FC2ブログ
2016 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2016 10

【熟女体験談】熟女はセックスの対象にはならない

kage

2016/09/27 (Tue)

もう数年前からの知り合いの近所の熟女、人妻だけど

なぜか俺と気が合い、時々映画を観たり、ランチに行ったり

年に数回だが近場をドライブしたりの仲なのだが、

俺はその熟女はセックスの対象にはならない。

50過ぎの女とは出来ない。

相手の人妻は旦那とは、セックレス状態らしいが、

俺に癒しを求めてくる事も無いし、誘って欲しい素振りも無かった。

いつもデートの時は割り勘だし、

彼女が連れて行って欲しいと言った時は、俺がおごって貰ってた。

【熟女体験談】熟彼女は50を過ぎても性欲旺盛

kage

2016/09/27 (Tue)

W不倫関係になって早3年、熟彼女は50を過ぎても、性欲旺盛。

彼女がパートとして会社に入ってから、

寝取ってやろうと色々考えて、とにかく優しく接したのが良かったのか??

次第に家庭の不満を喋るようになって来た。

仕事の事もありメールアドレスを交換してからは、プライベートの事も相談を受けるようになる。

思い切って、お互い平日休日の日を狙ってドライブに誘うとあっさりオッケイ。

ランチして買い物して、その日はお別れしたが、メールで楽しかったと!

その後も、平日に映画を観に行くようになり・・・・

【熟女体験談】会ってみてビックリの熟女

kage

2016/09/26 (Mon)

このあいだ出会い系で知り合った熟女に会ってきました。

年齢50歳。熟好きの俺はどきどきでした。

待ち合わせ場所に着くと、そこには3人の女性がいました。

1人は30代後半のスリム、この人じゃない・・

2人目、40代後半位のムッチリ熟女。

このひとか?もう一人、50代の中肉、だけど眼鏡で背が小さくまじめそう・・

やっぱり2人目のムッチリ熟女か??と思っていると携帯がなった。

出ると待ち合わせしているMさんだ。

「どこにいますか?私はとっくに着いてます」

喜び勇んでムッチリ熟女を見ると電話なんてしてない・・

フッと見ると3番目の地味な眼鏡熟女が携帯で話している!

【熟女体験談】還暦過ぎた人とエッチな関係にあるなんて誰にも言えない

kage

2016/09/26 (Mon)

還暦過ぎた人とエッチな関係にあるなんて、誰にも言えないのでここに告白します。

俺27才、還暦熟女さん仮名多都子さん63才、エッチな関係一年半になります。

きっかけは、会社の先輩に無理矢理連れて行かれた陶芸教室にて知り合いました。

誘った先輩は一度きりで脱落、嫌々行った俺が逆にハマってしまい、通うようになり、そこで多都子さんと知り合いました。

俺はず~っと還暦過ぎ=お婆さんのイメージでしたが、陶芸教室にきてる人、みんな若々しくて、若い俺もすんなり溶け込めました。

実際、多都子さんも孫がいてお婆さんなことには変わりなぁですが、動きがテキパキしてて、年下の俺のお袋のほうが婆くさい、そう思いました。

一昨年の芋煮会のとき、俺、多都子さんに迫ってみたんです、酔った勢いで。

するとまんざらでもなくどころか、喜びはしゃぐ姿がなんか可愛らしくて、他の人から冷やかされたりして、楽しい雰囲気になりました。

芋煮会お開きになり、さて帰ろうとなったとき、みんなと離れた多都子さんにもう一度迫ってみました。

多都子さんは驚きながらもまた喜び、OKでした。

【熟女体験談】子供ができなかった熟女のスタイルは抜群

kage

2016/09/26 (Mon)

ここでメル友になった50歳超えの熟女と付き合っています。

旦那が単身赴任との事で、

欲求不満な様子がメールのやり取りから判りました。

ランチだけとの約束で食事し、

その後少しだけドライブと言って車で一緒しました。

車の中でスカートからの太腿を触ると、

押し黙ってしまったので近くの駐車場に停めてキスしたら、

そのあとは一気にラブホに直行です。

ベットで全裸にすると、

子供ができなかったとかで身体のラインはとても50歳超えに見えずスタイル抜群でした。

【熟女体験談】留学先でバスルームから出ようとしたら・・・

kage

2016/09/25 (Sun)

もう20年ぐらい前だが学生時代アメリカに留学していた。

だがNYみたいな都会じゃ無くてカリホルニアの田舎町の農場の離れに住んでいた。

ここのオーナーは30代後半の田舎風の美人熟女だった。

デブではなく映画に出てくるような子持ちのキャリアウーマンタイプ。

子供も幼稚園と小学生が2人いた。

旦那とは別れて農場をついだそうだ。

ある日の夜遅くシャワーを浴びているとガシャンと扉が閉まる音がした。

鍵をかけたはずなので開けられる人は限られているが様子を見ようとバスルームから出ようとしたらオーナーが立っていた

『OH』

慌ててタオルで隠したがオーナーは動じず「シー」とやって私に抱きついてきた。

そのままフェラされる。

【熟女体験談】泥酔している熟女を解放しつつ・・・

kage

2016/09/25 (Sun)

