FC2ブログ
2015 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2015 07

【熟女体験談】床屋のおばさんで初体験 その1

kage

2015/06/29 (Mon)

小学1年から中学3年まで、髪を切るのは自宅近くの床屋と決まっていました。
その床屋には、オーナーの奥さんと、もう一人、おばさんの理容師さんがいて、僕は奥さんではない、もう一人のおばさんに髪を切ってもらっていました。
長く通っていましたから気心は知れており、髪をきってもらいながら、学校のことや好きなアイドルのことなど色々な話をしていましたが、そのおばさんを異性として見た事は一度もありませんでした。

その床屋には中学卒業の頃まで通っていましたが、高校に入学してからは、これまで通っていたその床屋が急にダサく感じるようになり、街中の美容室に通うようになっていました。
街中の美容室は若い女の美容師さんばかりでしたから、高校生の僕にとって、そっちの方が楽しかったというのも床屋に行かなくなった理由でした。
ところが、しばらくぶりに床屋に行かなければいけない事件が起こりました。
高校2年の夏休みにパーマをかけ髪を染めた僕は、始業式の日にそのままのヘアスタイルで登校してしまいました。
もちろん担任にバレて、すぐに職員室に呼ばれました。
「おい○○、明日までにその髪直さなかったら俺がバリカン入れるぞ!」男子校でしたので、先生は有言実行です。
さすがにまずいと思った僕はしぶしぶ直す事を約束して下校しました。
本当ならいつもの美容室に行きたかったのですが、店内改装のため休みになっており、仕方なく以前通っていた床屋に行く事にしました。

【熟女体験談】手コキ体験 その2

kage

2015/06/29 (Mon)

今日も行ってきた。本当にヒマな俺だ。
10時15分、某百貨店の婦人服売場フロア・男性トイレへ。
昨日よりの少し遅めの出勤だ。昨日も結局はこの時間だったからな。
入口に立てられた「清掃中」の札を目にする俺。この緊張感、表現する言葉が見当たらない。
中に入る。…居たっ!!八木アナウンサー、いつもの掃除のおばちゃんの格好だが、今日はちょっと化粧が濃くないかい?

さっそく勃起してきた俺のチンコ。童貞じゃないのに、なんてこった。

俺「あ、どうも。いいですか?」
八木「あ、ええ(クスッ)。毎日なんですね。もうたまっちゃんたんですか?」
俺「ええ、まあ」
八木「出て行った方がいいですよね」
俺「い、いえ!仕事続けてください」

出て行かれたら意味ないじゃん。八木アナ、男の生理が分かっていないようだ。
小便器の前に立つ俺。ポジションは、小便器よりも2歩後ろ。
見せつけるには絶好の位置。チンポを出す。今日はスムーズにほじくり出せた。

【熟女体験談】手コキ体験 その1

kage

2015/06/29 (Mon)

とある百貨店のトイレで、掃除のおばちゃんと遭遇した。
おばちゃんといっても、結構若くて美人。一生懸命、仕事をしているようだ。
ションべんしながら勃起してきた。おばちゃんは男子トイレから出て行く気配はない。
他に客はいない。思わず、しこり始めた。

おばちゃんは後ろを向いていたが、至近距離だ。
たぶん、しこってる俺のことは気付いていただろう。
しょんべんにしては、時間が長すぎるから。何分が経過しただろうか。
「女が後ろにいる」そのシチュエーションに俺は頂点を迎え、便器に白い液を飛ばした。
いつもより余計目にチンポを上下させ、ズボンにしまいこんだ。
無言で手を洗う俺。おばちゃんも無言だ。
やがておばちゃんは、俺が白い液を出した便器に近づき、飛び散った精子を拭き始めた。
その横顔は、ちょっと歳のとった八木アナウンサーという風貌だった。
今出したばかりなのに、また勃起し始めた下半身を抑えるように、俺はトイレを後にした。

そして今日も開店直後、例のトイレに突撃した。