FC2ブログ
2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

【熟女体験談】眼鏡が似合う巨乳パート主婦と職場の倉庫で秘密の不倫SEX

kage

2017/08/13 (Sun)

パート主婦として四十路のの人妻が
2.15の春に入ってきました

高1と中1の子どもがいる四十路の熟女で
仕事は頼りになります

笑顔がとてもかわいくて、眼鏡かけずに最初見たときは
大卒かと思うくらいピチピチしたフレッシュな人妻

全体的に見ると僕好みのムチムチ感で
太股なんかちょうどいいムッチリとした
ぽっちゃり豊満な肉付きをしています

それに巨乳なんです

どんな服装でも分かってしまうんです

派手ではなく胸元もいつもきちんと閉じて
人妻らしく振る舞ってますけど巨乳なんです

席は向かい合っているけどパソコンや資料で
普通には頭のてっぺんしか見えません

でも電話や用事なんかで声をかけるときには
パソコンの影から顔を出して微笑んで目を見て話してくれます

この笑顔に僕はやられてしまいました

食事会にはいつも参加してるし社交的です

【熟女体験談】超爆乳であるデブ熟女のミサイルおっぱいに魅了された

kage

2017/08/13 (Sun)

29歳で派遣社員をしています

勤務している派遣先の会社には、
凄い爆乳の熟女がいます。

彼女は僕のいる部署の社員さんで、

歳は39歳で顔は演歌の天童よしみ似

体型は結構太めなのデブで、
お尻も大きくお腹も三段腹で出ていますが、
胸はそれを遥かに上回る圧倒的なボリュームの
三十路の超爆乳熟女

彼女の胸は、その日に着ている服や付けている
ブラの形状によって、2つのミサイルのように
ボーンと前に突き出て見える日もあれば、
2つのスイカを服の下に入れているように見える日もあります。

彼女の爆乳にすっかり魅了されてしまった僕は、
なんとかしてこのデブ爆乳のおばさんと親しくなりたいと思いましたが、
彼女はなぜかいつも不機嫌そうな仏頂面をしていて、
近づきがたい雰囲気でした。

でも、僕はなんとか熟女と話すきっかけが欲しかったので、
仕事上で解らない事があった時に、
思い切って彼女に質問しに行きました。

すると彼女は質問に来た僕を見て、
いつもの仏頂面で面倒くさそうな態度を取りながらも、
時間を使ってとても丁寧にわかりやすく説明してくれました。

【熟女体験談】ザーメンをごっくんしてくれるバツイチ熟女と最初で最後の一夜

kage

2017/08/13 (Sun)

職場にやたらと酒が強い三十路のバツイチ熟女がいます

この前、一緒に飲みにいきました

一軒目の居酒屋で、いきなり日本酒を飲みながら、
昔話をしていると、話は別れた旦那(元上司)のグチが始まった。

元上司を知っている人に久々に話すせいか、
饒舌にしゃべる。

そして、2件目のバーで飲んでからそろそろ帰ろうかという時に、
飲み足りないからもう一軒付き合ってと言われ、行くことに。

しかし、このままでは終電が無くなるというと、
朝まで付き合えと当時の上司としての顔を覗かせる。

深夜0時近く、居酒屋に行こうとするも田舎の為、
2時までだった。また、すぐに出るのもめんどうなので、

「ラブホテルで飲もうよ!」

とノリで言うと、若干とまどったが、
私だということで大丈夫と思ったんでしょう。

ラブホテルで飲むことに。

でも私はその時は、
このバツイチ熟女とおまんこしようとは
露にも思わなかった