FC2ブログ
2015 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2015 05

【熟女体験談】まさかの自分の息子を誘惑して近親相姦するママが淫乱すぎる

kage

2015/04/10 (Fri)

父は、10時頃家を出ていきました。
出ていくとき父は、
『きちんと戸締まりして寝ろよ!!』
と母に言うと、
「強盗入ってきても、タケシがいるから安心よ!!」と笑いながら母が答えました。
『そうだな!!タケシ、母さんと一緒に寝て良いから、頼んどくぞ!!』
と言葉を残し出ていきました。

「タケシもビール飲む?」
『えっ?僕・・・』
「良いのよ今日はわ!!」
冷蔵庫からビールを持ってきました。
「少しアルコール入る方が、緊張しなくなるでしょ?」

『なるほど。』

【熟女体験談】田舎で暮らしていると叔母から「熟女に興味あるとか?」訪ねられ・・・

kage

2015/04/10 (Fri)

父の会社が大学に入った1年の秋口に倒産してしまい自宅を手放す羽目になってしまった。
父と母は、そろそろ親父も歳だからと出身地の田舎へ引き上げて行った。
2浪して入った大学を諦め掛けた時、父の弟だった叔父が「昔、兄貴には随分、世話になったから良かったら1部屋空いてるから家に来ないか?」と援助をしてくれ何とか3年前に卒業したんです。

不景気で就職先がなく叔父が経営する書店を手伝う事になった。
パートが一人辞めて叔母の美智子さんと女性のパートが2人いますがパートさんは午前と午後の交代で品出しなど色々、忙しいみたいです。叔父から「俺も色々、忙しいから店、手伝ってくれないか?それなりの給料は出すから。」と言う事だった。叔父の経営する書店は小中高の教科書など色々、一般雑誌を扱っている。叔父は52才叔母の美智子さんは42才でパートさんが45才と38才です。
僕は27才です。

【熟女体験談】40歳の美熟女がクッソ淫乱だったので迷わず中出ししてやった

kage

2015/04/10 (Fri)

初めて投稿します。
彼女の名前は麻子(仮名)46歳でここで知り合った。
何度か普通にメールをしていくうちに割りとご近所であることがわかり、一緒に食事でもって事になり、ドライブがてら郊外のお店で一緒に食事して初めて手をつないで歩きました。

そろそろ帰ろうかと帰路につきましたが、どうしても麻子の事がほしくなり、近くの港の埠頭に車を止めたわいも無い話をしている時にふと
「麻子さんみたいな彼女いたらいいのにな~」と言ってみた。
すると「あたしひとしさんの彼女だよ」と嬉しい言葉。
私は心のブレーキが効かなくなり麻子の肩を抱き寄せ唇を重ねた。
麻子は抵抗もなくとっても柔らかな香りがした。
服の上から大きめの乳房を掌で優しく撫でると瞳に涙を浮かべ
「そんな事したらあたしも欲しくなっちゃう」と言い向こうから私の胸に甘えてきたので、