FC2ブログ
2015 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2015 08

【熟女体験談】民宿で母が4人の男に犯されるのを見てしまった

kage

2015/07/21 (Tue)

私が中学一年の秋頃、某県の寂れた民宿に家族三人で泊まった時の事です。
その当時母は30代中盤、胸はFカップはあったでしょう。
その民宿は格安の割には露天風呂等もありましたが、5部屋ぐらいの小規模な民宿を50代くらいのおじさんが一人で切り盛りしていました。

私達が行った日は私達ともう一組の40前後の男性客だけが宿泊していました。
夕方4時過ぎに着いた時には、ちょうど夕日が紅葉を照らし奇麗でしたね。
私達は案内された二階の部屋に入り、民宿のおじさんの簡単な説明を聞くと、食事は食堂で皆と一緒、温泉は男女別だが、露天風呂は男女交替で、女性は19時〜22時迄、男性は22時〜0時迄、0時〜6時迄は混浴で6時以降は清掃作業に入るので使えず、布団等も申し訳ないが自分で敷いて欲しいとの事でした。

値段も安いしそれぐらいはしょうがないと父も母も納得していました。
父も母も気付いていませんでしたが、民宿のおじさんの視線が度々母の胸を凝視していたのが気になりましたが・・・
夕飯前に温泉に入ろうと三人で温泉に向かいました。
温泉は一階の奥にあり一旦ロビーを横切らなければならないのですが、ちょうどそこに今着いたばかりの三人組のお客さんが民宿のおじさんと会話してる最中でした。

【熟女体験談】デブ上司の綺麗な奥さんとセフレにぶちまけた

kage

2015/07/21 (Tue)

今年の夏の出来事。
会社の上司デブ課長36歳の奥さん裕子31歳との話です。
奥さんと課長は美女と野獣の言葉がぴったりといった感じで、奥さんは米倉○子似ですごく綺麗でスタイルも抜群。
一方課長はデブの多汗症。誰が見ても何でこんな綺麗な奥さんにこの旦那と思う夫婦。

会社の飲み会にて泥酔になった課長を送ることになった。普段から酒に弱い課長を何度か送ったこともあり奥さんとの面識はあった。家に到着しインターホンを鳴らすと奥さんが出迎えてくれた。
泥酔状態の課長を抱えているのを見て、
奥さん…「山口くんいつもごめんね」
俺…「とんでもないです。いつも以上に飲んだみたいで。寝室まで運びましょうか?」
奥さん…「お願いできる」奥さんに課長の荷物を渡し課長をおぶって2階の寝室まで運び1階へ降りると

奥さん…「山口くんって力あるんやね」
俺…「あっ。はい。学生時代部活してたのと、今もジム通ってますので」
奥さん…「山口くん、お茶でも飲む?」
俺…「はい。いただきます。」

テーブルに座りお茶を飲みながら奥さんと他愛もない話をした。
すると、

【熟女体験談】社長との不倫浮気体験

kage

2015/07/21 (Tue)

私は39歳、兼業主婦をしています。
私は、先日、初めて夫以外の男性とSEXをしてしまいました。そのときの様子をここに書いてみたくなりました。

先日のデートで私は今も酔ったような気分でいます。いつもの自分とは違った感覚…何もかも上の空のような状態、気持ちがフワフワしていて落ち着かない。
寝てもさめても、あの時の記憶しかありません。当日私は社長に呼び出された場所へ行きました。
ホテルのロビーで待ち合わせをしていました。約束の時間より早く到着した私でしたが、その時に携帯が鳴って電話に出てみると社長からでした。
「ホテルに着いたら、○○号室にいるので、そのまま上にあがってきて」とのことでした。
何となく…出かける前から予感はしていたものの、でも、やはり気は落ち着かず、ドキドキしっぱなしでした…これからの自分のことを考えると…不安…。

部屋のドアの前のドアに立ち、チャイムを鳴らしました。部屋の中から歩く音が聞こえ、近づいてくるというのがわかりました。
ドアのロックが外される音、それだけでドキッとしました。社長が顔を出し私の顔を見るなり「大丈夫?」と聞いてきました。
「はい。何とか大丈夫です…」と答えると、肩をつかまれそのまま部屋のなかに導かれました。
「今日の仕事の話だが…」と話し出す社長の言葉が、私にはなかなか耳に入ってきません…私はかなり緊張をしていたと思います。