FC2ブログ
2015 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2015 07

【熟女体験談】襲われかけて危なかった母

kage

2015/06/12 (Fri)

これは僕が今でもトラウマとして覚えている話です。僕がちょうど小学3年生の頃になります。当時職人だった父は転職して、ある町工場に勤めるようになりました。

その工場の社長というのがよく各従業員の家族を自分の家に招待し、食事会のようなものを開いていました。父、母そして僕の3人家族も例外ではなく、大体週一ぐらいでその社長宅に招かれ、社長の家族と一緒に食事をしていました。

しかし当時の僕はその食事会が大嫌いでした。なぜなら嫌な奴がいたからです。そいつは、僕よりも1年上、当時小学4年生の社長の息子でした。名前を仮名で”タケシ”とします。

食事会の時、僕とタケシは年が近いこともあり、僕はタケシの”遊び相手”をさせられていました。タケシは親の前でこそ良い子ぶっていますが、いざ自分の部屋で僕と2人きりになると、「オレの父ちゃんは社長だぞ!!!いわばお前はオレの召使ということだ。へへへ。だからお前はオレの言うことを何でも聞くんだ!!」と偉そうに言い、僕を蹴ったり、ほっぺたをつねったりして。僕が「やめてよ~!!!」と嫌がるのを楽しんでいるようでした。まあタケシはいわゆるガキ大将的な奴で、当時僕はそいつにいじめられていました。

ここまでなら、まあ子供のころ気弱だった性格のある者ならよくある話でしょう。しかし、何よりも僕がタケシのことを嫌いだったのが、僕の母に対して子供とは思えないような邪な気持ちを持っていることでした。

【熟女体験談】息子の友達くんに夜這いされてそのまま生挿入

kage

2015/06/12 (Fri)

旦那単身赴任中のおばちゃんですが……。息子とその友達と飲みしてそのまま雑魚寝になったときに、友達くんにされたイタズラが忘れられません。

もともとお酒は強くて、寝付きが悪い方だから、必死に寝ようと目を瞑っていたんです。横向きで寝てたんだけど、気が付くと隣に寝ていた友達くんの吐息がめっちゃ近くなってきて、ヤバいと思いつつなんとなく、寝たふりしてました。

そしたら、パジャマの前ボタン全部外されて、胸の前で重ねてた両腕の間に下から頭をスポッといれてきた。私が相手の頭を抱っこしてる状態で、友達くん、おっぱいに顔押し付けて左右に動かしたり乳首を吸いまくったり好き放題。乳首が凄く感じる方だから、息が荒くなっちゃって少し声が漏れたりしてた。私が声を出すと、乳首を口に含んだままジッとしてて……。久しぶりだったから、濡れぬれになちゃうし……。

かなりねちっこく責められた後、やっと解放されたので寝返りを打って仰向けになった。前がはだけてたお陰でおっぱい丸出し状態。しまったと思ったら、友達くんが覆いかぶさってきた。

おっぱい揉んだり乳首舐めたり好き放題してて、私も興奮で身をよじったりしてた。そのうち、友達くんは、トランクスを脱いだみたいで、私の太ももに押し付けてくるようになった。先っぽがヌルヌルで、相手の興奮も伝わってきた。同じ部屋に旦那息子がいるし、ヤバいと思ってうつ伏せになったら、寝返りを打つ瞬間にぱパジャマごとパンツを膝まで降ろされた。お尻の間にめり込ませるみたいにスマタしてきた。

どうしようどうしようと焦ってるうちに、ピストンしながら入り口を探してるみたいに上にむかって腰を動かしてくる。すでにスマタのせいで内股全部グッショリだったので、何回かそうしてるうちにニュルッ……と。生だしヤバいけどメチャクチャ気持ちいいし、なんだかわけわからなくなって、されるがままに、友達くんは凄くゆっくりピストンしてて、奥まで突くとそこでグーっと押し付けたまま止まってた。うつ伏せで寝てる私の耳元くらいに友達の顔があって、凄い息が荒かったのがまた興奮。

イキそうになったのか一度抜いて私から降りたので、ちょっと安心して仰向けに、正直イキたかったから、正常位で入れてほしくての仰向けだった。

【熟女体験談】同級生の母親と一度だけ

kage

2015/06/12 (Fri)

結婚した女性に魅力を感じることは度々ありますが、初めて結婚している女性に魅力を感じたのは20歳の時。同じ大学のサークルの唯の母親。唯は友達と付き合っていて、実家住まいだったから、サークル仲間とたまにお邪魔して夕飯をご馳走になったりしていました。

唯の母親の奈津子さんを一目見た時に、なんというか女の色気を感じました。セミロングで小柄で、唯よりも白い肌。一緒に居た友達も「色白で綺麗だな」と言うくらい。「43歳のおばさんが若づくりしてるだけだよ」なんて娘は言いますが、首筋や手の素肌の白さは素晴らしいし、笑顔がまた良かった。

月一回か二回は行ってましたが、奈津子さんを見るのが目的になっていた。旦那さんは、数年は海外に居るらしく滅多に帰ってこなかったので、実質二人暮しでした。

屈むとたまに胸の谷間が見え隠れし、豊満そうな胸。「綺麗ですね?」とか話しても「雅直君みたいな若いこに言われると嬉しいわありがとう」とは言われますが、あんまり響いて無い感じでした。