FC2ブログ
2016 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 01

【熟女体験談】

kage

2016/12/07 (Wed)

性格、人柄も申し分のない友人(30歳)なのですが

大のパチンコ好きで時々お金を貸したりしても

殆ど返してくれてましたが今回はなかなか返してくれないので

一緒に飲んだ時、いつになったら返してくれるのか聞くと

「今、生活が苦しい」

などと濁され

友人だしあまりしつこく返済を迫るのもイヤなので

「お金のある時でいいから」

とついつい甘い言葉を。

しかし、その日のヤツはいつもと違ってて

「もし、来月返せなかったら友美(友人の妻26歳)を好きにしていい」

と・・・。

【熟女体験談】完璧に近い巨尻の女性従業員

kage

2016/12/07 (Wed)

住む部屋を探してた時のことです。

その地味な不動産屋には何回かいってたのですが、

かなりご年配の社長と50過ぎと思われる男女の従業員がいるだけでした。

ところがです、物件を見に行く当日、

ジャストタイプの色白ややぽちゃがいるではないですか?

察するに林という女性従業員の年の離れた妹でたまに手伝っいるみたいでした。

お茶を持ってきてくれた時にお尻姿拝見。おぉっ、見事な巨尻。

90~95しかも丸く盛り上がり尻です。

ウエストはやや太めでしたがちゃんとくびれはあります。

紺色のスーツ姿がそそります。

年は肌がきれいなので若く見えますが30代後半にさしかかったあたりでしょう。

【熟女体験談】妻の故郷の村

kage

2016/12/07 (Wed)

そう遠くない昔まで、この国は性に対しおおらかというか

実に下半身にだらしのない国であっといいます。

ただ、妻ミカの故郷の村は、その点において、

昔のままであるだけなのです。

妻の育った村の夏祭りの前日、私は、妻と2歳の娘を車に乗せ、

妻の実家に向かっています。

娘が後ろのシートのチャイルドシートで

眠ってから、妻は助手席に移っています。

「着く頃には、日が暮れちゃうな。」

私の言葉に妻は答えません。

山間の道は、すでに薄裏くなっています。