FC2ブログ
2016 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 02

【熟女体験談】スケベな美熟女マダムは裏筋や金玉袋を舐めてくれる

kage

2017/01/22 (Sun)

私はおまんこ大好きな自称ヤリチン男!

年齢は、43歳独身のエッチ大好き人間です。

そんな自称竿師ですが今まで、
ろくに女性と付き合ったことはありませんが、
性に対しては積極的で(汗

ソープ、デリヘル色々行きましたが、
飽きたので出会い系で女性を募集して
エロい事やってました。

最近某出会い系で、
「イヤらしい事されたい女性」という内容で投稿したところ。

40代半ばの熟女から
「会ってくれないかしら?」との返信があったので
何回かメールでやりとり後、会う約束をしました。

会う当日は凄い緊張しました。

「どんなおばさんが来るのか、
糞ババアが来たら断るか」

そんな思いをしても、
期待を胸にはせて某駅の入り口で待ってました。

【熟女体験談】50歳になった未亡人の義姉がマッサージしてくれて・・・

kage

2017/01/22 (Sun)

数年前の夏の時期、
未亡人の義姉にマッサージをされて、
全身を揉み揉みされていたら思わず屹立してしまった。

しかし、その時は、バレナイようにと思うだけで、
まさかそのあとに、義姉と一線を越えることとなった。

血は繋がっていないが義理の姉と近親相姦をしてしまった。

それは四十四歳の夏の昼下がりに起きた情事だった。

妻の実家の墓参をすませ、夏の暑い陽が照りつける中を、
義姉の夫の墓参に車を走らせた。

義姉の夫は数年前、ガンに侵されて他界し、
義姉は一人暮らし、丁度50歳で、完熟した熟女だ。

家は、山間にぽつんと建つ一軒家で、
隣家とは百メートルは離れていて
誰にも災いされない静かな環境にある。

妻は昼食を済ませて買い物に出かけた。

【熟女体験談】熟年離婚して一人ぼっちなった還暦のお父さんと三十路の娘

kage

2017/01/22 (Sun)

昭和で今よりも社会に活気があって景気がよかった頃の
今となってはもう昔話です。

ある年の4月になって間もない頃、
父親の職場から電話がありました。

それは、作業現場から転落し、
病院に搬送されたというものでした。

幸いにも、左腕の骨折だけで済み、
命に別条はありませんでした。

しかし、父と母はいわゆる
「熟年離婚」をした直後であり、
職人気質で亭主関白の父は、
家事どころかお茶の一つも入れられない程。

その上、骨折しての不自由な生活という事で、
数年ぶりに実家に戻りました。