FC2ブログ
2016 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2016 12

【熟女体験談】妻が息子の大学サークルで・・・

kage

2016/11/27 (Sun)

今、我が家は家庭崩壊の危機です。

事の発端は、私が息子のパソコンを借りた事にあります。

ネットで調べ物をしている時でした。

”ガ・ガガ~”と言う嫌な音と共にパソコンが固まったんです。

立ち上げ直しを行っても復帰する事は無く、遂に壊れたかと思っていました。

その日、息子と妻は、息子のサークル(柔道部の試合)に出掛けていて家には誰も居ませんでした。

ちょっとだけと思い、息子の部屋からパソコンを借りて来たんです。

パソコンを立ち上げ、ネットを見ている時、サークルと書かれたフォルダーがあって気になった私は悪い事と知りながらフォルダーを開けたんです。

更に中には、抜きネタと言う意味深なフォルダーがあったので、エッチな画像と確信しながらクリックしたんです。

中には、画像と映像と書かれたデータが10件位あり、画像をクリックして目を疑いました。

【熟女体験談】夢と現実がこんなにかけ離れてるなんて思いませんでした

kage

2016/11/27 (Sun)

子供が好きで小学校の教師になったのですが、夢と現実がこんなにかけ離れてるなんて思いませんでした。

とにかく忙しくて、休む間もないんです。

教育実習の時に知り合った先輩教師と結婚したのですが、夫も同様に仕事が忙しくて結婚してからすぐにセックスレスになりました。

仕事のストレスと欲求不満でおかしくなりそうで、たまに校内でオナニーしちゃう時もあるくらいです。

そんなある週末末のことです。自宅に仕事を持ち帰ってやろうとした時、書類の一部を学校に忘れてきたのを思い出して夜に戻ったんです。

カギを開けてもらおうと用務員室に行くと、用務員の山川さんが「一杯やりませんか?」って誘ってきたんです。

ちょっと悩みましたが、せっかくなので少しだけお邪魔することにしました。

住み込みなので部屋の中は男の一人暮らしって感じで、鼻に付く汗臭さもありました。

山川さんに勧められてビールを飲んでいると、エッチなことばっかり聞いてくるんです。

30代半ばで一人やもめじゃしょうがないのかな、って思いながら付き合ってたら、「旦那さんとは週に何回くらいしてるんですか?」とか「どんなセックスしてるんですか?」とか、プライベートなことまで聞いてきたんです。

【熟女体験談】マスターベーション

kage

2016/11/26 (Sat)

俺32歳、妻28歳。

妻は金融機関に勤めているので帰りがいつも遅い。

俺は其の日仕事帰りに借りて来たアダルトビデオを見たくて、帰るやエアコンを程良い温度に設定して見ていた。

すぐにでもマスターベーションをしたかったのだが、少しでも我慢しようとペニスを握ることなく、ビデオを見ていた。

当然もうペニスはピンピンで、ソファーに座り脚を机の上に乗せて見ていた。

すっかり時間を気にするのを忘れてしまって、妻がドアを開けて初めて帰宅したのがわかったのだ。

テレビには男女の交わりがアップで映り、俺は全裸で勃起したペニスがピクピク動き、先からは大量の液が竿を伝っていた。

妻は

「アラアラ、お楽しみね。未だ射精してないの?」

と俺はなんて言っていいのかセックスしている時、フェラをしてもらったりはしているのでペニスを見られるのが恥ずかしかったのではなく、全裸でペニスを勃起させアダルトを見ているのが恥ずかしかったのだ。

「未だ、出してないよ」

というと,妻は着ていたブラウスやスカートを脱ぎ、ブラとパンティーになったかと思うと、それをも一気に脱いで俺と同様全裸になった。

【熟女体験談】妻が僕との結婚で会社を退職したときの送別会でのお話

kage

2016/11/26 (Sat)

もう10年も前の話になるけど、妻が僕との結婚で会社を退職したときの送別会でのお話。

ちなみに。僕と結婚することは会社には内緒だった。

当時、妻は僕と同じ職場につとめていたが、部が違うため、僕は宴会には出席せず、家で帰りを待っていた。

23時頃を過ぎて、タクシーの音が聞こえたので、窓から外を見ると、ちょうど妻が降りるところで、

同僚だろうか、中に居る人間に手を振ってお休みの挨拶をしているようだった。

ところが、部屋に帰ってきた彼女に、

「遅かったね。タクシーで帰ったの?」

と聞くと、

「ううん、酔い覚ましに歩いて」

という答えが返ってきた。

【熟女体験談】20年前の妻からの告白 【熟女体験談・おばさんとのエッチ体験談】

kage

2016/11/26 (Sat)

