FC2ブログ
2015 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2015 05

【熟女体験談】小太り巨乳の人事課長の身体をついに堪能した

kage

2015/04/21 (Tue)

ついに念願が叶い、一昨日友子さんの身体を隅々まで堪能しました
友子49歳人事課長(バツイチ現在独身)
小太り150cm巨乳(エキゾチックな顔で性格はキツイです)

僕が本社に5年前異動になり最初に叱られたのが課長からでした、僕がわるいんです。
そのとき一目惚れをして・・・
何かにこじ付け課長に近づく事を考えるように
やっと2年前から時々誘って飲みに行くようになりました
男嫌いの課長と飲んでも下ネタ厳禁なのでいつも仕事絡みの会話でした。


一昨日は総務部だけ休日出勤をしまして退社時に僕だけ
課長に誘われ渋谷で夕食をご馳走になりました
お酒のペースが速く何かいつもと違うな・・・と感じました

お店を出て2人で歩いていると
酔っても理性を崩さない課長から意外な言葉が出てビックリしました

【熟女体験談】元カノのお母さんのアナル開発をするようになった経緯

kage

2015/04/21 (Tue)

高卒後に二年間就職浪人をし、やっとこの春から地元のスーパーに就職が決まりました。
慣れない青果部に配属されて研修では早朝の市場へ出掛けることもありました。

やっと慣れて来た先月、何か視線を感じて見ると
四十代と思われる奥さんが僕を見てニッコリしてるんです。
えっ誰?よく見ると元彼女のお母さんだったんです。

「お久しぶり。高校生の時以来よね」

「そっそうですね」

と曖昧な返事をしてしまいました。
付き合ってる時に何度か家にお邪魔したんですが、
一年もしないうちにフラれてしまったんです。
今では懐かしい思い出です。
お母さんの話によると、彼女は東京の専門学校へ行ったそうです。

「もう二十歳よね、彼女出来た?」

「いいえ、まだそんな余裕ないです、やっとここに就職出来たばかりで」

「そう、君ならその内出来るわよ。あの時より男らしくなってるよ」

と言ってくれたんです。

それからは頻繁にお母さんが店に来るようになったんです。

【熟女体験談】母子家庭の家でいろいろお世話になっている話

kage

2015/04/21 (Tue)

年末に知り合い、家に入り浸っている。

「変態セックスしようぜ!」
断る事無く、受け入れ。
お互いキレイにパイパンにし、要望通りセーラー服を着せてやった。
30過ぎのセーラー服はキツいが(笑)
俺は黒のTバックのビキニパンツを履き、興奮状態の女を満足させた。

前置きが長くなったが、パートに出掛けている隙に娘(賞④)に手を出した。
不登校になって半年、イジメにあっている様だが、
話しを聞くと娘の知ったか振りとかが原因らしい。
ちょっと変わった子で情緒不安定なところがある。

家で漫画を読んでいる娘に話し掛け、話題は身体の事や性の事。
案の定、知ったか振りをするが勿論把握している訳も無く、
だんだん答えに困っていき、遂には半ペソ状態になってしまった。
慰めながら、そして褒めながら話しを卑猥な話題に持っていき、性教育と称し娘を下着姿にした。
薄いブルーのパンツに下着代わりに着ていた白いキャミ。胸の膨らみは、ほんの少々。