FC2ブログ
2015 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2015 07

【熟女体験談】掃除のおばさんと

kage

2015/06/27 (Sat)

俺の会社があるビルのトイレを掃除に来るおばさんはすごくおっぱいもお尻も大きい。
いつも決まった時間に掃除をしていることが判り、俺は其の時間にトイレにいくことが楽しみになってしまった。
多分40歳から45歳くらいだと思う。
前屈みになって鏡を拭いているとき等なんの警戒心もなく尻を突き出している時などパンティーラインがくっきりと浮いて見える。
毎朝挨拶をするようになってから急速に色々な話すようになった。

ある日いつものように前かがみになって掃除をしていたので後ろからお尻をなでたら、流石にびっくりして、「あっ・・こんなおばさんのお尻をさわっても仕方ないでしょう?若い彼女を触ったら・・」と云われてしまった。
怒られなかったのに気を良くして便器の前に立ってファスナーを下ろし、小便を我慢していたのでいつも以上に俺の息子は大きくなっていた。
手を添えることなく腰を前に出して出したら上を向いているので「おばさん、見てよ。こんなに元気に上を向いているよ。」

【熟女体験談】豊満ボディのおばちゃんに奪われた童貞

kage

2015/06/27 (Sat)

十数年前の夏…アルバイトで鉄工所で働いてた。
そこの社長婦人に童貞を奪われました。
年齢は40代豊満な身体をしたバリバリの関西のおばちゃんです。
仕事が終って最後にロッカーで汗を拭いていると…おばちゃんがコーラを飲み、とロッカー室に入ってきました。
僕は着替え中だったので上半身は裸でした…

「おばちゃんが背中拭いたるわ~」と強引にタオルをとられ背中を拭き始めました…
おばちゃんの身体が僕にわざと触れるように…上
半身を背中から胸、両腕まで丁寧に拭いてくれました。

その後、僕のパンツの上からオチンチンを触って…
「なぁ、ここのカス取ってるの?」僕が「エェ…」と返事に躊躇していると…

【熟女体験談】熟女ナンパ

kage

2015/06/27 (Sat)

午後の昼下がりのデパートは豊満熟女の宝庫。
ぶらぶらと暇そうにしている超タイプの40代豊満熟女を発見。
そっと後をつけて、はち切れるばかりの豊満な尻を舐める様に眺める。
歩く度に揺れ動く尻肉を見ているとどうにも我慢ができなくなってきた。
思いきって声をかけてみることにする。さすがに勇気がいる。
心臓はバクバクだ。

「すみません、近藤さんではないですか?」
「いいえ、違いますよ」
「そうですか、とても似ていたものですから、すみません人違いでした。ところで、今日も暑いですね」
と会話を進めたら、その熟女、以外にも人なつこくて、その場で話が弾んでしまいました。