FC2ブログ
2015 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2015 08

【熟女体験談】W不倫の思い出

kage

2015/07/07 (Tue)

都子は大学の講師の奥さんの40才、私(鉄夫)は45才のダブル不倫である。この不倫の思い出を書いてみたいと思います。

二人を乗せた車が、公園についた。少し酔った都子は少し休みたいと鉄夫にささやいた。周りにはアベックの車が数台あった。

鉄夫は「背中をさすってあげる」と言いさすり始めた。鉄夫の手が腰まで行くと都子は「イヤー」と言って、もだえ始めた。
鉄夫は背中越しに都子に「何がイヤなの」とささやきながら首筋に指を這わしていった。さらに、腰からお尻に指を這わしていきながら、首筋に唇を押し付け熱い息を吹きかけた.都子は「もうやめてください」と言って、鉄夫の手を遮った。

【熟女体験談】不倫相手の奥さまは44歳 その2

kage

2015/07/07 (Tue)

誰か起きてきたらどうなるのでしょうか?
彼女は何回かの快感でオルガスムスを迎えて、
全身を痙攣させてついに白目を剥いていました。
感極まった奥さまの悩ましい声に、
僕も思わずに膣の奥深くに精液を放出するのでした。
身体を弓なりに反らして、
ぐいぐいと波打って絶頂の痙攣と、
断末魔のごとき叫びを上げていました。
膣内の収斂と締めつけで最高潮となり、
まるで粗相をしたように愛液の洪水で、
お互いの股の間がびしょびしょでした。

【熟女体験談】不倫相手の奥さまは44歳 その1

kage

2015/07/07 (Tue)

僕は45歳、不倫相手の奥さまは44歳、
友人の妻でもう3年目になります。
最初は友達の家に、
ゴルフをするために前日から泊まりがけで行ったのです。
前夜は4人でお酒が入り、
10時ころお風呂に入り、
気持ちよくなり上がってビールを一杯頂きました。
奥さまは美人妻で、胸のふくらみはDカップぐらいで、
Tシャツがモッコリと飛び出して膨らんでいました。
僕が最後のお風呂で、3人はは明日の朝が早いので
10時半ごろには就寝してしまいました。
2階建ての家で、客間は10畳ぐらいで
3人で休むように布団も敷いてありました。