私のお気に入りのオチンチンは
夫の寝起きのオチンチン

朝立ちって
とってもパンパンに張っていて、
脈打っていて、逞しくって。

いつもよりも大きく感じます。

先日の朝起きると隣で寝ているダンナさんのオチンチンは
下着の上からでもわかるくらい勃起しています

前の晩はちょっと飲みすぎて
エッチ無しだったのでちょっと欲求不満

そっとダンナさんの下着をおろしてみると
朝起ちしています

軽く擦ったり先っぽに
「チュッ!」ってやっても
ダンナさんは起きません

【熟女体験談】パート主婦に不倫話を持ちかけ、調教し痴女に開発しようと企む経営者の息子

kage

2017/09/29 (Fri)

家族経営で、自分は
父が経営する小さな会社で働いています

しかし、最近いそがしくなり
仕事がまわしきれず、パートを雇う事になり、
面接をしました。

決まったのは四十路の中年主婦です。

まぁまぁ美人なおばさんですが、
おっぱいが小さい貧乳熟女です。

いつかはこのパート主婦とSEXしてやろうと思ってました。

数ヶ月たった頃、飲みに誘いました。

最初の頃は普通に飲んでるだけでしたが、
7、8回目の時、Hな話になったついでに、

「僕と不倫しませんか?」

と切り出しました。

最初は戸惑ってましたが、いきなりキスをすると、
おとなしくなりました。

【熟女体験談】高校時代の友人に妻を寝取られるとは思いもしなかった

kage

2017/09/28 (Thu)

高校時代の友人に
妻を寝取られるとは思いもしませんでした

あれは、私達夫婦+友人でカラオケにいった時に
事件がおきたんです

カラオケに行く前に、居酒屋で3人飲んでいて、
盛り上がっていたので
2次会でカラオケに行きました

1件目で日本酒をかなり飲んだこともあり、
カラオケでもかなり盛り上がってて楽しい時間でした。

2時間くらい歌った(飲んだ)でしょうか

かなり酔いも廻ってきて、妻もいい調子

友達にくっついたり、
肩を廻しながら一緒に歌ったりしていました。

私の親友でもありますし、
仲良くしてもらっているのは微笑ましくらいで、
嫉妬感は全くありまんでした。

【熟女体験談】人妻に逆ナンされたっぷりと中出し、孕ませSEXをしてやった

kage

2017/09/28 (Thu)

初めて逆ナンパされたんだが、
まさか人妻にされるとは思わなかった

あれは新宿についた俺はアルタの前を避け、
青信号を待っていた。

その時何とはなしに
対岸の一人の女性と目があった。

彼女はハッとして目をそらした。

カッコは地味だが、
目鼻立ちがすっきりした美人だった。

「あんな女とやりてーなーぁ」

と下品な事を思っていると青信号になったので渡りはじめた。

彼女は誰か待っているのか渡ってこない。

「ちっ、近くで見てやろうと思ったのに」

俺は自分で近づいていった。

驚いたことに、彼女は俺の方を
向いてまるで待っているかのようにしていた。

「やべっ、変な野郎だと思われたかな」

俺はつとめて然り気無く彼女の横を通り過ぎようとした。

【熟女体験談】ヘルパーの仕事で訪問した家のお孫のオナニーを見てしまい、抜いてくれと頼まれ・・・

kage

2017/09/28 (Thu)

現在、ヘルパーの仕事をしています

私の勤務している介護事業所は
小さい為、10人程で運営しています

社長はいつも営業周りしていて、
現状ではなんとか黒字を続けてはいるようで、
従業員も家族的なつき合いをしています。

私は朝から夕方まで、特別のキャンセルがない限り、
どこかの家に訪問し、身の回りのことをしています

高齢者と携わる仕事をしてわかった事ですが
皆必死に生きているといった感じで、
ヘルパーという仕事は必要だと感じ、
誇りを持って仕事をしています。

週に2回くらい行っているある高齢者家庭があるのですが、
不覚にも私はそこで罪?を犯してしまったんです。

いつもはその家庭は、おじいちゃん1人が家にいて、
家族の方は仕事でいないのですが、ちょうどその日は、
お孫さんが学校が休みで家にいたんです。

私は子供も2人います。

もちろん主人もいますが、
その日も家族の方がいないと思っていたのですが、
たまたま2階の掃除をしようと、階段を上がっていったのですが、
なんか変な声が聞こえるんです。

【熟女体験談】大人しそうな兄嫁がセックス好きのスケベな淫乱妻だった

kage

2017/09/27 (Wed)

同居生活というのは
エロハプニングに遭遇するんです

俺は28歳で普通の社会人の実家住み

実家には俺と両親と、兄夫婦の5人で住んでいます

ある日の平日、俺は有給休暇を使って
大好きなパチンコにいった

結果、午後2時時点で2万儲けだったので、
即止めしてルンルン気分で帰宅した

帰宅して家に入ろうとしたら玄関に鍵が掛かっていた

父親と兄は仕事に行って居ないのは分かってる。

母親と兄嫁は一緒に買い物かなと思い、
俺が持っている鍵で玄関のドアを開けた。

自分の部屋でオナニーでもして過ごそうと、
兄夫婦の部屋の前を通り過ぎて自分の部屋に行こうとした時、
兄夫婦の部屋から女の喘ぎ声が聞こえました。

しかも部屋のドアを少し開いている。

覗いてみると、そこには兄嫁の亜樹さんが
パンツだけ脱いでスカートを捲り、
左手で胸を揉みながら右手で電マを持ち、
自慰をしている