FC2ブログ
2015 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2015 08

【熟女体験談】結婚式当日3次会前にエッチしてる友達の姉夫婦のハメ撮り動画を発見

kage

2015/07/28 (Tue)

ボクは今21歳で、ついこの間まで退屈な生活をしていた学生です。

先日中学時代からの友人(隆一)に頼まれて、隆一のお姉さん夫婦の引っ越しを手伝った。

去年の6月に結婚して関西の方に住んでいたのが、お兄さん(夫)が4月に東京転勤する事になったので、一足早くお姉さんだけこっちに来る事になったという事だった。

その日、6年ぶりに会った友人のお姉さんは凄く女っぽくなっていて、

「祐介クン」

と呼ばれる度にドキドキしてしまった。

28歳と言えばオバさんというイメージがあったけど、それはボクが世間知らずだったからかもしれない。

とにかく、中学生のボクらに麻雀を教えてくれた頃とは全然違っていて、セーターの胸の膨らみさえちゃんと見られなかった。

学内の女の子とは別人種に見えた。

それから1週間後、友人から

「引っ越しパーティするから」

【熟女体験談】ツアーでめぐり会った人妻とのエッチな体験談

kage

2015/07/28 (Tue)

今年、某観光会社主催の2泊3日トレッキングツアーに参加した。

総勢38人で男1人での参加は3人で、後は、ご夫婦或いはカップルの参加者と女性グループの参加者が数組の賑やかなツアーであった。

初日の旅程は起伏のある3時間のトレッキングコースで景観を楽しみつつ全員が余裕で宿泊地に着いた。

夕食の席ではスレンダーで魅力のある中年婦人と隣り合わせになったが、この女性、名をSさんと名乗り女性3人で参加した人でした。

バスもお隣に座り一日ずうっとご一緒でしたので自然なトークで、先年、妻を病で亡くしたこと、一人息子は仕事で海外に赴任中、自分は定年になり一人で気楽に海外旅行をしたり、こうして好きなトレッキングに参加したりと気隋に過ごしていることを聞かれるままに話した。

Sさんも子供が独立して旦那と二人の生活になったけど、夫は仕事が忙しく長期出張もあり夜はほとんど一人での食事が多く味気無い毎日だと微苦笑していた。

女友達と小旅行を重ねて居るけどトレッキングは初体験、心配なの「皆さんに迷惑を掛けたらどうしましょう」と呟いたので「私で宜しければ微力ですが杖の代わりにして下さい」と気障なようだが言ってみた。

「ほんと、嬉しいわ」そんな会話を交わした女性がSさんである。

二日目は朝、九時に宿を出発してバスで目的地に行き10時から5時間半の山岳高原トレッキングに踏み出した。

【熟女体験談】深夜の病院控室で人妻看護婦と…

kage

2015/07/27 (Mon)

1年前のことなんですが、父が末期癌で個室に入院中に、付き添いをしていた時のことです。
付き添いといっても、夜間父は睡眠薬で寝ているので、特になにもすることがなく、私も付き添い用ベットで寝てました。
看病で疲れているのに精神は昂ぶっているような状態で、うとうとしていたらギンギンに勃起していました。
その状態を、1時間ごとの巡回の看護婦さんにしっかりと見られてしまいました。
人の気配で気が付いて、薄目を開けて見ていたら、その看護婦さんがしばらく私のアレを見つめていて、硬さと大きさを手で確かめるように、軽く触れてきました。
チャンスと思って、思わず看護婦さんの手を握ってしまいました。
一瞬気まずい空気が流れて彼女が取り繕うように、
「起こしちゃった、ごめんね」

【熟女体験談】パートの人妻さん34歳との初エッチで中出し

kage

2015/07/27 (Mon)

8年前の出来事です、僕は22歳で社会人1年生の時に就職先で知り合ったパート社員の美人な人妻さん34歳に一目惚れしてしまいました。

その奥さんは優しい人で仕事を教えてくれたり色々お世話をしてくれたり悩み事を聞いてくれたりしました会社でも人気者の女性でした男性社員は皆が奥さんを狙っているような感じがします。

奥さんは気さくな感じで良いキャラです、会社の中で新人で一番若い僕と話している時は何時も自分の事を「オバチャンは…と言います」顔は黒木瞳に似ていますが身長は165cm有り巨乳でした少し豊満な感じですが決してデブではなく脚も長くて綺麗です。
体全体から色っぽいオーラを出していました。

