FC2ブログ
2016 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2016 12

【熟女体験談】真の女の喜びを与えてくれてありがとう

kage

2016/11/30 (Wed)

後悔してません!

私は20歳で主人(30歳)と結婚し、子供(15歳と13歳)にも手が掛からなくなった5年位前よりパートで働き始めました。

そこに新入社員の彼(21歳)が私の職場に配属されました。

スポーツマン(野球)の礼儀正しくハキハキとした態度に好感を持ち始めました。

その頃、主人は深酒の毎日で夫婦生活も月一度程度有るか無いかの欲求不満の毎日が続く頃でした。

寂しさの余り、彼を月に一度位、ドライブに誘い気を紛らす様になりました。

回数を重ねるに連れ、彼が身体を求める様になり悩みました。

でも「30歳半ばで女をやめるなんて嫌」と開き直り、一度しかない人生、自分の気持ちに素直に生きて行こうと心に決めました。

それからは、彼の気持ちにも素直に応じられる様になり童貞も頂きました。その後も月一程度に楽しんでいます。

私の住んでいる所は、田舎で車が唯一の交通手段です。

昨夜は、忘年会で酔った彼を迎えに行きました。期待をして!

【熟女体験談】新妻が何度も絶頂に導かれた

kage

2016/11/30 (Wed)

新婚ホヤホヤの24歳の人妻です。

この前会社で一人で残業していると、課長に後ろから襲われました。

いきなり胸をわしづかみにして、揉みしだき、唇を奪われました。

突然のことで、何もできずされるがままに身を任せてしまいました。

そしてスカートの中へ手を滑り込ませ、アソコをまさぐり始めると身体は敏感に反応しアソコが熱くなり濡れてくるのがわかります。

愛する夫と結婚してまだ5ヶ月しか経っていない新妻が会社の上司にいたずらされて感じているのです。

セックスは嫌いな方ではないですが、別に夫に不満はありませんし、十分満たされていました。

愛してもいない人に愛撫されて感じるなんて信じられません。

しかし現実には私の身体は課長の愛撫で熱くなり官能の波が押し寄せてきました。

課長の愛撫が絶妙で女の身体を知り尽くしているようでした。

【熟女体験談】夜行バスで痴漢にあい・・・

kage

2016/11/30 (Wed)

始めまして、去年結婚した26歳の新妻です。

先日主人の実家の神戸に夜行バスを利用して帰省したときのことです。

主人が仕事で1日遅れるため、一足早く帰省することになりました。

夜行バスは一人用の席がなく、2人席に乗り隣は40代位のビジネスマンでした。

疲れていたので、出発してすぐ眠り始めましたが、しばらくすると、隣の男性の手が太腿を撫で始めたのです。

セーターに大胆なフロントスリットの入ったタイトミニをはいていたので、男性を刺激してしまったのかもしれません。

意識が朦朧としていたので無抵抗のままでいると、手がパンストの上からアソコに触れ優しく愛撫してきます。

愛する主人以外の男性に初めてアソコをいじられ不覚にも感じてしまったのです。

私の反応を見て、大胆にもパンストを膝までずらし、セクシーな黒のビキニショーツの中へ指を這わせてきました。

アソコはクチャクチャと音が聞こえそうなくらい濡れていて、熱くなり無意識に指を締め付けているようでした。