FC2ブログ
2015 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2015 07

【熟女体験談】高校時代の女教師と その1

kage

2015/06/30 (Tue)

高校時代の女教師と会いました。
高校時代に所属していた部活の試合を見に行ったら彼女も来ていました。
彼女は38才、国語の教師です。私自身直接彼女から教わったことはありませんが、
私の部活は全国的に有名な強豪校ですので、在校中はお互いに挨拶する程度は知っていました。

卒業から7~8年経っていましたので、生徒と教師という感じではなく先輩後輩のような感じで話が出来ました。
試合中はずっと彼女と話をしていました。うちのチームが点を取ると「イエ~イ!」とハイタッチをしたりしていい感じ。
結局試合は格下相手に逆転負けをしてしまい、OB達は「怒り心頭!」という状況になってしまったのです。
試合後、涙ぐむ選手に対してOB達は罵詈雑言を浴びせかけます。
「おまえ達は伝統ある我が校に泥を塗った!」みたいな感じで、、、
僕自身も全国制覇の一歩手前で(全国三位ですた)負けてしまった為、彼らの気持ちは痛いほどよく解ります。
監督から「OB全員に謝ってこい!」と言われたらしく100名近い選手&マネージャーは目を真っ赤にして僕と彼女の前に並びました。

【熟女体験談】床屋のおばさんで初体験 その3 完結

kage

2015/06/30 (Tue)

少し緊張気味に僕はソファに仰向けの姿勢で横になりました。
しかし、初めて見る生の女性の裸。豊満なおっぱいや、トロトロになっているおまんこを見て、僕のちんぽは最高潮に勃起し続けていました。
「ひでくんのおちんちん、ずっと大きくなったままなのね。」
おばさんは、柔らかい手で僕の勃起しているちんぽを上下にしごきだしました。
自分でオナニーする時とは全然違う、女の人の柔らかい感触に身を任せていると、どんどん快感が高まってきました。

「おばさん、、、あんまりすると出ちゃうから…。」僕の声を無視するかのように、おばさんはしごき続けています。
「ひでくん、気持ちいい?」
「うん…、すごく。。でも、あんまりされると出ちゃうし。。」
「さっき、おばさんのこと気持ち良くしてくれたから、今度はおばさんがしてあげる。」
そう言うと、おばさんは、僕の勃起したちんぽを、ゆっくりと口に含みました。
生暖かくて柔らかい、初めての感覚に腰のあたりがとろけるようでした。
ゆっくりと上下に頭を振りながら、おばさんは、僕のちんぽに舌を絡めてきます。

【熟女体験談】管理人さん

kage

2015/06/30 (Tue)

俺が大学生の頃、アパートの管理人さん兼大家さんと深い関係になった。
管理人さんは旦那さんが亡くなったとかで一人ですんでて、30代半ばすぎって言ってた。
でも、管理人さんは顔も結構若い感じで30前半くらいに見られてたと思う。
肉感的というか、フェロモンが出ているような体つきだった。

そのアパートは8部屋あったんだけど、1室は管理人さんの部屋。
残り7部屋は大学生で2階が女の子だけ4人、1階が男だけ3人と管理人さんの部屋だった。
アパートは旦那さんが残してくれたらしい。結構新しかった。管理人さんの部屋は入り口から一番近い所にある部屋で、俺の部屋はその隣だった。
俺は入居した次の日に管理人さんの部屋に呼び出されて「部屋の模様替えを手伝って?」って言われて部屋にお邪魔した。
部屋は女の人の部屋って感じで淡いピンク色のカーテンとかほんわかした感じだった。
管理人さんは凄いミニスカートで物を運ぶときとかにしゃがむとパンティーが丸見えになってた。
俺は童貞で経験なんてまるでナシだったから目が釘付けになった。

【熟女体験談】床屋のおばさんで初体験 その2

kage

2015/06/30 (Tue)

シャンプーを終え、椅子を後ろに倒し蒸しタオルを顔に当てられている時でした。
「ひでくん。さっきおばさんのおっぱい見てたでしょ?」
「あ、、はい。いや、ホントすいません!」
「あのね、こんなおばさんのおっぱいでも見たいの?」
突然そんなことを言われ、戸惑っていると、おばさんはさらに続けました。
「ひでくん、女の人のおっぱい見たことある?」

まだ童貞だった僕は正直に「いや、無いです。。。」と答えると、「
おばさんのおっぱい見たい?」と聞いてきました。
こんなチャンスは二度とないと思い「うん。見たい」と言うと、おばさんは、僕の顔にかかっていた蒸しタオルを取り、自分のTシャツをめくって僕の顔にかぶせました。
おなかの方から見上げる感じです。
「おばさんのおっぱい垂れてきてるけど、それでも見たい?」
「うん。見たい。絶対見たい!」僕は超興奮状態でした。