FC2ブログ
2016 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2016 12

【熟女体験談】知らぬは亭主ばかりなり

kage

2016/11/10 (Thu)

知らぬは亭主ばかりなり

若かりし頃、友人の引き合わせで、地元では大手病院の職員達と知り合いました。

その中でも数人と親しくなり、一緒に食事やドライブに出掛けるようになりました。

彼女達の年齢は10台後半から20台半ば、容姿的にも不快感のない女性達でした。

暫くした頃、縁あってその中の一人、S美と個人的な付き合いが始まりました。

後で知ったことですが、出逢った頃彼女達はほぼ全員性体験経験者であり、私の愛しいS美も例外ではありませんでした。

S美と親しくなると時期を同じく、S美の生理が顔を見せなくなりました。

S美は孕みやすい体質のようで、これを機にS美は私の妻になりました。

その後年月が流れたが、地元に残る妻と過去を共有する仲間達とは以前と変わらず交流が続いていました。

ある時、彼女達の会話を盗み聞く機会がありました。

【熟女体験談】酒が弱く酔うとスケベの本性を表す妻

kage

2016/11/10 (Thu)

今から20年前私はある中小企業に入った。

結婚前の妻ユキも同じ会社にいた。

妻は2つ下だが、高卒で入社。私は大卒で入社したから会社では妻が先輩だった。

夏、会社の20代、30代の先輩社員、男7人女5人の12人で旅行に行った。

着いたのは高原の避暑地の貸し別荘。昼は観光地を廻り、夜はバーベキュー。

そして、部屋で宴会になった。

夏でもあり、男は、ほとんどTシャツに短パン。女もかなり薄着でいた。

俺と妻は、みんなに散々飲まされていた。

みんな、妻が酒に弱いこと。酔うとスケベの本性を表わすことを知っていた。

あとの女も似たり寄ったりで、酔うにしたがい、下ネタが多くなり、

男たちは、そばの女の身体を触りだし、

女たちもキャッキャッ言って騒いでいたが、誰も嫌がってなかった。

【熟女体験談】隠し撮りビデオ

kage

2016/11/10 (Thu)

32歳と出会ったのは19才のとき、そのころの私はいろんな女の子とSEXをし、部屋に隠し撮りの為ビデオをセットしていました。

妻は何度かSEXをしていましたがおまんこはピンクでしまりはGOODでした。

よく友達が「ビデオみせて」と遊びに来ていました。

その当時妻はのりぴーに似て可愛く、私なりにまじめなお付き合いをしてましので妻のビデオテープだけは別の場所に保管していました。

ある日の夕方、友達が3人遊びに来たときのことです。

夜、妻が遊びに来る為風呂にはいりました。その間友達はいつものようにビデオを見ていました。

風呂から上がると、友達の声が聞こえいつもと雰囲気が違うようでした。

「OOちゃんええ胸している」

「顔に似合わずいやらしいの」

「今日もHなパンツはいてくるんかの」・・