FC2ブログ
2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

【熟女体験談】淫乱痴女な叔母とのSEXは本能剥きだして色んな変態プレイを味わっています

kage

2017/09/23 (Sat)

彼女持ちの20歳の大学生ですが、
最近、親戚の叔母ともSEXをしているんです

叔母は母の妹で39歳になります

きっかけは、家族親戚でカラオケに行くことがよくあり、
カラオケ好きな叔母とぼくは二人きりで
よくカラオケに行くようになった事で
叔母と熟女体験ができたんです

初めの頃は歌を歌ってそれでお別れでしたが、
アルコールを飲んだりしてるうちになんとなく二人ともその気になり

カラオケボックス内でキスをしたり
三十路の完熟したおっぱいを揉み揉みしたりエスカレートして

さすがにそれ以上はカラオケボックスの店内では
出来ないので、ホテルへ行き、叔母と結ばれたんです

ぼくも四十路のオバサンとセックスするのは抵抗がありましたが、
いざやってみると自分の彼女(20歳)よりも
淫乱で変態でどんな事でも受け入れてくれるのでした。

彼女とのセックスはほとんど正上位ばかりですが、
叔母はどんな体位でも受け入れてくれますし

叔母との性行為で寝バックや松葉崩しが特に起きに入り

それに、彼女はフェラはあんまりしてくれないのですが、
叔母はすすんでフェラチオしてくれます

【熟女体験談】彼も既婚者なのに彼のことが欲しくなり、物欲しそうな感じで甘えるように、それでいてタッチとかハグなど大胆になりW不倫

kage

2017/09/23 (Sat)

結婚したけど、夫の稼ぎが悪いので共働き

仕事をしてると、
結婚したのに独身気分で、
ついつい浮気しちゃった

相手は取引先のYさん。

同い年の人で、主人よりいい男。

もう少し彼と出会うのが早ければなんて思ったけど、
残念なことに彼も既婚者。

それでも彼のことが欲しくなって、
飲みに誘ったんです。

最初は物欲しそうな感じで甘えるように、
それでいてタッチとかハグとかして大胆になりW不倫

普段とは違う私を見せて。

そうしたら彼もやる気マンマンに。

店を出てラブホに直行です。

タクシーの中で、激しくベロチューと
やらしいBODYタッチ。

私はもう、恥ずかしいくらいヌレヌレ

部屋に入るなり、もっと激しく抱き合って、
キスをして、剥ぎ取るように服を脱がしあって、
あっという間に2人とも下着姿。

【熟女体験談】中卒のヤンキーママから性生活の不満を聞かされ、その夜に身体の関係になった

kage

2017/09/23 (Sat)

職場恋愛をした事がある

相手は三十路の人妻

いわゆる不倫というやつ。

名前はナツコ。

中卒のヤンキー上がりなヤンキーママだが
人なつっこくマジメに仕事はする

顔は中の上くらい

少し仲良くなってきたところで、
いわゆる「性生活の不満」という愚痴を聞かされた

軽そうなので、ヤレそうだなと思い、
食事に誘うとホイホイ着いてきた。

当然その夜には人妻と身体の関係になった

一緒にシャワー

オッパイは小振りながら張りがあるお椀型

相当チンポに飢えてたみたいで、
シャワー後はむしゃぶりついてきた

これがまたメッチャ上手い

【熟女体験談】スケベ心に勝てず、チャットで知り合った主婦に会いに行ったら萎んだおっぱいを持ったおばさんだった

kage

2017/09/22 (Fri)

チャットで知り合った四十路の主婦と
その日に、会える事になった

あまりにも話がうますぎて、
悪戯だろうと思っていたが
それは男の悲しいさが

スケベ心に勝てず、四十路の人妻熟女との
待ち合わせ場所に向かった

チャットの内容も積極的過ぎて
冗談みたいなエロい話だったので期待はしてなかった。

騙されに行こうぐらいの気持ちで行っていた

待ち合わせしたのがショッピングセンターの駐車場だったんだが、
どの車かわかりゃしねぇw

家族が多いから白いワゴンタイプの車、
と言ってたので屋上の駐車場を車でぐるぐる回ってみる。

そこへメールが来た。

「今駐車場ぐるぐるしてるのが俺君?
私車の前に立ってるから分かったら来て」

もっとどのあたりにいるか書いてくれればいいのに、
と思いながらもイタズラじゃないならいいか、
と思い直して目を凝らしながら前方を確認。

すると、連続して車が止まっている中に一台ワゴンが。

【熟女体験談】両親を亡くし、叔母に引き取られたが、叔母の裏の顔を知り毎日性教育を受けることになった

kage

2017/09/22 (Fri)

母を亡くし、父を交通事故で亡くしたのは
私が中学生の時

両親を亡くしてしまったが、
金銭面では問題なかったが
中学生という事で誰が保護者になるのか

という問題があった

両祖父母は既に亡くなっていたし、父は一人っ子、
母も妹がいたが連絡は取っていなったらしい。

母の妹の叔母が唯一の親族だったが、
見たことも無い人だったのでどうしようもない。

それでも、父の知り合い、近所の人たちの協力を得て、
私は何とか父の葬儀を済ませることが出来た。

その後が最大の問題だった。

私は、一人でも大丈夫だと思った、
でもそんな私の考えなど聞くわけも無く、
私をどうするかと積極的に意見するものが出てきた。

そう、この人たちは私に恩を売ろうと考えていたのだった。

父はそれなりの遺産を私に残していた。

そしてそれには幾つかの条件があったらしい。

暫くすると、表から一人の女性が家を訪ねてきた。

黒いスーツ姿の女性としては長身の人だった。

【熟女体験談】小柄なのにメロンみたいな大きなおっぱいを持つおばさんとの夢みたいな素敵な経験

kage

2017/09/22 (Fri)

