FC2ブログ
2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

【熟女体験談】家に連絡しないで早めに帰宅するとハプニングに遭遇

kage

2017/04/30 (Sun)

上司に嫁を寝取られてしまいました。

妻の浮気現場を目の当たりにする
ハプニングに遭遇してしまったんです。

それも上司二人の3pで逆ハーレムだったんです。

妻もわざわざ自宅で、浮気する事もないのに・・・

本当に衝撃的な光景でした

そして、一番情けないのが私です

二人の上司に犯されている妻の痴態に
興奮し、怒りよりも性欲がまさり
まるで学生時代のように
ギンギンの勃起していまったんです。

このハプニングがあった当日。

私の勤務先の会社は小さな印刷会社で
たまたま暇だった土曜日に半日で
終わっていい事になりました

【熟女体験談】「おまんこ壊れる~」って絶叫するチョイ貧乏な四十路貧乳熟女

kage

2017/04/30 (Sun)

LINEで43才の既婚熟女と出会った。

名前は「しより」という。

最初はナンパというよりも
音楽の趣味が合う仲間って感じで
頻繁にメッセージのやりとりをするようになった。

徐々に音楽以外にも話題は広がり
日常生活のことなども話すようになり、
彼女が少しお金に困っているということもわかった。

借金をしているわけではないが、
ご主人の給料だけでは家計が苦しくて
貧乏とのこと。

かといって、彼女がパートに出るのは
ご主人が嫌がるようで、
節約するしかないということだった。

そんな話の後、嫌われるのを覚悟で
「援助」の申し入れをしてみた。

返事も帰ってこないかと心配だったが

「浮気は今までしたことがないのでとても怖い」

という正直な気持ちを綴った返信だった。

【熟女体験談】性格が暗いが従順でクールビューティな20代若妻を性処理道具にしている

kage

2017/04/30 (Sun)

LINEでナンパしたんだが、
俺にはクールビューティな20代後半の
若妻のセフレがいる。

最初はいちいちラブホに行ってHしたんだが、
一回ホテル代の5、6000円の出費が
重く感じるようになり、自宅に若妻を呼ぶようになった。

その奥さんも住んでいる場所は車で10分、
徒歩で30分ぐらいの距離で、
ヤリたくなったら電話する性処理道具に使っている。

この若妻は、引っ越してきたばかりで
まだ近所に友達が居ないようで、
いつ電話しても必ずつかまる。

ほんとに都合の良い女だよ。

こう書くとオレが彼女をないがしろにしてるようだけど、
そんなことはない。

たまにこの人妻とデートした時は
良いレストランでランチしたりと
おごっている。

ちなみにセフレのスペック

20代で、小柄の低身長の細身体型。

【熟女体験談】妻の妊娠中に、隣近所のエロ可愛い若妻をオナペットにして極太バイブでハメまくった

kage

2017/04/29 (Sat)

結婚当初、賃貸マンションを借りた時に、
妻とは別居していた。

つっても、喧嘩とかじゃなく、
出来ちゃった結婚で妊娠間近という事もあって
仕事で妻が一人になって不安なので、
出産するまでは嫁の実家に帰っていた。

だから俺は結婚しても
一人暮らしみたいになった。

そこのマンションははみんな新婚の
4家族が住めるようになっていた。

大体三十路夫婦が多くて
年齢が近かった。

俺は夜に仕事なので昼間家にいることが多く、
奥様方と仲良くなっていた。

ある日、家の前を掃除してくれている
隣の新妻のH美ちゃん。

一つ年下で深田恭子みたいな感じで可愛い。

【熟女体験談】10年不倫関係が続いている足が性感帯のボーイッシュな絶叫人妻

kage

2017/04/29 (Sat)

3歳年下の美樹子との不倫は
もう10年にもなる。

気づけば、妻の次に
長く付き合った事のある女性になってしまった。

途中で1年間以上会わなかったこともあるが、
細く長く不倫関係は続いている。

もともとパートの部下として私が採用をした。

第一印象はショートカットで
ボーイッシュな感じで笑顔が可愛らしい新妻だった。

東ちずるを優しくした感じと
言えばわかりやすいかもしれない。

話し方も東ちずるに似ている。

当時28歳で二人の子持ち妻だった。

一生懸命働いてくれるし、
残業や休日出勤も家の都合さえつけば
嫌な顔もせずに喜んで働いてくれるので
上司としてはとても扱いやすいパートの奥さんで、
数ヶ月も経てば多くの仕事を
安心して任せられるようになった。

