FC2ブログ
2016 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2016 10

【熟女体験談】親友が離婚を考え始めているという内容の相談を受けていたら

kage

2016/09/18 (Sun)

もう何年も前の話です。

高校、大学からの親友が離婚を考え始めていると言った内容の相談を受けていて、何度か仕事帰りに飲みに行っていました。

彼から相談を受ける半年くらい前に、ボク自身も離婚を経験しており、ある意味ボクの経験を踏まえて色々と話をしました。

ボクが離婚した相手も、彼が離婚しようとしている相手も、実は学生時代から交流があり、4人で旅行したり遊んだりなど交流していました。

ある夏の日に、ボクの携帯電話に見覚えのない番号からの着信があり、出てみると通話口の向こうからは、親友の奥さんの声が聞こえてきました。

ボクが離婚してからは彼女と直接会うこともなかったのですが、経緯を色々と聞かされていたので、純粋に愚痴を聞いてあげるつもりで飲みに行く約束をしました。

彼女の住んでいる(親友はその時既に別居していました)街に車で向かい、彼女の家の前に車を停めて近くのおしゃれなダイニングに入りました。

彼女は昔から割りとお酒には強かったのですが、その時はストレスやら心労やらが溜まっていたのでしょうか、サワーと梅酒を2・3杯も飲むとすぐに酔ってしまい、ほとんど抱えるようにして彼女を家に連れて帰りました。

リビングのソファーに座らせると、彼女は無言のまま自分の着ていたものを全て脱ぎ散らかし、文字通り一糸纏わぬ姿になるとボクに有無を言わせることなく抱き付いてきました。

比較的冷静だったボクのアタマの中に親友の顔が浮かんだのですが、さすがに全裸の女性を放っておけるほど人間は出来ていないので、しっかり自分もその場で着衣を脱ぎ捨ててしまいました。

明るい蛍光灯がリビングを煌々と照らす中、夢中でお互いの性器を唇や舌で愛撫し合い、気付いたときにはボクの上に跨った彼女は、上体を大きくのけ反らしながら激しく腰を振っていました。

長い付き合いのせいもあり、実は彼女が妊娠することが出来ない身体だということをボクは知っていました。

【熟女体験談】ペニスバンドで奥まで突いて

kage

2016/09/18 (Sun)

中学3年の頃からオナニーし始めました

そのきっかけは教室で他の人から押された拍子にクリトリスが机の角に当たり擦れた時からでした

それから毎日のようにクリトリスをいじってオナニーしていました

ペニスを入れられたのは19歳の時であまり気持ちはよくありませんでした

その後3人の男の人とセックスしましたが私がいく前に中に出して終わってしまいます

今の主人とのセックスもいく前に性射するので後でオナニーしています

最近出会い系にはまっている高校の時からの女友達から呼ばれ待ち合わせしたところにいったら彼女と彼女のセフレと言っている男の人がいました

そして二人について行くとホテルの部屋に着きました

わたしは、何となくいやな予感がしていました

主人とのセックスはあまりよくないと以前話をしていたので「すてきなセックスさせてあげるよ」と言ってきました

でも不倫などしたことが無いのでとまどっていると二人に抑えられすぐに服を脱がされ体をいじりました

とまどいながらも私は感じていました

【熟女体験談】マンションのモデルルームに常勤し販売活動で・・・

kage

2016/09/18 (Sun)

28才。熟女好きな不動産屋です。

俺は今、マンションのモデルルームに常勤し販売活動をしています。

この不況で来場するお客もまばらで、先月から平日は一人で半ば留守番って感じです。

暇でしょうがないのでモデルルームの前でチラシを配っていると、40歳くらいの結構色っぽい奥さんが興味を示しモデルルームを見てくれました。

彼女は42才。近所に住んでいるらしく、子供は中学生と高校生の女の子がいて、旦那は単身赴任で福岡にいるとのことでした。

モデルルームを見ながら色々と話をしているうちにかなり打ち解けてきてその日は2時間位いました。

「ひまなんで~また遊びに来てくださいね」と言い、奥さんも「そうねぇ~検討しておくわ」と言って帰りました。

まったく変な気はなく、買ってくれればいいなぁとその時は思っていました。

1週間位してまたチラシを配っていたらその奥さんが歩いて来たので「こんにちは」と挨拶すると「今日も一人なの?」と奥さんが聞いてきました。

一人だと言うと奥さんはケーキがあるから一緒に食べないと言ってくれたのでモデルで食べました。

ケーキを食べながら色んな話をしてかなり親密になってきて俺も「こんな熟女とやりてぇなぁ~」などど考えていると、奥さんがもう一度モデルルームを見たいと言ってきたので案内しました。