FC2ブログ
2015 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2015 11

【熟女体験談】お隣の小学生のお子さんのアソコが大きすぎたので…特性のパンツを作ってあげました

kage

2015/10/08 (Thu)

お向かいさんに父子家庭で、息子と同級生のマー君が住んでます。

マー君のお母さんは若くして亡くなられ、健気にも

これまでがんばって父子で生活してきました。

息子の同級生女子を話しでは、マー君、少々いじめにあっているみたいです。


男子からいじめれれているかと思えば、女子からもたまにいじめれれている様なんです。


私は気になったので、マー君を訪ねてみました。


「マー君、元気ないね?どうしたのかな?相談にのるよ?」と問いかけてみた。


「皆が僕のことを変態ってからかうんだよ」と。

【熟女体験談】中学時代にお隣のおばさんを相手に・・・

kage

2015/10/08 (Thu)

中学2年の時、僕の母親が病気で入院していた為に隣のおばさん(45才位)が家の家事の手伝いに毎日来てくれていた。


僕が学校から帰宅するといつでも既におばさんが留守の家に上がりこんでいて決まって洗濯物をたたんでいる所だった。


(僕の生まれた田舎では、まぁこういうのは普通の光景です)

当時の僕は年頃というのもあって朝から晩までイヤラシイ妄想ばっかり浮かべてる様なエロガキだったので、、

家の中におばさんと僕の2人だけ、というその状況だけで滅茶苦茶興奮出来て、そしてそれを常に夜のオカズにしていた。


そんなある日、確かまだ夕方の4時位だったと思うけど、居間で仕事をしているおばさんに僕は、

「ちょっと学校で汗かいてきたんで風呂入ります…」

と言って風呂場へ行こうとした。

オナニーでもしてやろうと思っていた。

【熟女体験談】同居していた兄貴の嫁さんを助けてあげる代わりに…

kage

2015/10/08 (Thu)

兄貴の妻と一時期やってた。


兄貴は30越えてるのに、B系ファッションで仕事もせずに毎日

朝まで遊び歩いているような奴だった。

そんな兄貴がナンパして

一晩共に過ごしたミサキという女が、ある日突然家にやってきた。


兄貴はミサキとの間に子供ができたので責任とって結婚すると、

俺、母、父の前で宣言した。

一ヵ月後、ミサキさんは家に住み始めた。