FC2ブログ
2016 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2016 10

【熟女体験談】妻の友達にやばいと思いつつふと思いついたことを行動した

kage

2016/09/16 (Fri)

先日妻の友達が家に遊びに来た。

妻と同じ29歳の奥さん。

子供連れで来た。

けっこうかわいくていい。

俺はムラムラとしてきた。

奥さんが帰った後、使ったコーヒーカップを自分の部屋に持ち込み、口の辺りを舐めまわす。

もうすでにチンポはビンビン。

舐めながらチンポをしごき射精した。

それから数日後また家にやってきた。

履いてきたブーツを匂いをかいたり舐めたかったりしたかったが、さすがに部屋に持ち込みはやばいし、かといって玄関でチンポをしごくわけにもいかないだろう。

俺はふと思いつきやばいと思いつつも行動に移した。

コーヒーに自分のザーメンを入れて出す事だ。

【熟女体験談】中学校時代の同級生の旦那と・・・

kage

2016/09/16 (Fri)

マンションに引っ越してしばらくした時に、どこかで見覚えのある顔に出会いました。

その人は、中学校時代の同級生のユカリでした。

まさか同じマンションに住んでると思わなかったからビックリしたけど、それからというもの、家族ぐるみでお付き合いするようになりました。

でも、それが大きな間違いに発展してしまいました。

ユカリが家を数日空けるのと、うちの主人の出張の日が重なったんです。

それで、お互いひとりだから食事でもって、ユカリの家でダンナさんに食事を作ってあげてたら、いきなりガバって後から抱き締めてきて、激しく胸を揉むんです。

「ああ、ユカリとは違って、ムチムチしててたまらない」もう固くなったアレをお尻に擦りつけてきて、服の中に手を入れて、下着の上から揉まれたりして、私は感じてしまいました。

「だめよ、ユカリに悪いわ…」そうは言ったものの、お尻に押し付けられている大きなモノが気になってしかたありませんでした。

抵抗しなかったのをOKサインと思われたらしく、ダンナさんはブラの中に手を入れて乳首をつまんできたり、スカートをまくってショーツの上から敏感なところをコリコリいじられてしまいました。

私は口では「ダメ…」って言うのですが、ダンナさんが触りやすいようにお尻を突き出したり、自然と股を開いたりしていました。

ダンナさんの左手は常に私の胸を揉んでいて、右手は器用にショーツを横にずらして下着の中に指が入ってきました。

【熟女体験談】ちょっとしたきっかけで知り合った旦那では性欲を満たしきれない主婦

kage

2016/09/16 (Fri)

なおみとはちょっとしたきっかけで知り合った。

35歳で子供二人。

練馬の結構金持ちの奥さんで、暇をもてあまし気味。

痩せ型で、尻は小さいが、胸だけは並外れてデカイ。

顔も派手で、見るからにスケベとわかる。

旦那とも週に3~4回はセックスしているが、それでも性欲を満たしきれず頻繁に俺に会いたがる。

なじみの新宿のラブホに入るなり、俺のチンボにむしゃぶりつく。

シャワーを浴びるとチンボのにおいが消えるから、と会う前日から風呂にも入らせない。

なおみの割れ目に食い込んでいたパンティーはマンコ汁で色が変わるほど濡れている。

俺のちょっと大きめなチンボ(18センチぐらいかな。)をジュボジュボと音を立てながら、おいしそうにしゃぶりはじめ、自分のクリトリスをこねくり回す。

ローターをあててやると、「ヒー」と、よだれを流しながらベッドに爪をたてながらのたうちまわる。

「はやく入れてー」と股を大開にして、とろんとした目で訴えかける。