FC2ブログ
2016 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2016 08

【熟女体験談】プールでナンパしたスタイル抜群の人妻とホテルでの秘密づくり

kage

2016/07/28 (Thu)

暇に持て余してプールに通っている。


なぜってこともないけど

高校時代水泳部に入っていたから少しは泳げる。


それに32歳にもなって独身で、

正社員でなくパート勤めをしている。


そこで信じられないであいがあったのだ。


いつものように一泳ぎして、

プールサイトに腰かけていると、

そこへ、美人ではないがナイスボデイーの美熟女がやって来て声をかけてきた

「何度か泳いでいるのを見させて頂いてたんですが、泳ぎを教えてもらいませんか?」

と、真正面に立つ彼女は身長は1m60cm位だろうか?

【熟女体験談】友人の母親と自分の母親を交換し、朝まで添い寝SEX

kage

2016/07/28 (Thu)

私が中3年、夏も終ろうとしている頃の話です。


住まいも近いM君とは、

お互いの家に行ったり来たりで親しくしていた。


母親同士(当時両者38歳?)もそんな関係もあり、

またお互い母子家庭という環境からも親しかった。


私もMおばさんは綺麗で好きだった。


その年の夏の始め頃に

『ねぇR(私)今月の○日からM君家族と温泉旅行に行くのよ。

休みも取れたし』

と台所の方から母のうれしそうな声がした。


当日は四人とも電車の中からはしゃいで目的地に向かった。

【熟女体験談】塾講師の妻が生徒の成績が上がったらご褒美を上げることになった

kage

2016/07/27 (Wed)

私38歳で自営業をしていまして


妻33歳結婚7年目で
子どもなしの夫婦


私は親が経営する居酒屋の手伝いをして一応
「専務」という肩書き


仕事は夕方前に家を出て、家に戻るのは深夜になります。


妻は元教師で結婚してからは小●生相手に

夕方から夜にかけて個人授業の塾を自宅で開いています。


生徒は5年生が2人、6年生が3人の5人だけです。


ある日夕食の時に妻が

「K君が親にデジカメを買ってもらったのでモデルになって欲して言うの、どうしよう・・・」

と相談してきました。

【熟女体験談】主人の実家に帰った時に独身の義兄と飲むのが楽しくて、実家に伺うのが楽しみです

kage

2016/07/27 (Wed)

私は34歳の人妻です。

結婚して10年経ちました。


主人と子供が2人いて都心のマンションで暮らしています。


主人の実家は千葉なので毎年、田植えの手伝いに行っています。


そして秋には美味しい新米を貰いに主人の実家に行くのです。


主人はアルコール類が全くダメですが私は大好きなので

実家でワイワイ騒ぎながら飲むのが楽しみにもなっています。


あまり飲みすぎないよう注意はしていますが

最後は主人のお兄さん(40歳独身)と結局トコトン飲んでしまっています。

【熟女体験談】酔った人妻をホテルにお持ち帰り、思い切り中出しさせてもらった

kage

2016/07/27 (Wed)

先週末に職場の忘年会があり、以前から目をつけていた人妻の事務員(37歳)をぐでんぐでんに酔わせてラブホに連れ込み合体に成功。


意識はそこそこあったものの足にきていて真っ直ぐ歩けなかったので、腰に手を回して抱きかかえながら、歩けるようになるまで「休むだけだから大丈夫。」などと騙し騙し強引にラブホへ。


「早く帰らないと旦那に叱られる…」とか、「子供が待ってるから…」とか言っていたが、部屋の入口でキスをしながら尻を撫でまわしていると、自分からチンチンに手をかざしてきて、擦りながら積極的に変貌した。


彼女が脱衣所に入ったので追いかけて一緒に入ると、時間がないから簡単にシャワー浴びさせてと言う。


服を脱ごうとする彼女を洗面台に押し付けてキスをし、スカートをまくってパンストの中に手を突っ込んで刺激すると、両手を洗面台について足をガニ股に開いた。


指を動かすとすでに割れ目全体がヌルヌルになっている。


膣の締まりで指が何度も押し出されてしまう。

彼女はガニ股に開いた膝をガクガクさせて仰け反る。


「フェラチオしてよ」とお願いすると、彼女はその場に両膝をついて、自分の顔の目の前でベルトを外してズボンを膝まで下げてチンチンを引きずり出した。


両手でシコシコしながら口の中に唾液を溜めている顔がもの凄くエロかった。

【熟女体験談】入院時の担当看護師は綺麗でエロい体つきのお姉さん

kage

2016/07/26 (Tue)

私は50才になる既婚者

相手は後から知ったのですが
近所に住む30位のミユキさんという人妻です。


今年の夏の事です。

私は物流関係の会社で人事課長をしてまして、取引先の現場へ行った際、先方のフォーク作業員のミスによる製品の落下事故に巻き込まれ、救急車で運ばれ入院する怪我を負いました

