FC2ブログ
2015 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2015 08

【熟女体験談】人妻の妖しい魅力にはまった

kage

2015/07/11 (Sat)

まだ独身だった頃テレクラである人妻からのコールをキャッチしました。
31歳で結婚6年目と言うその奥さんはテレクラで実際に会った事はまだないとの事でした。
何とかアポに成功し、待ち合わせの場所に行くと薄いベージュのミニのワンピースを着た奥さんがいました。
軽く挨拶を交わし、山の中のバイパスをドライブしていました。
夫に不満はないけど、Sexがマンネリしてると言う話をしていました。
お互い打解けた頃、HOTELの看板が見えてきました。
「ちょっと休んでいきましょう」 私は車をHOTELの駐車場に入れました。
(はっ、、) と息を呑んで顔を赤くしていました。


部屋に入り、ビールを飲みながらアダルトビデオを見ていました。
ちょうどいい事にアダルトビデオのテーマは人妻の浮気に関する内容でした。

【熟女体験談】セックスレスの出来たての未亡人を誘惑

kage

2015/07/11 (Sat)

私の住むマンションで、葬式があった。すなわち、後家が一人、誕生したのだ。
後家は大谷美子(39歳)で、喪服が見るからに哀しげだった。
マンションの住人として葬式に参列した私は、しずしず歩む美子の後ろ姿に、女盛りの色気を感じた。
葬式が終わってからも、美子とはよく顔を合わすが、挨拶を丁寧に返してよこす程度だった。
そうなると、なおさら、美子とのSEXを思い描いて、私はオナニーに耽った。
美子の新聞受けに、こっそりと、エロ雑誌を放り込み、逃げ帰った。
子供じみた真似だが、きっと効果はあると信じていた。
翌朝、マンションの会談で美子と会った。
「おはようございます」と頭を下げた美子は、私の顔を見てから、チラとこちらのズボンの膨らみに目をやったような気がする。
あのエロ雑誌を読んでいると、私は直観した。
旦那は亡くなるまで六ヶ月ほど入院していたそうだから、美子は少なくともその期間ぐらいは、SEXから遠ざかっているにちがいない。


私は誘い方によっては、彼女が応じてくれると確信していた。問題はその誘い方だが、カラオケ好きの奥さんという噂を聞いたことがある。
そこで、マンションの廊下で出会うと、私は、
「奥さん、たまにはカラオケ、ご一緒できませんか?」と誘ってみた。

【熟女体験談】セックスレスで淋しくなったので出会い系サイトに登録してみました

kage

2015/07/11 (Sat)

結婚して6年経つ主婦です。
子供が出来てから主人とセックスの回数が減り
ここ1年まったくセックスをしておらず、完全にセックスレスになりってしまいました。
淋しくなった私は、勇気を出して出会い系サイトに登録してみました。
その時に出会った男の子との体験談です

私が出会い系サイトにプロフィールを載せるとすぐにものすごい反応がありました。

いろいろ迷ったのですがメールの内容が誠実そうだったので、
5才年下でしたが25才のサラリーマンをしている方と会うことにしました。

主人には久々に昔の友達と会うということにして子供は実家に預けました。