岡山在住の55歳のおばさんと知り合った

そのおばさんのお子さんは都内の大学に通っていました。

知り合ったのはエキサイトです。

面白くもない私のメールに返事をくれた理由は、
家族がいて安全そうだった事と、
頼子さんの子供の大学の近くに住んでいて、
いざとなったら情報収集してくれそうだからですって。

最初は、世間話ばかり、
それから口説くのに実に4ヶ月です。

その間に一度だけ出張時に中年おばさんとお会いしました。

その時はお茶しただけで、
また岡山駅まで車で送ってもらいました。

頼子さんは小柄でお洒落な感じの人で、
結構グラマーなのに足が細いのです。

本当に普通の奥さんって感じでした。

そんなわけで、彼女が子供の
大学の下宿先に来る時があるので、
そのときに思い切って誘いました。

彼女はいたって真面目というか、
人間的にも立派で優しい感じの人でした。

【熟女体験談】美人で淫乱な彼女のお母さんが体位のエッチなレッスンをしてくれた

kage

2017/09/21 (Thu)

高校生の時、奈緒というクラスメイトの彼女と
一年間付き合っていた

彼女は髪は長く、
細身で目がおっきく可愛いくて、
俺にはもったいない位でした。

エッチも童貞✕処女で初体験カップルで
初エッチしました

奈緒の家に行くと、同じ背丈
同じ髪形の美人な彼女の母親の理枝さんが居ました。

恐らく四十路前後の
早婚で周りよりかなり若いお母様。

自分の親も早い方でしたが、
理枝さんはもっと若い時に奈緒を産んだとか。

見た目も若いが、言葉も奈緒と
変わらない感じのフレンドリーで
素敵な彼女のお母さんでした。

「結構格好いいじゃん!奈緒別れたら私が付き合うから」

と話す面白い人。

一緒に三国無双をしたりするらしく、理枝さんが

「真人君超うめぇし!」

とゲームで仲良しに。

【熟女体験談】友達とカラオケに行った妻が男に寝取られてしまったのだが・・・

kage

2017/09/21 (Thu)

妻が友達の幸恵と飲みに行くことになった。

嫁が友達と飲みにいくなんて
久しぶりなことなので快く送り出した。

夜の10時くらいに一度電話があって
「これからカラオケにいってもいい」と言って来た。

いつも家にいて家事をしてくれる妻

そんな訳でたまの息抜きも必要だと思い

「遅くなっても連絡くれたら迎えにいくよ」

といってOKした。

ちなみにカラオケは車で30分位いったところにある。

俺は、12時位には帰ってくるだろうと思っていた。

だけど、12時になっても連絡はなく、
1時には頭にきて電話をした。

そしたら、えらい酔っ払った声で、

「もしもし」

と電話にでた。

【熟女体験談】マリッジブルーだったのかわからないが、保健室の先生に思いがけない筆おろしをしてもらった

kage

2017/09/21 (Thu)

中学生の時、夜更かしして、
睡眠不足で体調が悪くなり、学校の保健室で寝ていた

もう少しで眠りに落ちそうになった頃
アラサーの保健室の女の先生が隣で話してた。

もう1人の先生は、

「じゃ、お願します」

と言って出て行った。

「どうしたの?」

とか

「もうそろそろ大丈夫?」

とか言ってて、その後俺のところにも来て、

「初めてね?名前は?何年生?」

とか質問された。

あまり近くに顔があって恥ずかしかった事もあるのか、
勃起(一種に朝勃ちかも)していた。

【熟女体験談】家庭教師先の美熟女な母親が痴女の化身となり、別格なおしゃぶりをしてくれた

kage

2017/09/20 (Wed)

初めて熟女とエロ体験をしました

官能エロ小説に出てきそうなシチュエーションですが、
私も実体験しているので、意外と稀にあるのかもしれません。

当時大学生だった僕はいくつかのバイトをしていましたが、
週一で家庭教師をしていました。

生徒は中学生の男の子で
ハキハキとして元気のある良い子でした。

父親は単身赴任をしており
二週間か一ヶ月に一度週末に帰ってきていたようです。

母親は広江美奈のような雰囲気で、普通っぽい、
でもあまり年を感じさせない若々しい感じの美熟女

二時間のうち十分程は休憩時間にしており、
いつもその間は三人で勉強以外の話をしてリラックスすることにしていました。

美熟女な美奈さん(仮)は家の中で
短パンを履いていることが多く、
息子のベットに腰掛けた美奈さんの足に、
私はいつもまぶしいものを感じていました。

数ヶ月経って慣れてくると、息子の彼女の話まで飛び出し、
それが波及して今度は当時の
私の彼女の話にまで花が咲き、
そんなときの休憩は大盛り上がりで
ついつい三十分近く時間が過ぎてしまうこともありました。