FC2ブログ
2015 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2015 09

【熟女体験談】露出を目撃された高校生とエッチするようになった淫乱な主婦の話

kage

2015/08/21 (Fri)

31歳の専業主婦です。



私には変な癖があって、

一年前に結婚した後も自分の恥かしい姿を他人に晒す行為を

止めることができないでいました。



若い頃に年上の男性とお付き合いした時に教え込まれた

「露出」というスリル溢れる快感を忘れることができなかったのです。



私の身体を覗き見て興奮する男性の姿が、

私を大きな優越感に導いてくれるのです。



そして結婚後も一人で家にいる時に全裸になり、

窓のカーテンを開けたままでベッドの上でオナニーするのが

日課になっていました。


【熟女体験談】同僚の先輩人妻教師を出張の際に襲ってみた

kage

2015/08/21 (Fri)

僕の名前は菅原敬。

函館にある中学校の、理科の教師になって三年目。

まだまだ新米です。

昨年の夏、北海道の教育委員会主催のセミナーに理科主任の佐藤清美先生と出席することになりました。

佐藤先生は43歳、美人ではないけれど細身で明るい性格で生徒達にも同僚の教師達にも人気があります。

頭も良くて包容力があるというか、誰の意見でも真っ向から否定することはなく、理解しながら的確なアドバイスを下さる点は新米教師の私としても見習わなくてはいけない点だと思います。

それに学校ではいつも白衣を着ていますが佐藤先生が実はすばらしいプロポーションの持ち主であることは僕は知っていました。


セミナーは室蘭のセミナーハウスで三日間にわたって行われ、三日目の夕方にはいちおう閉幕したのですが、道内でも遠くから来ている人は、もう一泊泊まりその日の夜打ち上げパーティーをやることになりました。

一次会の後、他の先輩先生達は室蘭の町へと繰り出して行きましたが、僕と佐藤先生は彼女の部屋で飲み直すことにしたのです。

【熟女体験談】ご近所の奥さんの策略で息子の童貞を奪ってしまった話

kage

2015/08/21 (Fri)

隣に越されて来た、ご夫婦はそれまでアメリカで暮らしていたと言うことで、奥さんが息子に英語を教えて下さるというので、私もお言葉に甘えて、そうさせて頂きました。

初めは息子も喜んでいましたが、最近、行きたがらないのでおかしいなとは、思っていました。

奥さんにそれとなく聞くと、私の発音が聞き取れないみたいなのと言っていました。

私は、今のうちから、ちゃんとした英語に慣れておかないと、と言って息子を奥さんの元に通わせました。


そんなある日、お礼を言おうと息子が行った後に私も行ってみました。

玄関は鍵がかかっていて、インターホンを鳴らしても返事がありませんでした。

息子の為に、一所懸命教えてくれているんだと思い、庭の方へ回りました。


カーテンの隙間から覗くと、奥さんは、英語を教えるどころか、息子の顔を跨いで

アソコを舐めさせていました。

私はショックのあまり、その場にしゃがみ込んでしまいました。

息子が嫌がっていた理由がわかりました。