入社して半年位経ちました、ある日奥さんが顔を腫らして暗い顔で職場に来ました。
僕が心配して「顔はれてるよ…何か有ったの?と話しかけると」
奥さんは「これは何でも無いの…オバチャン大丈夫だから...」と言いました。
僕は絶対家庭内で何か有ったと心配でした。
定時日だったので奥さんに「駅まで一緒に帰りましょう」
と声を掛けた所、奥さんが何か僕に言いたげだったので僕は奥さんを食事に誘いました。
居酒屋でお酒を飲みながら奥さんの不満や旦那の暴力やEDで最近SEXレスで旦那に対する奥さんの不満話を真剣に聞いてあげました。

話の始めの方は奥さんの顔ばかり見ていて気に成りませんでしたが話を聞いているうちに段々と僕の目線は奥さんの胸の膨らみや白い綺麗な脚ばかり見てしまっていました。

若い僕は溜まら無くなりお酒の力も手伝い…自分の今の気持を正直に奥さんに告白しました。

奥さんは少し困った様子で「嬉しいけど…オバチャン…人妻だからゴメンネ…」と言われ僕はショックだけど仕方ないかと思いましたが居酒屋を出た前の歩道の所で僕は溜まらず
「好きだ~」と言いながら奥さんを後ろから「ギュ~ッ」と抱きしめてしまいました。

我に返り「僕は何て事をしてしまったんだ今、断られたばかりなのにどうしよう?」
と心で叫びました、思わず体が勝手に動いてしまいました。

【熟女体験談】母子家庭の母親の下着が派手になった理由

kage

2015/07/27 (Mon)

俺が高校のときの話だ。高校当時俺の家庭は母ちゃんと俺の二人暮しだった。父は俺が小学校のとき

に交通事故で亡くなっていて、母ちゃんはそれから俺を女手ひとつで育ててくれた。そんなすごい母ちゃんを俺は小さいときから尊敬していて、今でも少しマザコンの気がある。

母ちゃんの名前は千晶で歳は現在43歳で、俺が高校の時は38だった。母ちゃんの身長は155ぐらいで少し小さいが胸がでかい。母の手伝いで俺が洗濯をしていたのだが、そのときに見た母のブラ

カップはFだった。太ってはいないので、ぴたっとしたTシャツを着るときとかには胸が強調されて俺

でもどきどきするぐらいだった。顔は客観的に見ても美人だと思う。酒井法子のような感じで雰囲気も似ていると思う。

【熟女体験談】52歳の私ですが娘の元カレにハマっています

kage

2015/07/26 (Sun)

私は52歳で息子一人と娘二人いますがそれぞれ結婚して別に住んでいます。主人は3年前にガンで亡くなっていますから正確には奥さんではなく未亡人になりますが

そんな私がこの年になってはじめてセックスの凄さを知りました。相手は今は結婚しています長女の元彼氏ですが、今では彼のセックスの奴隷です。

年前に長女が結婚したいと言って連れて来た相手、それが彼です。名前は圭輔さんと言って当時27歳だったので今は32、3歳の筈です。最初は結婚に賛成していたのですが彼の両親が気に入らなかったので無理矢理別れさせました。そして娘は去年の春違う男性と結婚し近所に住んでいます。

主人が亡くなったことや娘の結婚とかで彼の存在はすっかり忘れていました。

その日は買い物をしてその娘の家に寄るつもりで駅前のショッピングモールに車でいきました。駐車場で車から出ようとした時隣の車に入ろうとした圭輔さんに会ったのです。
彼が私に気付いていたようですが特に興味がないようでそのまま車に乗り込もうしたので、思わず「待ちなさいよ」と言ってました。「お久しぶりですね、大嘘つきさん」彼は無表情でそう言いました。「嘘なんか一切言ってない。そんなあんたの家族こそ大嘘つきのくせに」言い返してました。彼はまた無表情に「そうだったらいいけど、あなた達が俺を脅したり、周りに嘘ついたことちゃんと覚えているよ。」………そうなんです。娘と別れさせるため彼を主人と脅したりしました。彼の職場に嘘の噂を流したりしました。そしてそれが娘の旦那に一番知られたくないことでもあるのです。

「何でもするから黙っていて」とお願いしてました。けど彼は無表情のままで「何もあなたにしてもらいたいと思わない。最初から言うつもりないから。興味ないよ。心配なら自分で考えてすれば」と言った。

「私を自由にすることで満足できますか」と思わず言ってました

【熟女体験談】マッサージのテクニックで快感を覚え夫と激しく興奮

kage

2015/07/26 (Sun)

