FC2ブログ
2015 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2015 09

【熟女体験談】キレイな人妻の同僚は魔性の女だった

kage

2015/08/07 (Fri)

俺26歳、相手33歳。同じ職場で働いてて相手は人妻なんだけどせいぜい28くらいにしかみえない。

ただ結婚してるし年いってるしとりたてて綺麗な方でもないのでひそかに気になってんの俺くらいだと思ってた。

俺が気になったのはとにかく腰回りがエロくて上半身細いのにやたら尻がでかい。後声がロリ声。結構無理矢理な理由つけて飲みにいくことになった。当然俺やる気。


カウンターで並んで飲んでたんだけどすぐに相手は酔っ払って顔真っ赤。そして目がうるんできていてめちゃくちゃエロい。

【熟女体験談】地元の祭りの最中に妻が犯される

kage

2015/08/07 (Fri)

地元でどんと祭が開かれた。
地元で、水回り工事の店を開く我が家は商工会に入っており
毎年恒例のどんと祭は、必ず出席しなければならなかった。
どんと祭は、商工会と青年会がメインで開催する1年の初めの行事であった。


我が家は、出店(でみせ)で焼き鳥を売る担当になっていた。
それと、今年は夫婦で裸祭りにも参加してくれと言われていたのだ。
祭りの終盤にお守りなどを焼いている周りを裸(男はまわしだけ、女はさらしを巻く)で
回りながら清め水で体を清めるんです。
1月となると気温も低く、参加者を募っても中々集まらない為、商工会と青年会で
毎年交代で参加していて、今年は私達に順番が回って来たんです。

嫌でしたが順番ですから仕方ありません。祭りは最後の裸祭りが最高潮に盛り上がる
大事なイベントでもありました。
多くの人が集まる所で、顔を売る事も商工会にとっては、宣伝にもなるんです。

【熟女体験談】停電の間に妻が隣人に犯された

kage

2015/08/07 (Fri)

我が家は、街からちょっと離れた所で、山間に出来た住宅地にあります。
週末の午後7時位に、仕事を終え自宅に向かっていると、いつもは家の明かりがいっぱい点いている筈なんですが、何処の家も暗く不気味な雰囲気を醸し出していました。
我が家も例外では無く、明かりは点いていません。

車を止め、玄関を開けようとしても鍵が掛っていました。
その時です。隣の家から妻が出て来たんです。
「貴方、お帰りなさい!」
「どうしたんだ?」
「停電なの!」

妻に呼ばれお隣さんへ向かうと、隣の武田さん夫婦と子供達(お互いの子供が同級生)それに妻がリビングでロウソクの明かりの中、時間を過ごして居た様だった。
話を聞けば、夕方4時位に近くの山が崩れ送電線が何本も切れたらしく、復旧には時間がかかると言うのだ。
しかも、我が家はオール電化で、停電では何も出来ない状態。そんな時、お隣さんが声を掛けてくれて一緒に夕食を済ませたと言う(お隣さんはガスも使っていて、食事の準備は出来るらしく、しかも小さいながらも発電機があるので、ちょっとした電源は確保出来ると言うのだ!)