FC2ブログ
2015 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2015 06

【熟女体験談】○学3年の夏、友達のお母さんと

kage

2015/05/01 (Fri)

もう6年も前の中3の夏、近所に住む40歳くらいの友達のお母さんとの事です。
結構細身できれいな顔立ちのお母さんでした。
友達が夏の受験合宿に行ってて不在の日でした。
僕は休み前に彼に貸してた参考書のことを思いだし彼の家に行きました。

お母さんが薄いブルーのノースリブのワンピースで出てきました。
意外と胸おっきいななんて思いながら彼の机にあった参考書を取って帰ろうとしたときでした。

「恭介君お昼一緒に食べていかない?」
お母さんに言われ家に帰っても誰もいないので言葉に甘えて
お昼をいっしょに食べることにしました。
そうめんを頂き、学校のことや友達の事なんか話してました。

時折前かがみになるときにワンピースのえりから胸がちらちら見えてしまいます。
そして自分の下半身が突然勃起してしまったのです。
うすい綿パンだったのでお母さんにわかってしまいました。

「恭介君どうしたの」
「・・・」

【熟女体験談】彼女と彼女のお母さん、1日で2人とセックス

kage

2015/05/01 (Fri)

小学校5年生のときの話です。
当時隣に住んでいた由貴子は母子家庭のためか、
転校してきて以来ずっといじめられていました。
僕はそんな由貴子がかわいそうで、帰宅したあとはいつもふたりこっそりと
彼女のうちで漫画を読んだりゲームしたりしてました。

ある日いつもは夕方に帰ってくる彼女の母親が帰りが遅くなるという電話があったので、
一度帰宅したあとにこっそりの彼女のうちへ行きパジャマでテレビをみてました.

彼女のパジャマは薄手のブルーのワンピースでいつものようにいたずらで
スカートをまくるといつも必ずはいているスパッツはなく、小さなパンティが見えました。

急に互いに恥ずかしくなってきたのに、どんどん興奮してゆっくりと唇を重ねました。
同時に僕の手はユキコの胸、そして下腹部へ伸びていきました。
「触ってもいい?」と聞くと、「パンツだけだよ。」というので、
ずっとアソコを撫でていたのですが、
我慢できなくなり股の部分から指滑らせるとうっすらとした毛の感触と同時に
パンティがじっとりと湿っていることに気づきました。

【熟女体験談】彼女に内緒で続いている彼女の母親とのエッチ体験談

kage

2015/05/01 (Fri)

昨年夏の話です。私は23歳になったばかりの男性です。
実は、元彼女の母親との体験談です。

この母親は48歳で恵子さんと言います。
旦那との間に、元彼女とその妹と子供を2人産んでいます。
顔の方は、多少ですけど松坂慶子に似ています。

ボッチャリで胸が大きくて下腹が二段腹(服の上からもハッキリ見える)でセミロングです。
初めて会った時から、この元彼女の母親とは変態的なSEXをしてみたい!
という願望があり、家にお邪魔しては母親と話したりで次第に仲良くなっていきました。
そして、やっとの思いでXデーが来ました。

とある場所で母親と待合せをして私の車に乗せました。
話をしながら母親チェック!
白のブラウスに水色のスカートそして透けて見えるブラジャーと大きい胸、
白っぽいファンデーションに赤い口紅がたまらない。
私は、凄く興奮して勃起していた。

ホテルに入り、部屋のソファーに2人で座った。