FC2ブログ
2015 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2016 01

【熟女体験談】自宅に帰ると妻が犯されていたんだが…

kage

2015/12/14 (Mon)

私の妻の裕子は、鶴田真由に似た、明るく聡明な女性であった。


○○大学で古文を研究し、その経験を生かすため
私立高校の国語教師という仕事に情熱を傾けていた。


結婚して2年、裕子が25歳になって間もないあの日まで、
私たちは人も羨む仲むつまじい夫婦として暮らしてきた。


あんな悪夢のような日の出来事さえなければ・・・。


あれは1年前の3月26日だった。


3日前に卒業式を終え、春休みで裕子が家にいるので、
私は取引先からそのまま直帰し、7時前に帰宅した。


買ったばかりのマンションのロビーで呼び鈴を押したが返事がない。

【熟女体験談】愛嬌があってエロいカラダ付きのおばさんコンパニオンが部屋で襲われていた

kage

2015/12/14 (Mon)

昨年の6月3~5日(月~水)で会社の研修(慰安)旅行がありました。


社長(68才)の意向で地方の温泉旅館に泊まり名所旧跡を巡るという若い者には退屈な旅行でした。


ところがその社長本人は急用とかで直前になって行けなくなってしまい、専務(社長の息子)が
「こんなことなら韓国かマカオにしとけば良かったのに!」
と初日からブツブツ・・・

専務は最初から韓国かマカオ、上海と言ってたようだったが、社長の鶴の一声で国内に決定したのだ。


そもそも専務は社員の前では偉そうに言ってるが社長の前では借りてきた猫みたいなものだ。


それはともかく初日、二日目と名所旧跡や偉人の記念館とかを巡ったのだが、興味の無い専務を筆頭に添乗員を急かせて旅館に急行。


初日の旅館では専務が酔ってコンパニオンや仲居さんにお触りしたり追いかけたりして、コンパニオンには早々に逃げられるし旅館からは注意されるわ、大変でした。


社長が居ないのを良いことに好き放題したのです。

【熟女体験談】結婚して2年…隣に越してきたのは黒人男性だった…

kage

2015/12/14 (Mon)

妻と結婚して、このマンションを購入したのは2年程前の事だ。


築15年のちょっと古びたマンションが激安で販売され、両親のバックアップもあり

即決しました。

結婚1年目の事です。

(いつかは一戸建てが目標です)


私31歳・妻29歳


そんな暮らしも1年を過ぎようとした、ある日の事、お隣さんが引っ越して来たんです。


近所には次々と新しいマンションが建ち、古びたこのマンションは空き家が目立ち、淋しく

思っている矢先の話で、”良い人だと良いねぇ”って妻と話していました。