FC2ブログ
2017 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 08

【熟女体験談】おしどり夫婦と呼ばれていたが、妻は知らぬ間に寝取られていた

kage

2017/07/22 (Sat)

妻と二人三脚で仲良く頑張って
喫茶店を営んでいました

私たち夫婦は本当に仲良しで、
お客さんからはおしどり夫婦だね!って
言われていました

夫である私も妻を信頼していたんですが。。

ある日、定休日に店へ行き
奥の事務所で仕事をしていると、
裏口の鍵を開ける音と妻の声がした。

声をかけようとした瞬間、男の声が。

「わざわざ来てやったんだから、
たっぷりサービスしろよ」

信頼していた妻の不倫現場に
遭遇してしまったことに気付いた私は、
とっさに事務所のカーテンに身を隠し、
隙間から覗くと、そこには
見たことのない淫乱な妻の姿がありました。

厚化粧したケバい妻・・

そして胸の谷間が露出した服、
お尻の膨らみが見えそうなミニスカート!

【熟女体験談】カッコよくて、モテモテな息子はHだって上手なデカマラを持つ自慢の息子

kage

2017/07/22 (Sat)

五十路の専業主婦で、
自慢の息子が一人います

実は19歳になる私の息子は
とってもカッコよくて、女性にモテモテで
彼女だってたくさんいるんです

それである日、私は主人とのセックスレスから
浮気をしていて

息子にその浮気相手と
ホテルに入る現場を目撃されていました。

「かーさんって、まだ女なんだ」

と言われ、最初なんのことか?

さっぽり判りませんでした

僕も○○ホテルよく使うんだ」

「えっ!」

「とーさんには内緒にしておいてあげる」

と言ってその場は会話も終わりました。

【熟女体験談】義理の息子が涙が出る程の悦びを私に与えてくれる

kage

2017/07/22 (Sat)

私は63才になり
還暦を過ぎた主婦です。

息子の克弘も30才になり
主人は私と同い年の六十路。

息子と言っても血の繋がりはない
連れ子の義理の息子で、克弘の産みの母親は、
克弘が5才のときに他界。

父子家庭で何かと不自由な生活をしていたらしく、
私の親戚の薦めで主人と
克弘と同居するようになったのが、15年前。

40目前の私は結婚もせず、
自由気ままに生活してました。

主人も父子家庭で、
克弘に不自由させてると、
周囲の薦めで私と同居、結婚を決めたようです。

そんな状態の結婚でしたから、
私と主人の間には、愛情とかはほとんど無く、
まさしく同居人でした。

セックスも15年一緒にいて、
最初の数年、幾度かあっただけです。