妻は20歳で結婚した。

相手は25歳だったそうだ。

そんな告白を聞いたのは私が妻と結婚した20年前のことだった。

私も妻のお互いばつ一同士です。

妻と結婚してそんな告白を聞いたのは結婚して1年位たったころだったと思う。

妻は決して美人ではないが身体は誰が見ても肉感的だと思う。

私が身長175cmあるが妻も163cmで胸も87cmのDカップ、お尻は90cmと聞いている。

普段はいつもローライズジーンズを穿いていてしゃがんだり腰を突き出すしぐさをしている時はお尻の割れ目も見える。

セックスが終わった後、妻に前夫とのことを聞くと少しだけだけどいろんな話をしてくれた。

お互い若い夫婦だからあたり前だけど、結婚してから朝に夕に彼(前夫)は求めて来たそうだ。

妻はその夫が初めての男性だった。

【熟女体験談】憧れのふっくら人妻との初エッチは満足感が大きかった

kage

2016/11/25 (Fri)

近くに住む中年夫婦が散歩してるのをよく見かけていたが

先日、その奥さんが孫のお守りで公園に来ていたので

「いつも、ご夫婦仲が良いですね~」とひやかすと

「旦那がリハビリで歩いてるので付いて歩いてる」

「もう、だいぶ前から夫婦は休業中ですよ」と言う。

「なんと勿体ない、俺もアッチは自信が無いけど、

このふっくらボインを是非一度、抱いてみたいものです」

と冗談半分に頼んでみたら

「こんなデブ、くれても要らないでしょう?」と

笑いながらOKしてくれた。

【熟女体験談】隣の奥さんが最高に色っぽい

kage

2016/11/25 (Fri)

最近の主婦のってすごいですね~

誰でも不倫してるって感じですね。

でもあれは不倫とは言わないか・・・?

火遊びって言うか、男遊びって言うのかな?

先週の金曜日、まだそんな遅くない時間仕事がらみの飲み会からの帰り

我が家の最寄の駅に降り立った時

同じ電車から隣のマンションのMさんの奥さんが降りてきたんです。

30代半ばかな?スリムだけど良いスタイルで美人というよりチャーミングな感じ。

前々からちょっと気になっていた奥さんなんで、お酒も入っていた勢いで声かけたんです、

「Mさんの奥さんじゃないですか」って。

【熟女体験談】妻のすさまじい性欲

kage

2016/11/25 (Fri)

私は58歳で定年して、久しぶりにゆっくりと朝寝を楽しんでいます。

そんな折、ある朝、横で寝ていた妻が俺の朝立ちしているペニスをいきなり握って来て、

「しようよ。おとうさんのちんぽもこんなになっているし・・・」

というや、妻は上半身を起こして、着ていた寝着を脱ぎ、上半身裸になりました。

ブラはもう結婚した時から寝るときは付けていません。

器用にズボンとショーツも脱ぎ全裸になると仰向けに寝ている私を跨ぐようにしてしゃがみ妻の股の部分を私の口の前にやると黒々とした陰毛を私の口にやりました。

ぱくりとあそこの部分が開いています。

「舐めて・・・・吸って・・」

と言いながら妻は両方の手で自分の胸を揉み始めました。

次第に潤った妻のあそこはかなり湿っており、あそこの味も感じ始めました。

【熟女体験談】友達の奥さんとお風呂で・・・

kage

2016/11/24 (Thu)

去年の12月に友達夫婦と僕達夫婦の4人で群馬の温泉に出かけました。

友達は中学から大学まで一緒で、今でも仲良くしています。

友達の奥さんは25歳で僕と友達の共通の友人でした。

歌手のhitomiによく似ていて、性格もよく、かなりのレベルでした。

まだ子供もいませんのでスタイルも抜群です。

去年の夏に4人で海に行った時にそのスタイルは確認済みでした。

特に、胸の谷間と「くびれ」がたまりません!

何度もやりてぇぇ!!って思ってました。

昼間はスキーを楽しんで、夜は酒を飲みながらワイワイとやってました。

冬だというのに、奥さんはミニスカートをはいていて、座敷で飲んでいた

【熟女体験談】淫らに豹変する人妻

kage

2016/11/24 (Thu)

今年になって地区の役員に初めて選出され、懇親をかねて飲み会が開催された。

ここに越してきて二十年も経つのに、仕事に託けて先伸ばしてきたのだが

いよいよ逃げられずに今日を迎えるはめになったのだ。

同じ町内で有名なエロじじいも私と一緒に役員を1年間努めることとなったのです

酒の席で案の定、エロじじい正吉さんが声を掛けてきた

「大変ですが1年間宜しくお願いしますよ田中さん!

奥さんよくウチに配達に来てくれるからさ、アンタより顔見知りだよ(笑い)

まっお近づきに」

湯飲茶碗に注がれた酒をグイグイと飲み干す酒がすすむと気さくなエロじじい正吉さんと気があったのか、かなり仲良く打ち解けていた

根底には妻の美紀に向けられた正吉のいやらしさに興味を覚えたからでもあるのだが…