前を歩いてる女性・・・

どう見ても千鳥足、右に左にフラフラと・・・

ついに歩道脇の段差に座り込んじゃいました。

歳の頃は50前後のおばさん。

そのまま寝そうなんで、追い剥ぎに会わないように声を掛けて一緒に歩こうと。

途中から肩を組むように脇から手を入れて、時折おっぱいタッチ。

おばさんは全く気付いてない様子。

公園横を通過しようとしたとき、ついにオエっと・・・

背中をさすってやるも、グロッキー寸前。

とりあえず、公園のベンチに座らせて、自販機までダッシュして、ポカリを購入してベンチへ。

ここまではイイ人だったんだけど・・・

【熟女体験談】車の修理にきた美人さんの誘惑

kage

2016/09/25 (Sun)

私は車の修理工場を経営してます。

先日、従業員が帰ってから、車のヘコミを見てほしいと、30後半ぐらいのオッパイ見えそうな服で下はミニスカートのなかなかの美人さんが来られました。

ステップワゴンでバックした時、リヤゲートをぶつけてしまったようです。

キズを見ると、ヘコミは板金しないと治らないが磨けばそこそこ目立たなくなりますけど、と説明すると、お金がないので磨いてほしいと言う話になり、しゃがみながら作業をしていました。

するとその女性が隣に来て、作業を見させてほしいと。

まぁ大して邪魔にもならないのでOKしました。

しばらく雑談して、最後にポリッシャーをかけてツヤを出していると、ボディーに反射して女性のパンティーが見えていました。

あまりにも興奮して振り返って直接見てみると黒のスケスケパンティーが丸見えでした。

もちろん私がパンツを見たのを彼女は気がつきました。

すると彼女は隠す事もせず、微笑みながら

「ムラムラしてきた?」

と言ってきました。

【熟女体験談】スーパーマーケットでレジで働いている熟女と話をするようになって

kage

2016/09/24 (Sat)

俺の近くのスーパーマーケットでレジで働いているF恵さんは55歳。

俺はそこへよく買い物に行く。

特にそのF恵さんと話をするようになってから、少しづつ買い物をする。

其の度に話ができるからだ。

レジに行く時、客がレジにいないことを確かめてから行く。

そうしているうちに、俺は休みの日にドライブに誘った。

もちろんSEXを期待して。

レジにいるF恵さんはいつも股上の短いジーンズが肌にぴったりとしたもので股間に食い込んでいる様と大きな胸がシャツを破けそうな位盛り上がっている。

お金を払う時俺は用意していたメモを出し「後で呼んで電話してと付け加えた。

その晩9時ごろ電話が入った。

【熟女体験談】セックスした相手を間違え独身熟女隊と・・・

kage

2016/09/24 (Sat)

私は乾杯程度しか出来ない全くの下戸ですが、ヒョンな弾みで大酒呑みのだけど、顔も、スタイルも、性格も申し分のない、稀に見る熟女と昨年再婚したのでした。

妻は私と出会う5年前まで何故か処女で、これまで言い寄って来た男性の事を聞いては見たものの、酒の席で言い寄られた相手は年の数以上に居たようですが、何せ超ウワバミの妻を口説き落とそうにも、男達は勝手に飲み潰れ、妻が数回潰れた男をホテルで介抱する口実で逆オオカミになったものの、誰1人としてセックスするには到らなかったらしく、偶々私が酔い潰れて意識がなくても勃起可能な特異体質を持っていたために、妻にとって初めての男になった次第でした。

そんな妻には大切な飲み仲間とも言える20年もの付き合いがある、独身熟女隊が居て、毎週末決まって繰り出していたとの事。

特にM代とN子は妻以上のノンベで、趣味も妻と同じスポーツ観戦なので、一昨年に同棲を始めた後も誘われない週末が全くありませんでした。

私もかつては甲子園を目指した経験がある事から、運転手兼解説担当で様々な野球場へ野球観戦1泊旅行が週末のお決まりになってしまったのでした。

勿論私達夫婦とM代・N子と2部屋確保は必須でした。

つい先月も長躯甲子園まで足を伸ばし、チェックインをしようとしたところ何故か1部屋の予約しかされておらず、満室のために4人相部屋となってしまい、キャンセルしようにも近隣のホテルはどこも満室、甲子園から戻る時までに一応キャンセル待ちの手続きだけして甲子園へ・・・ホテルへ戻って来た時点では予約客すべてチェックイン済みで、結局4人揃って同じ部屋へ宿泊となったのでした。

ホテル側の微妙な配慮があり、セミダブルベッドが2つある部屋でしたので、女性達の着替えの際にトイレへ隔離される事で妥協して泊まる事になったのでした。

着替えを終えると持ち込んだ多くの酒で乾杯。

モノの2~30分で私はリタイアしベッドへ、それから5時間程、猛者たちの酒宴が続いたとの事。

深夜、妙な圧迫感に目を開けると、私の腰の上で弾んでいる女性のシルエットが。