FC2ブログ
2015 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2015 06

【熟女体験談】下品なオバちゃんの極上フェラテク

kage

2015/05/31 (Sun)

俺は外回りの仕事をしている37歳の会社員です。先日の話を聞いてください。その日、千葉の田舎町に仕事で行った俺は、用を足したくなり畑に囲まれた野球場などがある大きな運動公園に立ち寄った。平日の昼もあってか、駐車場には車が数台しか止まってなく、そのほとんどの車は仕事をサボって昼寝をしている営業車だった。

俺は車を止め、トイレに向かうと最悪な事に清掃中の立て看板が!中を覗くと、清掃員の格好をしたオバちゃんが1人でモップがけをしている。しかし、我慢出来なかった俺は、オバちゃんに小便をさせてもらえるよう頼んでみた。すると、オバちゃんは全然大丈夫だよ。と笑顔でOKしてくれた。

そこで俺はトイレに入り溜まっていた小便を勢いよくぶっぱなすと、横でモップがけをしていたオバちゃんが「ずいぶん我慢してたんだね!」とワザワザ俺の放尿をのぞき込んで笑っていました。

俺は恥ずかしさもあって黙っていると、オバちゃんがまたのぞき込み「それだけ大きいモノだと、やっぱり沢山出るんだね!」と更に大笑いました。下品なオバちゃんだな~なんて俺は思いながら小便をしていました。

【熟女体験談】義母の「オンナ」がうずいた夜

kage

2015/05/31 (Sun)

30歳既婚の会社員です。妻は26歳、1歳になる息子がいます。お話しする内容は1年半ほど前の息子が産まれる3日前のことです。妻の出産予定日が近づき、義母が我が家に泊まりに来てくれました。義母は48歳(当時)で若いころは某歌劇団に属していたということで、お世辞抜きにして綺麗で若々しく、30代は言い過ぎにしても40歳そこそこに見られます。芸能人で言えば由美かおるをイメージしてもらえれば解りやすいと思います。

義母が来てくれた翌日、妻の陣痛が始まり車で病院に連れて行きました。しかし、初産ということもあり、なかなか出産の兆候が見えてきませんでした。先生からも「まだしばらく出てこないでしょうからいったん戻られてもいいと思いますよ」とのお話を頂きました。でも妻は「お腹の中で暴れているからいつどうなるか怖い」と言ってそのまま入院させてもらうことにしたのです。

着替えなどの準備をするために家に残ってくれた義母にその旨連絡しました。さすがに義母は落ち着いていて「やっぱりそうでしょ。私もあのこを産んだときそうだったのよ」と電話口で笑いながら言ったものです。そして「あと1日2日は出ないからあなたは戻っていらっしゃいな。明日になったら私が行くから」と冷静に指示を出してくれました。私も仕事の関係で翌日は休めない状況だったので、妻に話して帰宅しました。

帰ると義母は晩酌の用意をしてくれていました。
「お義母さん、すいません」
「うちの主人もそうだったけど、何していいのかわからないでしょ(笑)」
「こういうときは男っていうのは戦力外もいいとこですね(苦笑)」
「まぁここまで来たら後は出てくるのを待つだけだからね。出たくなったら勝手に出てくるよ。もしその時が会社にいる時間帯だったら連絡してあげるから出来るだけ早く行ってあげてね」

しばらくそんな会話をして、気がつくと時間は午前1時をまわっていました。そろそろ休みましょうということになって義母が「先にお風呂入りなさいな。布団は敷いといてあげるから」と言うので「じゃあ先に入らせてもらいます」と言って風呂に入りました。

タオルに石鹸をつけて洗っているところに義母がドアの外から声をかけてきました。
「タクさん、飲んだ後なんだから温めのお湯じゃないとダメだよ」
「大丈夫ですよ。元々熱いのは苦手だから・・・」
「背中流してあげようか?」
「いやそこまでは結構・・・」

最後の「ですよ」を言う前に義母は入ってきてしまいました。バスタオルを巻いただけの格好で・・・。

【熟女体験談】2歳下のご主人と車の中で…

kage

2015/05/31 (Sun)

こんにちは。48歳の主婦です。主人、息子2人の4人家族です。主人とは学生時代にアルバイトしていたファミリーレストランで知合い、出来ちゃった婚でした。そのため、男性経験は主人だけでした。次男が誕生して、近所の育児サークルに入り、その中で何人かと知合いになり、家族ぐるみのお付き合いをしてきました。かれこれ、10年以上になります。

その中で、ある知人のご主人(2歳下)と関係を持ってしまったのです。そのご主人とは、育児サークルからのときから、顔見知りであり、よく子供も遊ばせてくれていました。その時は、そのご主人とそんな関係になるなって、お互いに思ってもいませんでした。

次男が2歳になるかならないときに、お互いに引っ越したので、近所ではなくなりましたが、月2-3回のペースでお互いの家へ遊びに行ったり、バーベーキューをなどをして、お付き合いがつづいていました。子供が大きくなるにつれ、その回数も減りましたが、家族ぐるみのお付き合いはつづいていました。

そんなある日、去年の夏です。私が次男を連れて、その知人宅まで遊びに行きました。いつもは車でいくのですが、故障修理中のため、電車で知人宅の最寄り駅までいき、ご主人に車で迎えに来てもらいました。その後主人とも顔を合わすのは、半年ぶりでしたが、違和感なく、いつものように会話をしました。知人宅で過ごしたあと、帰る時間になった時、次男が泊まっていくって言ったのです。息子と押し問答をした結果、泊まっていくことになり、私は、ご主人に送って貰う事になったのです。ご主人は、私の自宅近くに行く用事があるので、家まで送ってくれることになったのです。

ご主人の運転する車の助手席に乗り、ニコニコしながら手を振る息子を見送られながら、出発しました。ご主人とはごく普通の会話をしていました。