FC2ブログ
2016 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2016 12

【熟女体験談】妻の輪姦をアレンジした

kage

2016/11/12 (Sat)

40代の夫婦です。

私は以前から妻を他人に抱かせたいとの願望がありました。

子供も独立し、再び2人の生活になったので実行しました。

そこまでには、いろいろあったのですが長くなるので書きません。

相手に選んだのは甥のT君、大学生です。

甥ですので身元はしっかりしていますし、あとくされもないでしょう。

最初は私との3Pだったのですが、やがて私を除いて妻と2人でするようになりました。

私も妻を貸し出すだけで興奮します。

妻は私にしないこともT君に命じられたら、何でもするようです。

妻は言いませんが、彼からの報告でわかっています。

【熟女体験談】未明に愛された過ぎし思い

kage

2016/11/12 (Sat)

過ぎ去ったあの夜明が懐かしく思い出される。

結婚してまだ二ヶ月しか経っていなかった八月四日未明、出張から二週間ぶりに主人が帰る日がやってきた。

この日が待ち遠しく、前夜から嬉しくて心が弾んでうとうとと眠りは浅かった。

主人は、前日の午後四時、東京駅発、特急寝台列車「西海」に乗って、その朝四時三十九分、駅に着いて、そのままタクシーをとばせ、夜が明けようとする四時五十分、玄関の扉を叩いた。

その音を聞いた私は浴衣姿のまま跳び起きて玄関で迎えた。

私は主人が帰った嬉しさに素肌も見えるほどに着衣は乱れ乱れていた。

私が主人の帰りを待ちわびていたその様子は、すべて私の態度に表れていたらしい。

主人は私にキスして抱きしめながら、私がそれまで寝ていた寝床に倒れ込んで激しく抱いてくれた。

私の浴衣の紐が緩められた。裾が拡げられると、弾ける二十三歳新妻の太腿が露わになって乱れた。

主人は、その太腿に脚を絡ませ、硬いものを押し当てて抱きしめ、下着を剥ぎとり、私を真っ裸にさせて挑んできた。

私も激しく抱きついた。

【熟女体験談】バスガイドの職場環境

kage

2016/11/12 (Sat)

今年29歳になる妻は、20歳の時にバスガイドとして就職したことがあるそうです。

結構、大手だったみたい・・・といっても親戚のコネで年度途中に欠員補充のようなかんじでもぐり込んだみたいですが。
バスガイドは、かなり離職率が高いようで3,4年で大部分辞めてしまうようです。

不規則な時間とか友達と遊べないとか言う理由もあるようですが、職場環境が悪くてと言う理由が一番多いみたいですね。

よく聞く話ですが、ドライバー(しかもベテラン)に、関係を迫られることが多いみたいです。

特に可愛い子は狙われて、拒めば嫌がらせを受けるので、みんな受け入れているそうです。

妻も研修後、初めての宿泊業務の時にもう、45歳のドライバーに迫られたそうです。

お客と別の旅館に泊まっていたので、ドライバーと食事をして、その後ゆっくりと温泉に浸かり部屋に戻っていたら部屋に電話が掛かってきて「反省会と明日の打ち合わせ」をするからこっちの部屋に来てくれと言われたそうです。

「風呂に入ったんだったら浴衣でいいから」

そう言われてそのままドライバーの部屋へ。