FC2ブログ
2015 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2015 07

【熟女体験談】保険レディと強引に

kage

2015/06/26 (Fri)

就職してもう1年近くなります。
会社の同僚以外知り合いもなく仕事が終われば誰もいない我が部屋に帰るだけの毎日でした。
ところがどこで僕の情報を手に入れたのか、某生命保険の勧誘おばさんが尋ねてくるようになってからは会社の終わる時間が待ちどうしくなりました。
それは去年の秋のことでした。いつものように部屋に帰って夕食の用意をしているとチャイムが鳴り、ドアをあけるとそこには50代?の派手なスーツをきた色っぽいおばさんが立っていました。

生命保険の勧誘でやって来たとのことでした。僕は汚い部屋などかまわず入ってもらいました。
一時間ほどおばさんは立て板に水のごとく保険の必要性などを喋り捲りました。
(僕の記憶に残っているのはおばさんの年齢が59歳ということとだんなと離婚して寂しく暮らしているということだけです)
また訪ねてくると言いその日は帰りましたが、その夜はおばさんのむっちりした体を思い出しながらオナニーをしてしまいました。

二日後また訪ねてきました。
『いつ来てもいるから助かるわ・・』ズカズカと入ってきました。
今日は一緒に飲みたいからお酒を買ってきたわ。保険の話は無しで・・・・

【熟女体験談】子持ちの48歳バツ一女と3発も…

kage

2015/06/26 (Fri)

出会い系で知り合った仙台に住んでるっていう子持ちの48歳バツいち女。
初めてのデートっていうんで、やたら盛り上がってるんで、ちょっと頭冷やしてやろうかと思って
「子供も一緒に連れて来たら?」って言ったら、
「いいの」
「構わないよ(バカ、止めたって早く言えよ)」
「嬉しい」
ってことになって、結局、子連れデートするはめになった。

その日、東京駅まで二人を迎えに行った。
女は前にもらった写真の通りの感じで、小づくりで、歳より5つくらいは若く見えた。
胸はそれなりにあって、そのくせ中年太りのところはなかったが、洋服とか化粧とかには余りお金は掛けていない感じだった。
子供は中3の女の子。
地方都市に住んでるわりには今時の中学生らしくなく垢抜けていない。
中学生日記かなにかに出て来そうなオカッパのポチャッとした子で、母親と話す時もボソボソ、俺から話し掛けてやっと口を利くという感じで、てこずる気がした。
昼間はお台場で遊んで、夜は東京湾クルーズ、それなりにオノボリサンしてから、新宿のシティーホテルへチェックイン。

【熟女体験談】ぎっくり腰になったおかげでおばさんとハメることになった

kage

2015/06/26 (Fri)

私は40歳、妻子のいるごく普通のサラリーマンだ。
仕事の疲れが溜まっていたのか、仕事場でぎっくり腰になってしまった。
初めての経験だが、痛みで立ち上がることさえできなくなった。
会社で少し横になったが、寝返りをしようとするだけで激痛が走った。

上司の計らいで、同僚に支えられながら整形外科に連れていってもらった。
新しいきれいな病院だった。医師の診断は「ぎっくり腰」。「ヘルニア」にはなっていないらしい。
診察を終え、別室のリハビリ室まで車椅子を看護婦に押してもらって入った。
牽引用のベッド、電気治療のベッドなどがたくさん並び、年配の患者が治療を受けている。
5、6人ピンクの制服を着た女の人達が患者の足をストレッチさせたりしていた。
彼女達は医学療養師というらしい。二〇代の人一人を除けば、あとは四~五〇代のおばさんばかりだ。

看護婦に引き継がれて、五〇代半ば位のおばさんが私を電気治療用のベッドまで連れて行ってくれた。
車椅子に乗ったまま、トレーナーの背中をめくられ、吸盤のようなものを4つ付けられた。
おばさんが電圧を上げると、ジンジン痺れてくるが、痛めた腰には丁度よい。
「痛くなったら言ってね」適当なところにメモリを合わせて、忙しそうにおばさんは他の患者のところに行った。