妻も大変心配し看病に連日来てくれましたが、出版社の仕事をしており、痛みも和らいだ五日目から出勤前とか短時間となりました。


私も寝たきりの生活に慣れると担当の看護師さんが綺麗でエロい体つきをしているのに気付いた。


セックスレスでオナ好きにはたまらない女性でした。


名札から名前を吉田ミユキとわかり検温などで来てくれるのを楽しみになりました。


入院当初は妻がしてくれた着替えやトイレの介助はミユキさんがしてくれるのです。


妻からミユキさんが偶然にも近所に住む奥さんだと聞かされ親近感をお互い持ち会話も日に日に増えました。

【熟女体験談】パイプカットをしたので安心して中出しSEXできるようになった

kage

2016/07/26 (Tue)

子供も二人生まれ、そろそろ打ち止めだ!


と考えているとき、
友人からパイプカットのことを聞いた


いろいろな避妊の方法はあるが、
ほぼ完全な方法は男性のパイプカット

安心して、いろいろな中出しセックスを堪能したい。

早速、本屋で関連の書籍を購入して研究した。


懇意にしている医師にも相談をすることにした。

彼は幾人かの医師仲間がパイプカットを終え、副作用など無く優雅にセックスを楽しんでいる、と話してくれた。


彼はその場で以前市立病院の同僚で泌尿器科・外科を開業している医師に電話で問い合わせてくれた。


すでに、後には引けない。

【熟女体験談】旅行先で自慢の妻の恥ずかしい姿を見られ興奮する夫

kage

2016/07/26 (Tue)

去年の暮に家族で旅行に出掛けた時の実話です。



12月26日から1月5日までの11日間という長い正月休みとなり、家族(私36歳、妻:綾32歳、息子:隼翔8歳)で某温泉旅館に泊まる事にしました。



その宿は温水プールも完備されており、子供達には人気の場所で、息子も楽しみにしていたんです。



昼過ぎには温泉宿に着き、部屋に案内されると"早く着替えてプール行こうよ"と急がされる様に妻と着替えを始めました。



久々に見る妻のビキニ姿は魅力的で、昼間っから股間去年の暮に家族で旅行に出掛けた時の実話です。


12月26日から1月5日までの11日間という長い正月休みとなり、家族(私36歳、妻:綾32歳、息子:隼翔8歳)で某温泉旅館に泊まる事にしました。


その宿は温水プールも完備されており、子供達には人気の場所で、息子も楽しみにしていたんです。


昼過ぎには温泉宿に着き、部屋に案内されると"早く着替えてプール行こうよ"と急がされる様に妻と着替えを始めました。


久々に見る妻のビキニ姿は魅力的で、昼間っから股間はムズムズしており、夜(夫婦の営み)が楽しみでした。

【熟女体験談】バイト先には熟女がいっぱい、熟女好きにはまさにパラダイス

kage

2016/07/25 (Mon)

根っからの熟女好きです。


十代から三十代や四十代の女性とセックスしてました。


そんな俺が今働いてるのは食品会社です。


現場には30~50代の女性が沢山居て、もうパラダイス。


仕事してる間は、白衣にマスクで顔全体がわからないですが、着衣から細身太めや巨乳貧乳位はわかりますから。


○○さんは巨乳だな?とか○○さんは細身だとか品定めしてます。


もう、6、7人の方とはベッドに入り体の関係になりましたし不定期に三人の方とはしています。


食品会社は女性が多くて離職率が非常に高い。


いがみ合い、グループをつくる。

【熟女体験談】大人しくて優しい妻が寝取られるイメージSEXで興奮する新婚カップル

kage

2016/07/25 (Mon)

私の妻・貴子は27歳、銀行に勤めています。


厳格な両親の躾の甲斐あって性格はいたって真面目で浮ついたところもなく、大人しそうな瞳が優しげな雰囲気を醸し出しています。


私にとっては少々自慢の愛妻で、友人や知人からお世辞を言われるのも心地よく感じています。


昨年結婚してもうすぐ一年ですから新婚ですが、学生時代からの交際なのであまり新婚らしい新鮮さはないのかもしれません。


その分、気心が知れていて気楽でいいのですが。


私は一つ上の28歳、ごく普通のサラリーマンです。


結婚して三ヶ月ほど経ったある朝、妻が今夜は同じ支店の同僚と飲みに行くと言うので・・・。


「じゃあオレも行っていい?」と冗談で聞いてみました。


妻はそういう公私混同に近いことが嫌いな性格でしたから、当然断られると思っていたのですが、案に相違して「うん、来れば?」と気軽な返事が返ってきました。