FC2ブログ
2016 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2016 09

【熟女体験談】

kage

2016/08/06 (Sat)

地元のスーパーのチェーン店でバイトしてた時、まだ高校で学校はバイト禁止。

だから裏で、入って来た野菜を運んだり、ダンボールを片付けたりとか裏側にいました。

冬には寒くて夏は暑くつらかったけど、時給良かったし二年から一年半位続けた。

三年の時に、ちょくちょく声を掛けてくれた当時38歳の美代子さんと親しくなり、メルアド聞かれるとやりとりしてました。

時々夜に食事したりはあったんですが、あれは美代子さんが休みで俺が夏休みの時に、
夜九時過ぎに電話が鳴って「今何してる?」と言われてバイト帰りと話すと「じゃあさぁ、駅前で逢わない?」と言われて暇だし、
家もみんな親の実家に行って留守だったから、駅前で居ると「今晩わ~」と美代子さんが現れ少し酔ってる様子。

「こんな時間にごめんね~」

と言われタクシーに一緒に乗ると、ついたのは美代子さんの家。

誰も居ない一軒家に入るといきなり抱きつかれ

「可愛いね…」

【熟女体験談】派遣社員の熟女との同行営業で・・・

kage

2016/08/06 (Sat)

俺の仕事は営業、
今日は35才の派遣社員の熟女と同行営業だった。

名前は由加里さん、黒のリクルートスーツでスカートはタイト。

ぴったりとしたスカートからはち切れそうなヒップが物凄くいやらしい。

午前中2社訪問、昼食後に営業車でゆっくり午後は1社の訪問の予定。

車の中でゆっくりとしていた時、由加里さんが僕の股間に手を置いた。

びっくりして由加里さんの顔を見たら笑っていた。

『ねェ!憲治君、午後は時間が余るから休憩しない?』

と仕事はうまくいっていたから断る理由もなく車を郊外のホテルに走らせた。

【熟女体験談】熟女の本音

kage

2016/08/06 (Sat)

熟女はガードが固いのではなく自分に自信がないのである。

我輩がいつもハメている熟女はなかなか美人で評判の女が多いのであるが、
一様に「わたしのどこがいいの」と聞いてくる。

長年のつれあいとはSEXレスは当たり前、子供の世話から、
仕事、家事、近所付き合い、学校の付き合いと忙しい毎日を続けてきて、
子供がある程度大きくなって
ふと自分に帰る…女である事を忘れていた…

まぁほとんどはなすすべもなくそのままなんだろが、
SEXという快感と浮気という背任行為のスリルなどと合わさって、
男たちの性欲処理機になる。

しかしこの熟女達は自らそれを望んでいるのであるよ。