FC2ブログ
2015 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2015 07

【熟女体験談】母との秘密

kage

2015/06/02 (Tue)

母を襲ったとか、誘惑されたとかそういうことはなかった。偶然だったんだと思う。俺の人に言えないもうひとつの趣味はパンティでオナニーすることだった。最初は小学生のときに隣に住む幼馴染のパンティの盗んで扱いたのがきっかけだった。リボンのついたコットンのパンティのまだ剥けていないペニスに押し当てて、いつかその幼馴染とセックスすることを夢見ていた。

その幼馴染の母はうちの母より少し若くて、かなり美人だったが女手ひとつでふたりの子を育てていることもあって、男らしく建設現場で働いているような気風のいい人だった。だから、初めておばさんの下着をみたときに、普段とのギャップに衝撃だった。おばさんの部屋はその男らしい性格とは反対でおちついた女性らしい感じでまとまっており、タンスの中の下着はフリルの可愛いものからエロチックな透けたパンティまで、整頓されていた。

それからというもの、俺は幼馴染の家に遊びにいっては、幼馴染のパンティと共におばさんのパンティも拝借するようになった。洗濯カゴから拝借し、おばさんとのセックスを妄想して使い終わったら手洗いしてこっそり戻しておくということを繰り返していた。

高2のときに幼馴染とキスを済ませてその後、彼女もペッティングを受け入れてくれるようになった。もう、そのときにはどのタイミングでセックスするかで、その計画で頭がいっぱいだった。しかし、その夢も叶うことがなく、幼馴染はある日俺に手紙だけを残して引っ越してしまった。おばさんが再婚して、街を離れる。付き合う前から決まっていたことだけど、言えなかったと後悔の文章が並んでいた。突然のことだったので、俺は拝借した幼馴染とおばさん下着を返せぬまま何枚も持っていた。時々、ふたりのことを思い出しながら引っ張り出してきてそれでオナニーをする寂しい日々だった。

そんな中、俺は古本屋の店員のおばちゃんと初体験してしまった。近親相姦ものの熟女エロ本を買い漁る俺は、おばちゃんに目をつけられた。

【熟女体験談】気づいていた義理の母

kage

2015/06/02 (Tue)

私の嫁の母(56)は細身で見た目より若く見える。結婚したてのころは何も感じなかったが、最近すごく気になってる。

先日の話だが嫁の実家に帰ったとき、暑くてシャワーを借りた。着衣室の洗濯機をチラっと見ると脱いだ義母の下着が見えた。私はそれを手に取ると、あそこはすでにフル勃起状態。臭いをかいて、勃起したあそこに下着をくるんでオナって、最後はそのまま下着に射精した。

それから数日してまた実家に帰ったとき、兄弟連中でイオンに行く話になっていたが、私はまた下着オナニーしようと思いそのまま家で留守番すると申し出た。すると義母も残ることになった。

みんなが出て行ったあと義母に家事の手伝いを頼まれ、それが終わると、「シャワーあびてきな」と言われたのでオナるチャンスと思いシャワーに行った。洗濯機を見ると、前に見た下着より派手な下着が入っていた。オナろうとすると、足音が近づいてきたのでとっさに浴室に入ってシャワーを浴びた。

すると義母が入ってきて、
「手伝ってくれたから背中流してあげる」
と言ってきたので、とまどったがお願いした。

【熟女体験談】エロい身体つきの母ちゃんと

kage

2015/06/02 (Tue)

母ちゃんの身体はエロい。背は155センチしかないけどバストは88センチでヒップは90センチ。ウエストは本人も気にしてるけれど、66センチのわりにはくびれててかっこいい。セックスするようになって3ヶ月目にメジャーでお互いの身体を測りっこしたんだから間違いない。

俺のチンポもついでに測られて長さが17センチあった。親父のよりは大きいらしい。

そんな母ちゃんの身体の中に最初のその晩は3回も中出しした。1回目は無理やり2回目は母ちゃんもあきらめたみたい。2回目からは俺の部屋に母ちゃんを抱いていってセックスした。もう母ちゃんは俺のするまんま抵抗無しで喘ぎまくりよがりまくってた。3回目は母ちゃんの後ろから尻を抱えて貫いて攻め立て同時にクリトリスを弄りまくって何回もイかせた。

最後のほうは母ちゃんもベッドの上に突っ伏してピクピク尻を震わせて
「もうダメ、○ちゃん、おかあさん、もう、」
チンポがずるって抜けた。俺のチンポはいきりたって母ちゃんの愛液と自分の精液で濡れてテラテラに光っててもう発射寸前で興奮してたので母ちゃんの尻を持ち上げると身体の下に枕を押し込んでもう1回挿入しなおしてピストン運動。

俺がチンポを出し入れするたんびにびちゅ、ぶじゅ、びちゅってイヤラシイ音が俺と母ちゃんの繋がってるとこから発生してますます興奮。