FC2ブログ
2016 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 02

【熟女体験談】転職先の熟女と気が合い、一線を越えました

kage

2017/01/06 (Fri)

makoとの出会いは転職先の小さな工場でのこと。

得意先での研修をおえ職場のチームのリーダーとして赴任したときです。

いわゆるおばちゃんたちに混じって、ちょっと違った雰囲気の彼女が私のチームにいたんです。

私35歳、彼女は41歳の時です。

そのときは、それほど気になる存在ではなかったのですが、

1年ほどたったある日の昼休みジグソーパズルを会社に売りにきたことがあり、

その中に猫とか機関車に混じってある有名な画家の絵があったのです。

それを見て、

「あっ○○の絵ね」

と何気なくつぶやいたのが彼女でした。

おばちゃんには似つかわしくないその言葉それから、いろいろ話をするようになり、

また、よく見るとなかなかの美形(年齢ゆえに多少の衰えはあるんですが)

それに、まだ崩れていないプロポーション二人が親しくなるには、それほど時間はかかりませんでした。

【熟女体験談】何時でもOKの熟女な女将に誘われて・・・

kage

2017/01/06 (Fri)

昨日で二回目の交わりだった。

前回も近所の小さな飲み屋(60過ぎの女将が一人でやってる)で一人で飲んでいた。

常連客が3人程居たが、男二人は帰って行き、女性一人残った。

パーマをあてた栗色の髪をした小太りの少し派手めの女だった。

カウンター上のテレビから視線を下ろすと女と目があった。

ニコリと笑い

「お兄さん一人なの?」

「ええ、一人ですよ」

「誰も居なくなっちゃったし、一緒に飲まない?」

と言いながらカウンターのハジに座っている私の隣に席を移して来た。

近くで見ると豊満な身体つきが余計目に付いた。

【熟女体験談】パチンコの遊戯代欲しさにやらせてくれる熟女

kage

2017/01/06 (Fri)

俺、三十代の契約社員で独身。

年増が好きで一年くらい前から五十代の女とちょくちょく関係を持ってる、このおばさん無二のパチンコ好きで休日は必ず近くのパチンコ店で顔を合わす。

持ってきたお金がなくなると、顔見知りになった俺にお金の融通を頼み込んでくる。

最初の数回はきちんと返してくれたが、負けが込むと延滞を申し込む有様で、金額も5千~1万円で返してくれればいつでもいい額だ。

しかし返せなくて追加となると話は別になってくる。

そこで顔見知りになってから一ヶ月して要求してきたから女を外に呼び出して

「おばちゃん、貸した金もう返さなくていいから、俺にオマンコさせてくれないか、それでチャラだ、どうだろう?」

とダイレクトに言ってみた。

女は一瞬構えてしまったけど、周りに誰もいないことが解ると首を縦に振った。

もちろん今すぐだ

場所は駐車場の隅っこに止めてある俺の車だ。