わたしは、お嫁に来る前からずっと教員を続けている33歳の兼業主婦です。夫の両親と同居をして

いますので、SEXにも気を使い時々エッチなホテルを利用することもありました。昨年の結婚記念

日に、夫と二人きりで過ごしたいと思い温泉旅行に行く事になり、その旅行先で体験させられた恥ず

かしい思い出をお話しさせて頂きます。そこは、とても小さな温泉町でした。


主人が受付を済ませ、部屋に案内されたわたし達はさっそくお風呂に行きました・・。

浴槽も大きく、露天風呂まであって、のんびり身も心も温まり、とても最高でリラックスできました。お部屋

に戻ると「なぁ・・マッサージがあるぞ、頼もうか?」そう言い出しました!。

いいわよ!・・してもらったら?とわたしが言うと「違うよ!・・お前もだよ!!」「下着を脱い

で、浴衣だけを着て、受ける本格的なプロのマッサージがあるんだって。ぜひ受けてみないか!」そうわたしに言ったのです。

【熟女体験談】仕事のためのセックスが巨根にべた惚れ

kage

2015/07/26 (Sun)

私はインテリアデザイン事務所を経営する33才の女です。

主にマンション等の内装のデザインを手がけています。
有名な建築家の方にご贔屓にして頂いているので、不景気でも何とか仕事がまわってくる状況です。


私自身、少しだけ有名と言うか、私としては不本意ですが、「美しすぎるインテリアデザイナー」なんて特集で建築雑誌に載ったこともあります。
本来は顔でなくてデザインで特集してほしいところではあります・・・

私は仕事が一番のタイプで、Webデザイナーの彼氏はいますが、まだまだ結婚するつもりはありません。
自慢ではないのですが、スタイルもいいので口説かれる事も多いですが、遊びより仕事を優先してしまうので、彼氏一筋って感じです。
と言うよりも、セックスに興味がありませんでした。

先日、スパーゼネコンと呼ばれる建設会社の部長さんと食事する機会がありました。
いつもお世話になっている建築家の方のご紹介でした。
なんでも、今建設予定が決まっている5棟の高層マンションの内装のデザイナーを決めかねているので、一度話がしたいと言われました。
そしてビジュアル的に宣伝効果がある私を推薦していただいたようです。

【熟女体験談】3家族で行った海水浴で妹が友達の旦那と…

kage

2015/07/25 (Sat)

この前の週末、私の家族と妹夫婦家族、妹の会社同僚家族の三家族で海辺のコテージに一泊二日のキャンプの行った。

妹の会社同僚がなかなか可愛くて年齢は妹と同じ32歳、私は行く前からワクワクしていた。夫婦三組、子供5人の総勢合わせて11人のコテージ泊まり。

みんなで海で遊んでいた。わたしは忘れ物を取りに一人コテージに戻った。

コテージに入り忘れ物を捜していると、ふと妹の同僚家族の持ち物が。私は人の物を開けて見るなんてと罪悪感を感じたが、ここに下着が入っていると会話で聞いていたのだ。

ドキドキしながらカバンを開ける。子供の下着などが入っていたが、あった!妹の同僚S香の下着が・・・・

黒とピンクのちょっといやらしくも可愛ブラジャー・・一緒に同じ柄のショーツも・・・

私はドキドキしながら周りを見わたし、それを手に取った。すごい・・S香のブラだ・・たまらん・・・ショーツのアソコにあたる部分を見る。ベロンベロンと舐めまわした。チンポがあっという間に大きくなる。それをしごく、舐めながらしごく。

ガチャガチャ、やばい!誰か来た!慌てて持っていた下着をバックに戻した。

【熟女体験談】Hにマンネリ同棲中の彼氏と電車でするセックスがやみつきに

kage

2015/07/25 (Sat)

私には2歳年下の彼がいて、同棲中です。
同棲を始めてから数カ月、いつもいつも体を求めてくる彼にちょっとうんざりしている自分がいました。
Hするのは嫌いじゃないし、彼のことも大好きだけど、「自分だけイったらオシマイ」みたいな彼の態度にちょっとした不満を抱いていました。

ようするにマンネリ気味になっていたのです。
でも、ある日を境にマンネリは解消されることになったのです。

ある日のこと、私はいつものようにバイトに出かけました。
出かける直前も私に体を求めてきた彼・・・。
年下はかわいいけど、何か猿みたいだな~なんて思いながら電車に乗り込みました。
結構車内は混んでいてたのですが、いきなり後ろからお尻を触られました。
痴漢かと思って振り向くと、そこには家にいるはずの彼がいたのです。