FC2ブログ
2016 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 02

【熟女体験談】挑発してくる隣の奥さん

kage

2017/01/13 (Fri)

我が家の隣家は、旦那さんがある特殊な仕事(詳しく書くとすぐばれるので、ここは一つ、伏せておきます)に就いていらっしゃるので、

殆ど在宅しておらず、いつも奥さんと3歳になると言う一人娘さんの、二人きりのご家庭です。

横浜の、そこそこ高級な住宅街なので、お互い、少々の庭を持っており、隣家の奥さん…S子さんとしておきますが、

S子さんが庭で子供を遊ばせる姿をしばしば見かけてはおりました。

我が家とS子さん宅の庭は、木製の格子を隔てながらも、やはり隣接しているのです。

S子さんは、うちの家内と違って、スリムな体型です。

家内は、近所の人などから「F原N香」と呼ばれていい気になっている、いわゆるグラマー体型なのですが、実は私は、スリムな方が好みなのです。

S子さんは、「H田T世」に顔も体型もそっくりで、私の好みドンピシャでした。

特に、S子さんは弩のつくほどの貧乳で、殆ど胸のふくらみがない。

しかし、腰周りやヒップ、太もも等は人妻らしくむっちりとしていて、そのギャップがたまりません。

いつしか私はS子さんを秘かに性的興味の対象とするようになりました。

しかし、私も妻子ある身。

隣の奥さんに露骨に言い寄るわけにもいきませんし、もうそんなに若くもないので、そんな気も起きない。

ただ、時々その姿を見ては、少々の妄想を膨らませるだけ。

そんな感じでした。

【熟女体験談】人妻のとんでもない場面に出くわした

kage

2017/01/13 (Fri)

とんでもない場面に出くわした。

あのSC駐車場で人妻充子を久しぶりに見かけた。

車で近づき声を掛けようと思ったがこちらに気づかず誰かを探している様子。

そしてあの木村が現れ人妻充子が木村の車に乗り込んだ。

しばらく車内で話しているようであったが木村の車がSCを出て走り始めた。

見失わないように見つからないように離れて木村の車の後を走っていくと急にラブホの手前の路肩に停車した。

停まるわけにもいかず横を通り抜けラブホを過ぎたわき道で急ぎUターンしラブホの手前の路肩に停車。

ハンドルの陰から見ると助手席の人妻充子がはっきりと見えた。

木村の車が動き出し人妻充子は俯いたままラブホの中に消えて行った。

「旦那が出張なの」

と人妻充子から連絡が来た。

【熟女体験談】ドMすぎる妻

kage

2017/01/13 (Fri)

妻はドMです。

看護婦と言う仕事柄かも知れないが、人の命を預かる仕事でいつも緊張しているせいか帰って来ると凄く開放的に変身する。

妻は大学卒業と同時に看護婦の道に進み、そして私と知り合った。

まだ初々しい妻は、病室でもアイドル的存在でした。

毎日話している内に意気投合し、付き合う事になり、そして結婚。妻26歳、私29歳の時です。

妻は安めぐみにちょっと似ていて、スタイルも良く胸もDカップ、色白でちょっとムチっとした体系が男心をくすぐる。

そんな妻と結婚して3ヶ月も過ぎた頃には、彼女がMであると気づかされました。

夜の営みの時は、必ず全裸になりお尻辺りをビシッと叩くと”あ~んイイ~”と声を上げた。

その内、縛ってみて!とかもっと叩いてみて!と言い始め、命令形の言葉には凄く反応が良い。

2人で出かけている時も、胸を押し付けて来たり、キスを求めて来たりする。

人前で、エッチな事をすると興奮すると言い、何かに目覚めた様だった。