FC2ブログ
2015 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2015 05

【熟女体験談】オバサンだと思ったら以外に良くて思わず中出ししちゃった時の話

kage

2015/04/08 (Wed)

私は小学校6年のとき同居していた親戚のオバサン(といっても30台半ばくらいかな?)からエッチを教えられていました。そのオバサンとの体験ですが、私の両親が出かけてオバサンと私だけになったある日曜日の昼頃のこと、オバサンの変な声がしたのでオバサンの部屋に行きました。少し開いた襖の向こうでオバサンは仰向けになって寝転んでいるようでした。しかし、何か様子がおかしいのは小学生の私にも分かりました。オバサンは仰向けになって左手で自分の右側の胸を揉んでいました。そして右手はスカートの中に入れて何かゴソゴソと動かしていたのです。オバサンは目を瞑ったまま気持ちよさそうに「ウウ~ンンッ」と搾り出すように呻いていました。私はしばらく呆然として襖の隙間からオバサンの様子を見ていました。オバサンはだんだんと足を大きく広げて腰を動かし始めました。スカートは太股の付け根辺りまでまくれ上がり、ベージュ色のパンティーが丸見えになりました。オバサンは股の部分に二本の指を当てて何度も何度も上下させていました。やがて「アァ~ンン」と声を長く引っ張って体をのけぞらせるとそのまま静かになりました。「ハァ、ハァ」オバサンの荒い息遣いだけが聞こえてきます。私は金縛りにあったようにオバサンを見ていました。何か見てはいけないものを見たような気がして、何とかしてそこから立ち去ろうと思ったのですが、体が動きませんでした。そのうちオバサンがうっすらと目を開けたとき、しっかりと目が合ってしまいました。オバサンは起き上がるといきなり襖を開けて私の腕を掴み
「見てたの?」
と言いました。私はうなずくのが精一杯で声が出ませんでした。

「ちょっとこっちへ来て」
そう言うとオバサンは私の手を掴んで部屋に連れ込みました。オバサンは私を自分の横に足を投げ出す格好で座らせました。
「何を見てたの?オバサンが何をしてたかわかった?」

【熟女体験談】職場の熟女社長を抱いた

kage

2015/04/08 (Wed)

私、40歳。相手は取引先の女社長の加奈子(54歳)、一見そんな年には見えません。
私もまさか、この年になって年上の女性とHをするとは思いませんでした。
しかし、普段仕事をしている様子とベットでは本当に別人でそんな様子を思い浮かべてはまた股間を大きくしています。

先日、昼間の仕事を抜け出し午後2時、明るいうちからホテルにチェックインして加奈子の事を待ちました。
20分ほどしてちょっとした食べ物とビールを持って部屋に来ました。
昼間からビールとは思いましたが、やはり少しお酒が入ったほうが盛り上がると思い、2人でちょっとした酒盛り。
程よく酔い始めたころ、だんだんお互いの体に触り始めました。
加奈子はいつのまにか私に持たれかかり、股間をなでながらいつものようにキスを求めてきました。
なぜか私の股間は加奈子に触られるととたんに大きくなってしまいます。
加奈子の指はアナルからあそこの先までを、出てしまうかと思うくらい巧みに触ってきます。
私は我慢できず、脱がそうとすると「2人でシャワー浴びましょう」といって、早速じらされてしまいました。

【熟女体験談】仕事の出来る男に寝取られてイカされまくった人妻が不倫SEXに励む

kage

2015/04/08 (Wed)

皆さんはどう思われますか?
私は関西在住の主婦44歳、娘2人、主人との4人暮し、
彼は49歳既婚で地方都市で会社を経営しています。

私と彼との出会いからお話したいと思います。
私は、少し特殊技能がありその技能を生かして呼ばれたときだけ
仕事をしています。
今回、ある地方都市に呼ばれ、そのとき彼と知り合いました。
彼は、49歳には見えない若々しい感じの方で、私はとっても
好印象で仕事をご一緒させていただきました。
仕事は奥さんやスタッフの方も一緒で楽しく仕事をさせていただき
打ち上げにもとっても美味しいお店に連れてっていただきました。
本当に良くしていただいて社長さんご夫婦に感謝して帰路につきました。
それから1ヶ月くらいした今月頭に、その社長さんからメールを
いただき出張で大阪へ行くのでいっしょに食事しないか?との
お誘いを受けました。