FC2ブログ
2016 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2016 06

【熟女体験談】アラフィフ熟女の、息子のようなお医者さんとの情事物語

kage

2016/05/28 (Sat)

私は、最近孫も出来た53歳のおばさんで、
病院の売店でパートをしている主婦です。


そんなに大きくもない病院の売店でしたので、
1人で切り盛りしていました。


あれは、3月14日のホワイトディの日です。


その日は雪が降っていました。


リハビリの横田先生が来ました。


「あの、これ!」

「なあに?」

「この前のバレンタインのお返し!」

「えっ!?」

【熟女体験談】亡き夫を愛する未亡人が、体の乾きを癒やすためにネットカフェでオナニーサポート

kage

2016/05/28 (Sat)

私はドスケベな淫乱な女なんです。


今までは人妻で夫との夫婦の営みに満足していたいんですが、
昨年、夫が心筋梗塞で倒れ、
そのまま亡くなり、未亡人になると、
欲求不満が募りさらに痴女になってしまいました。


夫が亡くなってなからは、幸いにも生命保険をかけていてくれたので、
かなりの大金が入り、一人息子も大学に入れることができ、
東京に行かせることができ、死んだ主人にすごく感謝していて、
私はいまのところ身内の会社の手伝いをしています。


だから生活に困ることはないのですが、
あっちの方がすごく困っているんです。


あっちというと、エッチです。

【熟女体験談】パチンコ店で出会った三十路の人妻に恋をした

kage

2016/05/28 (Sat)

俺は無職なんだが、
パチプロで生活し、生計を立てている。


負ける日もあるが、
月トータルで最低40~50万は稼いでいる。


いつも同じホールに通いホール側の癖を見抜きスロットを打っている。


常連客とも情報交換を行っている。


そんな中、1人の人妻と話すようになったのだ。


その人妻は33才で子供が3人いることも聞いていた。


背が高く、体系はやや肉付きがあり、
巨乳でお尻も大きめで俺のタイプであったので、密かに憧れていた。


そんな人妻晴美さんと距離が縮まったのは、
晴美さんが大負けしていて、
生活費まで使い込んで顔が青ざめていた時だった。