【熟女体験談】ほっこり出来る共働き夫婦の惚気け話

kage

2017/04/29 (Sat)

Hな体験談じゃないんですけど、
ちょっと暇なので俺ら夫婦の話を投稿しようと思います。

俺らは三十路の共働き夫婦。

帰宅時間はほぼ同じなので、
食事は一緒に作っている。

後片付けはいつものように
ジャンケンで決めている。

俺は嫁とのジャンケンで
100%勝つ事が出来る!

なぜなら嫁はグー・チョキ・パーの
順でしか出さないからだ。

そしてその事に妻は気づいていない。

天然で可愛らしい嫁なんです。

でもいつも勝ってしまうと
法則がバレてしまうから、たまにわざと負けてやる。

【熟女体験談】箱入り娘の三十路高齢処女な彼女との初夜

kage

2017/04/28 (Fri)

俺は32歳の頃、
2年ぶりぐらいの彼女が出来た。

彼女は2歳年下の30歳。

そして付き合い初めで、
仕事が休みの日の午後、
彼女が

「ご飯作ってあげる」

と言って家にやってきた。

前のデートの時も家に来てくれて、
帰りしなの初キスの後、
彼女をバス停迄送っていく間
彼女がしなだれかかるようにして
腕を組んできていたので、
今日はチャンスがあれば最後まで
行けるかもしれないと思っていた。

お互いウブというか奥手で
付き合ってからも三十路のカップルなのに
なかなか最後までいけなかった。

二人で料理を作って

(と言っても殆ど彼女がやっていたがw)

食べた。

【熟女体験談】医者に母が乳首を引っ張られ、乳頭から母乳を出るのも見て母乳フェチに目覚めたのです

kage

2017/04/28 (Fri)

私が母乳フェチになったきっかけを告白します。

今からもう30年前、
僕がまだチン毛も生えてないような幼稚園の頃の
体験談です。

ある日、母と一緒に
病院についていったことがあります。

待合室で一人、母の診察が終わるのを待っていましたが、
途中から母親のことが気になり
診察室に入っていきました。

目に映ったのは、
上半身裸でおっぱいを出している母の姿です。

やや太り気味の豊満体型で、
お腹周りのぜい肉はすごかったのですが、
おっぱいも大きかったです。

結構年をとったおじいちゃんのお医者さんは、
母の脇の下を念入りになでていました。

母がくすぐったさで震えると、
おっぱいやお腹の肉も一緒に
ブルンブルンと揺れていました。

【熟女体験談】おすそ分けを持ってきた隣の奥さんと、相互オナニー鑑賞体験談

kage

2017/04/28 (Fri)

仕事が忙しく、
日曜日も普通に出勤の毎日。

この前も休日返上で仕事を
こなしてくたくたになりながら自宅にたどり着いた。

シャワーを浴び一息ついていると、
コンコンとノックする音。

誰だろうと思いながら

「どちら様?」

「隣の沢田です。
実家から沢山野菜を送って来たので、
お裾分けです」

ドアを開けると隣の奥さんの百合さんが大量の野菜
を持って立っている。

元々隣同士なので、
軽く挨拶する仲だったのですが、
気さくな人妻の百合さんはグイグイ俺に
話しかけてきて、あっという間に仲良くなりました。

【熟女体験談】酒癖悪い年上の女上司とランデブー

kage

2017/04/27 (Thu)

違う部署の29歳の女上司と
飲んでて盛り上がって
ランデブーした事が一回だけある。

この女上司は29歳で
鈴木さりなをもう少し
胸を大きくした感じの人。

思い出すと
新米サラリーマンだった頃を思い出し
懐かしいな気分になる。

その人は俺が新人のときに
同じ支店だった人で
めちゃくちゃ美人という訳ではないけど
さばさばしていて下ネタも平気なので
支店の男性社員には人気があった。

ただ下にいる事務職の
OLたちはあまり協力的ではなく
まとめるのに苦労していたのは
新人の俺にもなんとなくわかった。

俺もこの女上司に書類の書き方とか
社内ルールとかよく教えてもらって
かわいがってもらってた。