FC2ブログ
2016 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 01

【熟女体験談】熟女に病みつきになりそう

kage

2016/12/31 (Sat)

先日あるスナックのママと九州へ旅行しました。

従業員の女性も一緒でした。

ママはもう60が近いのですが、色気むんむんの熟女です。

従業員は美奈子と言う33歳のバツ一です。

美人ではありませんが、スタイルが良くて男好きのするタイプです。

実は私は彼女と何回か寝たことがあります。

もちろんママも知っていましたし、だから気軽に誘ってくれたのだと思います。

阿蘇の近くの温泉旅館に到着しました。

部屋は3人同室です。

部屋食で夜は盛り上がりました。

【熟女体験談】品のいい熟女の乳房に魅了されました

kage

2016/12/31 (Sat)

先日近所のウニクスへ暇なので車で買い物へ行った時の事です。

2階駐車場にて車の中で携帯をいじっていました。

たまたま目の前を白い軽が通過、なにげに運転席を見ると品のある熟女が・・

思わず車を停める場所を確認し眺めていると、運転席から色白ぽちゃな50代位の熟女が、降りてきた横から見ていると乳房の異常な発達が目をひいた。

白のキャミにショートパンツからは、白い大根のようなふくらはぎと白く柔らかそうなふとももを確認出来た。

俺も車から降りその爆乳熟女の行動を監視した。

すれちがう男どもは、その巨大な胸を直視しているのが後ろを歩いていて解った。

一階で食料品を買いレジに並んでいる。

見れば見るほどいやらしい身体をしているのが、服の上からでも解った。

俺はその爆乳熟女とエッチをしている妄想をしていた次の瞬間、俺の前をその熟女は買い物袋を持って通過した。

【熟女体験談】出会い系サイトで熟女と・・・

kage

2016/12/31 (Sat)

先に自分の性的好みをお伝えしておきますが、自分ポッチャリした人か熟れ熟れの人が好みなのです。

ちょくちょくその旨を掲示板に書き込んで募集していましたが、まあ、宴の話や希望とずれたふざけた返信が多くなかなか見つかりません。

あわよくばって言う感じでもやっとしたときに気まぐれに書き込み続けていると、44歳から返信が。

条件とかを確認していくと希望からは若干ずれるものの、妥協範囲。

しかも他と違って宴の話もない。

おっこれはと思ったのですが、即座にアドレス交換の要望が。

うわぁ、業者かなぁと思いつつ、まあ拒否すればいいかと思いアドレスを教えると普通に返信が。

予想外だったのですが、そこからのやり取りも普通で途絶えることなく近日中にアポまで取れた。

当日、危ない人たち潜伏の可能性も危惧して、電車で行くと伝えて車で現地へ。

その車も近くの飲食店の駐車場に止めて待ち合わせ場所に行きました。

【熟女体験談】熟女の集まりに巻き込まれ

kage

2016/12/30 (Fri)

私たち夫婦はともに40歳を越し、そろそろあちらの方も回数が減ってきました。

私たちのSEXはオーラルがほとんどで、フィニッシュはいつもS気のある家内の尻の下であそこを舐めながら、自分で射精するというものです。

M気のある私にとってはオナニーを女王様に見られながら、女王様のあそこを舐めさせて頂きながらの、フィニッシュは最高のものです。

そんなある日、家内の友達3人と我家で食事会をした時の事です。

アルコールも程よく入り話題もHな方向へとなっていきました。

私は食事会へは参加せず、隣の部屋でテレビを見たり時々手伝いをしたりしながら、様子を伺っておりました。

家内も含め4人とも自分の旦那さん以外のチンポを直接見た事が無いんだそうです。

これはちょっとまずい話題か・・・と身構えていると、家内の呼ぶ声が。

「皆さんにお見せして」

とあっさりと命令が下されてしまいました。

【熟女体験談】会社の飲み会で飲みすぎて解放されがてら後輩とホテルに

kage

2016/12/30 (Fri)

会社の飲み会があって、ついつい飲みすぎてしまった。

後輩の浩太クンと同じ方向なので一緒に帰ったんだけど、満員電車のムッとした雰囲気に酔いが激しくなって、途中の駅で降りて介抱してもらったんです。

トイレに1時間くらいこもって少しは良くなったんだけど、電車には乗れそうになかったので、主人には同僚の部屋に泊まると嘘の電話をして浩太クンとホテルに入ったんです。

浩太クンがシャワーを浴びてる間に私は冷蔵庫にあった冷たいお茶を飲んでからさっさとベッドに入って寝ました。

浩太クンは、ソファーで寝たようでしたが、しばらくしてベッドに潜り込んできたんです。

ベッドの中でなんかゴソゴソ動いているので

「人妻なんだから変なことしないでよ」

と注意したのですが、お互い下着になっていたので肌と肌が触れ合って、私もちょっと変な気分になってきちゃったんです。

しかも、近寄ってきた浩太クンのアレが太モモに当ってきて……

【熟女体験談】中学の同級会で再会したファーストキスの相手と・・・

kage

2016/12/30 (Fri)

