FC2ブログ
2017 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 03

【熟女体験談】泣きながら童貞の甥っ子を受け入れた優しい叔母

kage

2017/03/04 (Sat)

僕は大好きな叔母に
筆おろしされ、童貞を卒業しました。

僕にとっては素敵な初体験の思い出です。

独身の頃の叔母は、
ぼくたち兄弟の第二の母親みたいな存在で、
よくうちに遊びに来ていました。

母親より優しい印象の叔母に、
よくなついていました。

弟が生まれた時、五歳だったぼくは
見事に赤ちゃんがえりをしました。

弟の世話にヘトヘトだった母は、
ぼくの相手をする余裕がなかったのでしょう。

冷たくあしらわれ、
悲しい思いをしていました。

そんな時、母の手伝いでよくうちに来ていた叔母は、
甥っ子のぼくを赤ちゃんみたいに甘えさせてくれました。

【熟女体験談】エロい高齢熟女の手コキテクニック

kage

2017/03/04 (Sat)

自分は小さな豆腐工場で働いています。

従業員3人と社長と奥さんの5人しかいません。

配達の人が辞めて代わりに
知人の世話で入ったのですが、
そこの奥さん60歳の高齢熟女と
出来てしまいまし不倫の関係に。

朝6時に出勤して、
バックを手伝い仕訳して午前の配達に出ます。

10時ころ一度戻り昼食を食べ
二度目の配達をして終わります。

一応3時までの勤務ですが
1時過ぎには終わります。

奥さんは昼食を出してくれたり
仕事から帰ると、シャワーを使わせてくれたりと
世話をしてくれます。

工場裏に自宅が在り昼食や夏は
シャワーを自宅で使わせて貰ってました。

【熟女体験談】ストーカーの派遣人妻OLの誘惑に負けて、エッチしたエロ話

kage

2017/03/04 (Sat)

俺の仕事は、末端の文書士。

具体的な仕事の内容は、
社長演説とか決算発表とかの文章書くだけ。

あるとき親の上の会社から、
グループ広報誌のための原稿依頼が来て、
片手間にグループ社員が喜びそうな
いい加減な文章を書いた。

そしたら、それが採用された。

喜んだのは俺じゃなく、
当時31歳だった派遣の人妻1人だけだった。

その三十路の人妻は、
妙に俺の書いた文章を気に入ってくれて、
まるで有名小説家のおっかけみたいに
俺に羨望のまなざしをむけてくる。

まるで熱狂的なファンが
ストーカーになったような
そんな感じになってしまった