FC2ブログ
2016 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2016 09

【熟女体験談】事実とは反していたきれいで清楚な隣の奥さん

kage

2016/08/14 (Sun)

単身赴任中の私にある異変が起きたのはひと月前からのこと。

夏のある日、無防備に窓を開けてエロビデオを見ながらオナニーしていたときの事、
窓から視線を感じ部屋の飾り鏡ごしに誰かを確認したら、なんと隣に住む奥さんではないか。

どうしたのか気にしつつも私は続けてオナニーを見せてあげた。

奥さんはじっと見入っている。

そしてザーメン発射の瞬間を鏡ごしで見ていた。

奥さんの口元によだれらしきものが見えた様な気がした。

その後は何もなく数週間が過ぎた。

ある日奥さんの方から

「下のお世話必要ですか?」

と聞かれたので思わず

「ええ、必要です」

と答えた。

【熟女体験談】隣人の妻に近くのプールでデカチンを見せつけたら・・・

kage

2016/08/14 (Sun)

隣人の妻に俺は惚れている。

乳もでかくスタイルがいいし、
ローライズのジーパンからもろ見えしているTバックの尻が最高にいい。

毎日散歩してればそれを拝める。

俺はそれを見てからオナニーして毎日出しているのが日課だ。

夏の日、近くのプールにいくと隣人の妻が近所の奥さん連中と共に来ていた。

そのうち、近所の奥さん連中は帰り、俺と隣人の妻だけが残っていた。

監視員も帰り仕度を始めており定位置にはいなかった。

俺はその日ピチピチの際どいラインにえぐった

ビキニパンツをはいていてデカチンを収めるには厳しいサイズをはいて来た。

妻は俺を見つけると近寄ってきて挨拶をしてくれた。

俺はデカチンを見せ付けるべくバスタオルをはずした。

【熟女体験談】巨乳妻がデカちんぽに魅せられ・・・

kage

2016/08/14 (Sun)

裏の人妻は美人で巨乳だ

。一目見たときから私のお気に入りだ。

ある日、洗濯物を干している美人巨乳妻に見えるように風呂場の窓を開けてちんぽをしごき洗っていた。

案の定、相手方はそれを見ていた。

私は興奮しながらも巨乳妻を見据えながらちんぽをこすり上げ、大量のザーメンを発射した。

巨乳妻はじっと私を見ながらも我に返ってそそくさと部屋へ帰っていった。

自慢ではないが私はちんぽがデカイ。

フル勃起すれば20cm、雁首は軟式テニスボールくらいはある。

さおも牛乳瓶ぐらいの太さだ。

私はある確信があった。

でかいちんぽを見た巨乳妻は必ずまた風呂場を覗くと。

数日後、同じように窓を全開にしてちんぽをしごいた。