43歳主婦です。

8月15日に中学の時の同級会に出席しました。

私のいたクラスは42人でしたがお盆休みにもかかわらず男女合わせ28人も集まりました。

中学卒業してから全く会うことのなかった人や仲の良かった仲間、久し振りの再会に心は弾みました。

当時付き合っていたA君も来ていました。

勿論、ファーストキスはA君です。

高校は別でしたので自然と会う機会もなくなり

自然消滅でしたが今となっては良い想い出です。

今では3人の子供のお父さんで

当時のA君からは想像できませんでした。

【熟女体験談】夫婦ゲンカになって飛び出してきたご近所さんの人妻と・・・

kage

2016/12/29 (Thu)

妻が実家に帰ったので近所のスナックで久しぶりに飲んだ帰り、千鳥足で公園を歩いているとパジャマ姿の女がベンチに座っていた。

気になって声をかけると同じマンションに住む奥さんだった。

挨拶程度しか会話したことがなかったけど、30歳くらいのキレイな人だと以前から気になっていた人でした。

奥さんは、夫婦ゲンカになって、夫が暴力をふるいだしたから飛び出してきたと言った。

携帯も財布もなくて、途方に暮れているところだった。

それにこの季節にパジャマの上に薄手のガーディガン1枚では寒過ぎます。

私は妻もいないしと思って家に連れ帰った。

体が冷え切ってると思う奥さんにシャワーを貸してる間に、余りもので軽くおつまみを作って、出てきてから一緒に飲んだ。

酒が入ると奥さんの口からは、旦那の愚痴ばっかりだった。

でも、1時間ほど飲んでいると、愚痴は夫婦生活、いわゆる夜の愚痴になってきて、急に怪しげな雰囲気になってきた。

実は妻が妊娠してから半年以上御無沙汰だったから、ついつい手を出してしまった。

【熟女体験談】出会い系で知り合った人妻と顔が唾液まみれになるくらい激しく求め合った

kage

2016/12/29 (Thu)

出会い系サイトの「●●クラブ」で知り合った人妻とのエッチがすごかったので投稿します。

何度かメールしているうちに「会ったらエッチしちゃうかも」っていう流れになってきたから、「じゃあ、会う?」って感じで会うことになった。

30歳の少しぽっちゃりとしたカワイイ感じの人妻さんで、ご飯を食べてから即ホテルに直行しました。

部屋に入ってすぐに抱き合って熱烈なディープキス。

唾液をたっぷり絡めるような激しい舌使いがエロくて、ガマンできずにベッドに押し倒して、顔が唾液まみれになるくらい激しく求め合った。

首筋に吸い付いて、舐めて、服をむしり取って、大きなおっぱいにむしゃぶりついた。

彼女もオレのズボンとパンツを強引に脱がせると、すでにカチカチになったチンポにしゃぶりついてきた。

気付くとちょうどシックスナインの体勢になっていたので、目の前の彼女のお尻をわしづかんで、スカートの上から撫で回した。

パンストを引き裂いて、パンティの上からオマンコを舐めまくった。

彼女も興奮していたのか、すごく濡れていて、愛液と唾液でスケスケになって、スケベなマンコの形が浮き上がるくらいに濡れまくた。

【熟女体験談】深夜温泉に入っているとたまに女性が入ってくる事がある

kage

2016/12/29 (Thu)

これは、年に四、五回ですが、温泉宿に泊まって、深夜温泉に入っていると、女性が入ってくる事があります。

私自身は女性用の温泉かとびっくりしますが、勿論、入ってきた女性の方も驚いています。

その女性は女将か仲居頭です。

男性用の温泉の方も、不定期に確認しないと清掃などに手抜きがあったりするようで、深夜に抜き打ちで点検するらしいです。

温泉の点検ですから当然全裸ですが、少し温まってからいろいろな箇所を確認しています。

私にとっては、全裸の女将や仲居頭を見る良い機会ですから、のんびりと時間を過ごします。

確認が主ですから、場合によっては後ろからアソコが丸見えになることもあります。

点検が終ると、また温泉に入ってきます。

一仕事おわったせいか、大体そばに来てくれて話しかけてくれます。

深夜の温泉で男女ですから、興奮します。

【熟女体験談】セックスレス生活が続きイライラ、ムラムラしていた私に転機が訪れた

kage

2016/12/28 (Wed)

私のセックスレス生活は続いていました。

姫始めなんて5月過ぎたくらいにようやく・・・、て感じです。

さすがにイライラ、ムラムラしていた私に、ある日転機が訪れたのです。

9月になってから、配達先の部長さんに突然、

「携帯電話の番号を教えてほしい。」

と言われました。

その人は年は50歳、笑った感じが石原晋太郎に似ている人でした。

その場は笑ってごまかしたんですが、まるで中学生なんかに戻ったみたいにドキドキして、なんか恋してしまいました。

ある日、配達先で立ち話をしていたら、急に後ろから抱きしめられて・・・。

その時理性が飛んでしまってたんでしょう・・・。