FC2ブログ
2017 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 04

【熟女体験談】飛び込み営業で43歳の中年事務員に「母性本能くすぐるタイプね」って言われた結果

kage

2017/03/26 (Sun)

俺は大学を卒業して、
新社会人一年目

ある田舎町の支店に配属になりました。

見ず知らずの町での営業で
全く成果があがりませんでした。

飛び込みで入った
ある小さな工務店には
一人中年おばさんの事務員さんがいました。

俺の顔を見るなり、
「なにか営業に来たの?」

とニコリとほほ笑みながら対応してくれました。

通常カウンター越にしか対応してくれないんですが、
彼女は

「新入社員なの?初々しいわえ。
まあコーヒーでも飲んで行きません?」

と椅子をすすめてくれ、コーヒーを出してくれました。

【熟女体験談】地味だけど、実は超エロくて痴女な50代の彼女とカーセックス

kage

2017/03/26 (Sun)

同じ職場に勤める俺の彼女は
五十路でもちろん人妻です。

普段は仕事熱心で、出しゃばることもなく、
かといって決して美人でもなく、
スタイルがいいわけではない
普通の50代のおばさん。

又、雰囲気も身体付きも
肉感的というのはほど遠い華奢なすたいる。

しかし、積極的では決してないけど、
キスをすると、向こうからも舌を絡めて来るし、
おっぱいを揉んだり、乳首を口に含んだりすると、
必至で声を殺そうとするけど喘ぎ声を出している。

下半身の裸にして一つになろうとすると、
自ら上も脱いで全裸になってくれる。

正常位で挿入すると
自ら両足をM字に大きく開脚して
思いきり脚を顔の方まで待ちあげ、
深い挿入が出来るようにしている。

【熟女体験談】20歳以上ある年の差婚をした20代の処女受付嬢の夫婦の初夜体験

kage

2017/03/26 (Sun)

私と夫との馴れ初めは
運命的なものでもロマンチックなものでもなく
ごくありふれたお見合いのようなものだった。

高校を卒業後、私は某派遣会社に登録し、
秘書検定にチャレンジしたり、
様々な研修なども積極的に受講して
ある企業の総合受付スタッフとして勤務していた。

受付嬢、会社の顔とも言うべき
この仕事に私は誇りと責任を
持って取り組んでいた。

そんなある日、
昼食休憩から戻ってきた直後、
受付にある内線電話が突然鳴った。

急いで、でも丁寧に、
受話器を取ると社長からだった。

社長自らが、わざわざ受付に
電話をしてくるなんて、かなりレアなケースだった。

そのせいか緊張で受話器を持つ手が震えた。