FC2ブログ
2016 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2016 12

【熟女体験談】初めて見たとある独身女性の入浴姿

kage

2016/11/09 (Wed)

七月最終の土曜日の午後だった。

帰ろうとして廊下に出ると、そこで、ばったり美由紀と出会った。

美由紀は私の係にいる三十三歳独身女性だ。

「帰るの…」というと彼女は「ええ、帰ります。

これから、中広の伯母の家に、このウナギを届けに行きます」と云う。

「それでは、外は暑いから、車で送っていって上げよう…」と云うと美由紀は「えぇ!、ほんと、うれしい…」といって微笑んだ。

車を走らせた。

外は真夏の午後の太陽で車の中も相当に暑かった。

私は「随分、暑いね。

暑いから、涼しい所で休んでから行かない…」と誘いかけると、美由紀は黙って上目遣いで運転している私を見つめた。

それは暗黙の了解…という美由紀の色濃い眼差しであった。

【熟女体験談】妻の中学生の時の同窓会のビデオ

kage

2016/11/09 (Wed)

34歳男です。

妻とはおよそ7年前に結婚しました。

当時妻は全日空のスチュワーデスで、とても美しく、乳も大きくて、32歳となった現在も、藤原紀香をもう少し優しい顔立ちにした様な、いい女です。

色白で、大きな尻が魅力的である為、セックスの時はいつも僕のチンボを咥えさせたまま尻をこちらに向けさせて最後は口内発射で決めるまで奉仕させていました。

しかし、そんな美しい妻は、一方ですごく勝気な性格で、わがままです。

仕事が忙しい僕が、3歳になる1人息子の世話をしない、といつも喧嘩となり、性交渉も一ヶ月に一回と勝手に決められてしまっています。

現在では彼女の豊満な肉体の虜の自分がセックスしてほしさに、何かと奉仕しているような現状です。

情けないのですが、僕は仮性包茎でチンボが小さいのです。

妻は「くさいのよ、ちっこい包茎が!」と罵ります。

しかし、いつもは生真面目で、貞淑な妻である為、そう罵られ、虐げられても我慢してきました。

【熟女体験談】妻の懐妊という最悪のシナリオにも決定的な証拠になる

kage

2016/11/09 (Wed)

Gを夕食に招待し、妻とGだけを残して私は寝室へ消えました。

私の仕掛けたビデオカメラの前で、二人がめくるめく官能の炎に包まれる。

そんな私の期待を二人が裏切るはずもありませんでした。

二人が私の恩人と私の妻を演じていられるのは、ほんのわずかな時間でしかなかったのです。

私の前では「奥さん」と呼んでいたGが「ゆきちゃん」と呼び方を変えました。

Gと妻との幾たびかの逢瀬の中で、自然に身についたものなのでしょう。

妻もすっかり女の眼差しでGを見つめています。

辛抱しきれないといった面持ちでGが妻の横に席を移しました。

さっきまで私が座っていた席です。

二人の距離が縮まり、艶やかにルージュのひかれた唇にくちづけしようとGが妻の顔に手をかけました。